最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
英国でニンテンドー2DSの売上が64%アップ ― 学生の休暇に合わせた値下げがブーストに

英国でニンテンドー2DSの売上が64%アップ ― 学生の休暇に合わせた値下げがブーストに

2013年11月6日(水) 20時00分
  • ニンテンドー2DSの画像
    ニンテンドー2DS
  • 英国でニンテンドー2DSの売上が64%アップ ― 学生の休暇に合わせた値下げがブーストにの画像
    英国でニンテンドー2DSの売上が64%アップ ― 学生の休暇に合わせた値下げがブーストに

英国でのニンテンドー2DSの売上が、先週は64%もアップしたと海外メディアが報じています。

海外メディア「MCV」は、AmazonやSainsbury、Tescoなどの英国の主要小売店が、学生の休暇にあたるハーフターム・ホリデイに合わせて値下げを行ったのが売上アップの要因だと伝えています。

ロンチ直後は110ポンド前後だった2DSですが、この値下げでは軒並み100ポンド以下に価格がダウン。Sainsburyの99.99ポンドにはじまり、TESCOダイレクトでは99ポンドで購入が可能です。その結果、2DSの売上にブーストがかかり64%もアップ。さらには3DSや3DS LLを抜いて、先週のコンソールにおける売上トップの座をも奪うこととなりました。また、任天堂自身もハーフターム・ホリデイに合わせて3DSおよび2DSのTVコマーシャルを増やしており、これが値下げとの相乗効果になったようです。

今後クリスマスセールなどを控えており、割安感のある2DSの売上はますます伸びていく可能性も。発表当時は批判的な意見も多くみられましたが、結果的にはまずまずの成功を納めたと言えるのかもしれません。

(C) Nintendo

(Article written by 菜種)

任天堂アクセスランキング