人生にゲームをプラスするメディア

PS Vita『ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント―』はマルチプレイに対応! ─ 最大4人でPT結成

ソニー PSV

マルチプレイ対応が明らかに
  • マルチプレイ対応が明らかに
  • パートナーと組めば、擬似8人PTも
バンダイナムコゲームスは、PS Vitaソフト『ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント―』がマルチプレイに対応していることを明かしました。

電撃文庫より刊行されている累計部数820万部の人気小説シリーズ「ソードアート・オンライン」を原作とし、最新携帯ハードであるPS Vitaをプラットフォームにて更なる冒険の幕開けを提供してくれるのが、『ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント―』です。

本作の発表に関しては既にお伝えした通りですが、このたび公式サイトが更新され、「ホロウ・エリア」を最大4人のマルチプレイで挑めることが判明しました。原作のように、仲間と共に強敵へ立ち向かい、「アインクラッド」の冒険を楽しみましょう。

しかも、プレイヤーとNPCのパートナーで1組となるため、4人プレイによる擬似的な8人キャラクターでのパーティプレイが可能となります。苛烈な戦いも、多くの友とそのパートナーと一緒に挑めば、どんな難敵であっても恐れることはありません。

またプレイヤーの分身となるのは、原作の主人公でもある「キリト」ですが、アバター化が可能となっているので、フェイスや髪型、ボイスに衣装、そして名前までも変更可能となります。自分の好みの姿で本作の冒険を満喫できる、この嬉しいシステムをぜひ堪能してください。ただし、物語はキリト視点で進みます。

操作キャラを自分好みに変更することで一体感が増しますが、没入度を更に高めてくれる「視点」に関しても、このたび新たな情報が公開となりました。通常ゲームプレイでは、キャラクターからやや引いた位置にカメラが置かれ、自分のキャラや周囲の状況が把握しやすい視点となっています。

ですが、もうひとつの視点となる「主観モード」の搭載が明らかとなりました。操作キャラクターの目を通したものがそのまま画面に映し出されるため、さながらその世界にいるような感覚を覚えさせてくれることでしょう。状況判断しやすい通常視点で楽しむか、さもその世界にいるような視点を満喫するか、好きなスタイルで本作に臨んでください。

前作はPSPでのリリースでしたが、プラットフォームを最新携帯ハードにしたことで、更なる表現の自由や、遊び方の幅が広がった『ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント―』。まだ秘められた情報が多い本作ですが、今のうちに共にマルチプレイを楽しむ相手を探しておくのも一興かもしれませんね。

『ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント―』は、2014年発売予定。価格は未定です。

(C)川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project
(C)2013 NBGI
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『FGO』のマシュとVRで会える! PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表

    『FGO』のマシュとVRで会える! PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表

  2. 【PS Vita DL販売ランキング】『ニューダンガンロンパV3』首位、『東京新世録オペレーションアビス』2位ランクイン(1/20)

    【PS Vita DL販売ランキング】『ニューダンガンロンパV3』首位、『東京新世録オペレーションアビス』2位ランクイン(1/20)

  3. 『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

    『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

  4. PS4『仁王』最終体験版のプレイムービーが公開―ウィリアムが雑魚に苦戦…!?

  5. 『GOD WARS』PS4向けの新たな体験版を2月9日に配信! 独特な世界観を鮮やかに表現する最新映像もお披露目

  6. 『バイオハザード7』序盤ストーリーダイジェスト公開―無料DLC「Not A Hero」の情報も

  7. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  8. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

  9. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』最大16人のマルチプレイが可能!特典情報も公開

  10. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

アクセスランキングをもっと見る