人生にゲームをプラスするメディア

『スカルガールズ』のAutumn Gamesが米国および欧州のパブリッシャーであるKONAMIとの関係を打ちきることに

ソニー PS3

『スカルガールズ』のAutumn Gamesが米国および欧州のパブリッシャーであるKONAMIとの関係を打ちきることに
  • 『スカルガールズ』のAutumn Gamesが米国および欧州のパブリッシャーであるKONAMIとの関係を打ちきることに
  • 『スカルガールズ』のAutumn Gamesが米国および欧州のパブリッシャーであるKONAMIとの関係を打ちきることに
  • 『スカルガールズ』のAutumn Gamesが米国および欧州のパブリッシャーであるKONAMIとの関係を打ちきることに
  • 『スカルガールズ』のAutumn Gamesが米国および欧州のパブリッシャーであるKONAMIとの関係を打ちきることに
家庭版用『スカルガールズ』は、米国と欧州ではKONAMIがパブリッシャーを務めていました。しかし、更新パッチやDLCをリリースする際の協力体制に問題があり、その関係を解消することとなったようです。

その事を伝える一端として、マイクロソフトのTRC検証にはKONAMIの協力が必要であるにもかかわらず、連絡したことに対する返事が一切来ない状態であることをデベロッパーのAutumn Gamesが以前「Indiegogo」のページで明かしていました。

そして今回掲載された最新の報告では、KONAMIが『スカルガールズ』と関わっている限り今後のパッチ更新などがを進めることができないと判明したとあり、今後PS3版はAutumn Gamesがパブリッシャーになることを発表。そしてXbox 360版では、マイクロソフトが「デジタルのみ」のパブリッシャーに対応しないため、マーベラスAQLと協力し、XBLAで差し替えの販売スロットを取ろうとしているということです。KONAMIとの関係を打ちきったことにより今後は不当な遅延を回避できるとAutumn Gamesは伝えており、また、Xbox 360版のパッチやDLCのリリースが極端に遅れるということもなくなるようです。

なお、KONAMIがパブリッシャーとして関わっていたのは米国と欧州のみで、日本ではCyberFrontがPS3版のパブリッシャーを務めています。そのため、日本でのパッチ更新の公開には影響が出ることはないと予測されています。

(TM) and (C) 2012, 2013 Autumn Games LLC. All Rights Reserved.
《菜種》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【レポート】オープンワールドに進化した『討鬼伝2』―“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

    【レポート】オープンワールドに進化した『討鬼伝2』―“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

  2. 「PS4システムソフトウェアベータテスト」参加者募集が国内向けに開始…新たな機能登場か

    「PS4システムソフトウェアベータテスト」参加者募集が国内向けに開始…新たな機能登場か

  3. 【レポート】『龍が如く6 命の詩。』新情報が続々と明らかに…桐生一馬の伝説は最終章へ

    【レポート】『龍が如く6 命の詩。』新情報が続々と明らかに…桐生一馬の伝説は最終章へ

  4. コナミとFCバルセロナがパートナー契約を締結、『ウイイレ2017』にホームスタジアムなど収録

  5. 『ベルセルク無双』発売延期、新たな発売予定日は10月27日

  6. 『龍が如く6』実機プレイ映像公開!過去作とは一線を画すほどシームレス

  7. PSVRの予約再開は「準備が整い次第」…公式サイトやメルマガで案内

  8. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  9. 『龍が如く6 命の詩。』発売日は2016年12月8日に!追加キャストには藤原竜也、小栗旬など起用

  10. 日本一ソフトウェア、サマーセール第1弾を開始…『ディスガイア』シリーズ3作を1,500円から提供

アクセスランキングをもっと見る

page top