人生にゲームをプラスするメディア

『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』公式サイトに新情報 ― 開発は『神撃のバハムート』のCygames

モバイル・スマートフォン iPhone

公式サイトにバトルやゲーム内容などの新情報を掲載
  • 公式サイトにバトルやゲーム内容などの新情報を掲載
スクウェア・エニックスは、iOS/Android向けアプリ『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』の公式サイトを公開しました。

『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』は、『ドラゴンクエストモンスターズ』シリーズの楽しさはそのままに、スマートフォンなどで手軽に冒険を体験できる「スーパーライトRPG」です。開発は『神撃のバハムート』などで知られるCygamesが担当しています。

本作の公式サイトが公開され、ゲーム画面やゲームの内容などが明らかになっています。

本作の操作は、『ドラゴンクエストモンスターズ』らしさを残しつつも、スマートフォンやタブレット型端末に最適化。敵モンスターへの攻撃はタッチ、マップの移動はフリックといった具体に、タッチやフリック操作を使うことで遊びやすくなっています。もちろん、『ドラクエ』ならではのAIによるオートバトルも搭載しているので、操作体系とあわせて非常に手軽に遊べるようになっていることが特徴です。

ダンジョンやフィールドではさまざまなモンスターが出現。倒したモンスターは起き上がって仲間になることがあり、モンスターを集めて、自分だけのパーティを作っていきましょう。また、クエストをクリアすることで仲間がレベルアップしていきます。

仲間が増えることで、別のモンスターに転生させることが可能になるようです。更に、転生を繰り返すことで、より強力なモンスターに転生することもあるようですが、詳細な方法などは明かされていません。プレイヤーならではの最強のパーティを作って、冒険しましょう。「まほうの地図」を手に入れてることで、冒険中にレアなモンスターに出会うこともあるようです。

スクウェア・エニックスと、モバイル向けアプリに定評のあるCygamesの強力タッグで贈られる本作。スマホなどで手軽に遊べる『ドラゴンクエストモンスターズ』はどのようなものになるのでしょうか。続報にご期待ください。

『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』は、配信日・価格ともに未定です。

(C)2013 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
Developed by Cygames, Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

    錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  2. シャープのスマホがなぜか『ポケモンGO』非対応に…現在は一部を除き対応

    シャープのスマホがなぜか『ポケモンGO』非対応に…現在は一部を除き対応

  3. 【レポート】『ポケモンGO』西新宿でピカチュウやレアコイルをゲット!雨の中、公園には早くもトレーナーの姿が

    【レポート】『ポケモンGO』西新宿でピカチュウやレアコイルをゲット!雨の中、公園には早くもトレーナーの姿が

  4. 『ポケモンGO』ユーザー過多でサーバーダウンか…ログインできず(復旧)

  5. 任天堂、ポケモン、グーグルが『イングレス』や『Pokemon Go』を開発する米ナイアンティックに約36億円を出資

  6. 『ポケモンGO』開発者からのメッセージとともにゲーム情報が続々公開

  7. あの「パワプロ」がサッカーゲームに!『実況パワフルサッカー』配信決定、「サクセス」も搭載

  8. 【レポート】『ぷよぷよ!!クエスト』リアルタイム対戦は相殺と大逆転で最後の一瞬まで気が抜けない

  9. 【レポート】岩田聡と共に追いかけた『Pokemon Go』への想いを石原恒和や宮本茂が語る

  10. 『Fate/Grand Order』奈須きのこが第6章のシナリオを担当、過去最大規模のメインクエストに

アクセスランキングをもっと見る

page top