人生にゲームをプラスするメディア

年末年始にレトロゲームを―米国任天堂のクラブニンテンドーリワードに『バルーンファイト』や『マリオピクロス』が登場

任天堂 Wii U

公式サイトショット
  • 公式サイトショット
2013年最後から2014年最初にかけての米国任天堂のクラブニンテンドーリワードに、『バルーンファイト』など4作品が登場しました。

期間は1月12日までで、3DSのVCタイトルでは、「ピクロス」シリーズの第一弾タイトルでパズルゲームの『マリオピクロス』が100コイン、バルーンをつけたキャラクターを操作するアクションゲーム『バルーンファイト』が200コインで入手可能。

Wii UのVCタイトルは、オリジナル版『スーパーマリオブラザーズ2(海外では『Super Mario Bros.: The Lost Levels』)』と、この中では最も最近のタイトルでDSiWareのタワーディフェンスゲーム『スターシップディフェンダー』がそれぞれ150コインとなっています。

今回のラインナップは、ゲームボーイやファミコンタイトルがメインのレトロゲーム特集となった模様。海外サイト「Nintendo Life」の読者投票では『Super Mario Bros.: The Lost Levels』がダントツの一番人気となっているようで、2位に『マリオピクロス』、3位に『バルーンファイト』と続いています。家族が集まる年末年始シーズンを、懐かしの1作で過ごしてみるのも面白いかもしれませんね。
《Ami》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

    「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  3. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

    出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  4. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  5. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 『ポケモン サン・ムーン』8月1日22時ごろに新情報が公開

  8. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  9. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

  10. 『ポケモンGO』日本でもついに配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top