人生にゲームをプラスするメディア

米国任天堂社長「任天堂はモバイルデバイスをマーケティング媒体として活用する方法を常に考えている」

任天堂 Wii U

米国任天堂社長「任天堂はモバイルデバイスをマーケティング媒体として活用する方法を常に考えている」
  • 米国任天堂社長「任天堂はモバイルデバイスをマーケティング媒体として活用する方法を常に考えている」
米国任天堂のレジー社長が、任天堂はモバイルデバイスをマーケティング媒体として活用する方法を常に考えていることを明かしました。

Wii Uの売上不振などを理由に、経済アナリストからはiOSやAndroid向けにソフトをリリースすべきと意見も飛び出している任天堂。しかし当の任天堂は、自社タイトルをスマホ向けにリリースするつもりはないことを公言しています。とは言え、スマホなどのモバイルデバイス自体を拒否しているというわけではなく、「マーケティング媒体として活用する方法を常に考えている」と米国任天堂のレジー社長が海外メディア「CNET」のインタビューで明かしています。

Wii Uの売上は、発売から今日まであまり状態ではありません。また、Wiiの主なユーザーだったカジュアルゲーマーたちは、スマホやタブレットの手頃でより単純なゲームを楽しむようになりました。任天堂は、そのようなモバイルユーザーたちにどのような経験や楽しさの一片を見せれば3DSやWii Uに返ってくるのかを常に考えており、そしてそれがモバイルデバイスをマーケティング媒体として活用しようとする理由の一つであるようです。

さらにレジー社長は、「もしiOSやAndroidでマリオやポケモン、ゼルダのゲームが遊べてしまうと、Wii Uや3DSは不要になってしまい任天堂のハードウェアとサードパーティのソフトウェアビジネスに打撃を与えることになる」とコメント。排他的なコンテンツを作成し、それらのタイトルをプレイするために任天堂ハードを購入するというのが同社の総合的な財務モデルを保つことになると述べています。

すでに発売された『ピクミン3』や『ゼルダの伝説 風のタクト HD』に加え、『スーパーマリオ3Dワールド』や『ドンキーコング トロピカルフリーズ』、『マリオカート8』、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』など、ホリデーシーズンから2014年にかけ多くのゲームがWii Uでリリースされます。このような絶え間ないソフトのリリースにより、任天堂はWii Uの売上を向上することができるとレジー社長は語っています。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

    【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  2. 『スーパードンキーコング』水中ステージBGMのメタル風カバー曲!これは良い…

    『スーパードンキーコング』水中ステージBGMのメタル風カバー曲!これは良い…

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  5. 『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』発表! 3DSにシリーズ初登場…「まったく新しいパワプロ」

  6. 任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

  7. 『ポケモン』「イーブイ」のぬいぐるみ型PCクッションが登場、ぎゅっと抱きしめながら快適な作業が可能

  8. ゲーム作成&配信可能な3DS『RPGツクール フェス』発表! 配信されたゲームは『ツクールプレイヤー』でプレイ可能

  9. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  10. 『ポケモン サン・ムーン』またもや恐怖のポケモンが登場…怨念が砂に宿り人の生気を吸う「スナバァ」とは

アクセスランキングをもっと見る

page top