人生にゲームをプラスするメディア

【GDC Next 2013】グリーが語るスマホの「βテスト」・・・単なるバグ取りではない

ゲームビジネス その他

【GDC Next 2013】グリーが語るスマホの「βテスト」・・・単なるバグ取りではない
  • 【GDC Next 2013】グリーが語るスマホの「βテスト」・・・単なるバグ取りではない
  • 【GDC Next 2013】グリーが語るスマホの「βテスト」・・・単なるバグ取りではない
  • 【GDC Next 2013】グリーが語るスマホの「βテスト」・・・単なるバグ取りではない
  • 【GDC Next 2013】グリーが語るスマホの「βテスト」・・・単なるバグ取りではない
  • 【GDC Next 2013】グリーが語るスマホの「βテスト」・・・単なるバグ取りではない
  • 【GDC Next 2013】グリーが語るスマホの「βテスト」・・・単なるバグ取りではない
  • 【GDC Next 2013】グリーが語るスマホの「βテスト」・・・単なるバグ取りではない
  • 【GDC Next 2013】グリーが語るスマホの「βテスト」・・・単なるバグ取りではない
スマートフォンでは特定の国でβテストを先行的に実施し、データ収集や改善を行い、その結果を元にグローバルロンチを行うタイトルが増えています。GREE InternationalのJori Pearsall氏はバンクーバーのIUGO Mobile Entertainmentと共同開発したカジュアルRPG『Knights & Dragons』を題材にβテストの要点について語りました。

「βテストは単なるバグ取りではありません」Pearsall氏は話します。βテストとは言っても、1つの市場で、リアルなユーザーを対象とした実際のゲームサービスに近いものです。ゲームバランスは適切か、どのようなイベントが受け入れられるのか、どのように機能を投入していくのが良いのか、といった点をテストし、改善を行っていくのです。「ソーシャルゲームはリリース後の改善が命」と言われた事もありますが、市場が成熟した今、中途半端なゲームをリリースのは命取りです。βテストはその改善を、比較的重要でなく、かつターゲットとする市場に近い市場で行っていくというものです。

どの市場で行うかは、マーケットサイズがそう大きくなく(収益に対するインパクトが小さい)、ターゲット市場との親和性が高い市場が良いとPearsall氏は述べました。米国市場を最重要市場と位置づけるのであればカナダやオーストラリアが選択肢になるとのこと。Pearsall氏は「(βテストをさせることで)カナダ人を怒らせても気にすべきではない」とコメント。現地のユーザーにとってはいち早く新作が遊べる利点もあります。一方で、βテストといっても「そんなにステルスではなく、すぐに情報は世界中に広まってしまうので、それを考慮して展開しなくてはならない」とのこと。あの企業があの国で新作を出してる、という情報はよくニュースメディアでも見られるものです。

βテストを行うにあたっては数値で目標を定めるのが絶対的に必要です。究極的には「eCPI < LTV」(獲得コスト < ユーザーが生み出す生涯利益)という図式になるかです。そのためにはβテストといっても実際に近いマーケティング施策を打ち、どのくらいのコストでユーザーが獲得できるかを知る必要があります。広告の最適化、アプリアイコンの最適化といったことも行っていきます。「ブレイクイーブンにならないならゲームを殺すのをためらうべきではない」とPearsall氏は言い切りました。

数値は変化を追っていく必要があります。数字を追いながら必要な施策を決めていきます。初期の継続率が低いならチュートリアルの改善を行ったり、eCPIが高止まりするようなら友達招待など自然流入を上げる工夫を行います。この辺りは正式サービス時の手法と何ら変わるところがありません。

また、チート対策もβテストで実施しているとのこと。いたちごっこではありますが、どのようにして攻撃され、地下でどのような情報交換がされていくのかを知っておくのはプラスになるでしょう。

講演ではβテストとはいえかなり正式サービスに近い施策が打たれていることが紹介されました。βテストの実施は初期のコストを押し上げますが、それだけ1本1本のタイトルが重要で、失敗できない市場になっていることを示すものでしょう。その一方で、まだ後戻りできる状況でもあり、満足行く数値を出せないのであれば「お蔵入りにするのをためらってはいけない」とPearsall氏は何度も繰り返していました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

    【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

  2. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

    【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  3. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

    劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  4. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. 昇竜拳で車を労るリュウ!『ストリートファイター II』がトヨタの“C-HR”との特別ムービー公開

  8. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  9. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  10. ナチュラルモーション社の技術がゲームのアニメーション制作を変える

アクセスランキングをもっと見る