人生にゲームをプラスするメディア

謎の女性武将&アニメルートも明らかとなった『戦国BASARA4』最新情報発表会 ― 限定特典ほかさまざまなイベント情報も発表に

ソニー PS3

『戦国BASARA4』最新情報発表会
  • 『戦国BASARA4』最新情報発表会
  • 舞台キャスト陣も勢ぞろい
  • 『戦国BASARA4』最新情報発表会
  • 最新映像で明らかとなった謎の女性キャラクター
  • 敵武将ということ以外、すべてが謎に包まれている
  • 「戦国創世モード」に登場する「アニメルート」
  • 数量限定特典の衣装DLCを紹介
  • 「戦国BASARA4 百花繚乱魂手箱」もチェック
カプコンは東京ドームシティホールにおいて、舞台「戦国BASARA3 宴弐」‐凶王誕生×深淵の宴‐のゲネプロ(公開の通し稽古)と『戦国BASARA4』の最新情報発表会を行いました。

まずは『戦国BASARA』シリーズプロデューサー・小林裕幸氏が登場。『戦国BASARA4』の最新情報では、T.M.Revolutionによるゲームのオープニングテーマ「Count ZERO」に乗せたテレビCMが公開となり、11月7日より関東地方から順次放送となります。また、新映像には女神のように神秘的な雰囲気をまとった謎の女性が。敵武将であること以外は一切不明のため、今後の情報を待ちましょう。

さらに、一部の「戦国創世モード」に存在する「アニメルート」も明らかに。制作はテレビアニメを手がけたProduction I.Gが行っています。アニメーションが確認できたのは勝家・左近・孫市・鶴姫・直虎ですが、これ以外の武将も登場するのか楽しみですね。

数量限定特典となる衣装の紹介では、凛々しい袴姿の「伊達政宗“特別衣装 袴&木刀Ver.”」をはじめ、青いコートが特徴的な「石田三成“特別衣装 DMCバージルVer.”」、背中に大一大万大吉を背負った「島左近“特別衣装 双刀功夫Ver.”」、浅井長政のような「柴田勝家“特別衣装 絶対正義Ver.”」、伊達政宗をイメージさせる「真田幸村“特別衣装 蒼竜Ver.”」、学ランをまとった「徳川家康“特別衣装 学園バサラVer.”」、前髪をおろし女性らしさが強調された「井伊直虎“特別衣装 ウェディングVer.”」の動画を上映。長政の衣装を着た勝家が「お市を幸せにする」といったようなセリフを呟いたほか、直虎の紹介部分は結婚式でよく聞く定番のBGMに。ゲーム中にもこのような変化があるのか気になるところです。

早くもコミカライズの展開も明らかとなり、舞台キャストと声優陣による対談が楽しめる「戦国BASARAマガジン」最新刊の発売日も11月27日に決定。『戦国BASARA4』デザインの年賀状が送れる「Yahoo! JAPAN年賀状」とのコラボレーションも発表となり、販売開始は12月2日を予定しています。

11月9日より、全国5都市で店頭イベントもスタート。小林プロデューサーによるトークショウやサイン会をはじめ、各会場だけの新映像も用意しているとのこと。ゲームを体験会すると先着で「オリジナルトートバッグ」がもらえるだけでなく、一部会場では予約をすると数量限定DLCの告知ポスターがもらえます。会場は札幌、名古屋、博多、大阪、関東となっていますので、お近くの方はぜひ参加してみてください。

最後に小林プロデューサーは「ゲーム本編も、これまで以上にキャラクターやストーリーなどが盛りだくさんとなっています。PS3をお持ちでアクションゲームが好きなユーザーさんに遊んでもらうべく開発を続け、ほぼ完成に近づいています。シリーズファンの期待を裏切らず、また良い意味では裏切りながら『戦国BASARA4』を楽しんでいただきたいと思います」とコメントしました。
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

    【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  2. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

    『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  3. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

    『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  4. 【特集】精神障害を歌うRPG『カリギュラ』の楽曲に迫る ― 歌詞がざわめきへと変わり、心をえぐる

  5. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  6. 【PS Vita DL販売ランキング】8位『薄桜鬼 真改 華ノ章』、10位『√Letter ルートレター』などが初登場ランクイン(6/24)

  7. 「ホラー×VRは怖すぎて遊びたくない」バイオハザードチームが贈るMorpheusデモ『KITCHEN』を体験

  8. 【インタビュー】『仁王』はトレハン要素あり!プレイ時間は30~40時間想定で、日本中を旅するストーリーに

  9. 【インタビュー】『ニーア オートマタ』はハッピーエンド?それとも絶望?開発陣に気になるアレコレを訊いた…スカート脱衣の続報も

  10. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

アクセスランキングをもっと見る

page top