人生にゲームをプラスするメディア

国内最大級のインディーゲームサミット「BitSummit MMXIV」が京都で来年3月7日から3日間にわたり開催決定

ゲームビジネス 開発

国内最大級のインディーゲームサミット「BitSummit MMXIV」が京都で来年3月7日から3日間にわたり開催決定
  • 国内最大級のインディーゲームサミット「BitSummit MMXIV」が京都で来年3月7日から3日間にわたり開催決定
イベント主催者であるミルキー・ジェームズ氏は、国内最大級のインディーゲームサミット「BitSummit MMXIV」を京都にて2014年3月7日から3月9日と3日間にわたり開催すると発表しました。

ミルキー・ジェームズ氏とはかつて1UPの編集長やGameSpotのプレビューライターを務め、Q EntertainmentやQ-Gamesなどでゲーム開発にも携わった人物。「BitSummit」は昨年3月にもその同氏が京都にて開催した日本では珍しいインディーゲームをテーマとしたゲームサミットで、今回はイベント名を「BitSummit MMXIV - Sound & Vision: Kyoto Indie Game Festival」と改め大きくパワーアップしています。

プレスリリースによれば昨年1日のみだったイベント日程は3日間へと拡大されており、3月7日(金曜日)はメディアオンリーデー、そして3月8日(土曜日)と3月9日(日曜日)は一般ユーザー向けにも開放予定。イベント会場は京都市内の「みやこめっせ」へと変更されており、その広さはメディアオンリーデーでは昨年比で4倍、一般公開デーでは8倍になると伝えられています。

イベント内容はインディーゲームデベロッパーによるゲーム出展や、ステージでのゲーム・ミュージックライブや基調講演に加え、業界関係者と一般来場者およびスタッフの当日投票で決定する「イベント大賞」も実施される予定で、以下のようなアワードが発表されています。

・BitSummit ビジュアル優秀賞 - ビジュアルデザイン部門
・BitSummit ゲームデザイン優秀賞 - ゲームデザイン部門
・BitSummit サウンドデザイン優秀賞 - サウンドデザイン部門
・BitSummit作家賞 - シナリオデザイン部門
・BitSummit イノベーションのためのメビウスの輪賞 - イノベーション部門
・BitSummit メディア ハイライト賞 - メディア投票
・BitSummit ビットキング人気投票賞 - 一般投票
・BitSummit特別功労賞 - 生涯業績
・BitSummit バーミリオン賞 - 審査員大賞

公式サイトでは3月の開催まで特別参加ゲストや昨年の「BitKing」に変わるマスコットキャラクターが発表されていく予定。国内のインディーシーンに興味を持つユーザーは継続してチェックしてみましょう。
《ishigen》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  5. VR体験施設「Project i Can」に“ガンダムVR”が登場!同時に10月10日での営業終了が発表

  6. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

  9. 【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

  10. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

アクセスランキングをもっと見る

page top