人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーeショップで不正に取得したコンテンツは削除の可能性も ― 海外ユーザーが報告

任天堂 3DS

ニンテンドーeショップで不正に取得したコンテンツは削除の可能性も ― 海外ユーザーが報告
  • ニンテンドーeショップで不正に取得したコンテンツは削除の可能性も ― 海外ユーザーが報告
ニンテンドーeショップで不正に取得したコンテンツは、任天堂によって削除される可能性があることが海外ユーザーの報告で明らかになりました。

この報告は海外サイト「Nintendo World Report」に掲載されていたもので、削除の原因はユーザーがクラブニンテンドーの規約に違反したためとされています。

ことの発端は米国クラブニンテンドーが行ったキャンペーンで、これは『ファイアーエムブレム 覚醒』と『真・女神転生IV』どちらも購入すると30ドルのニンテンドーポイントがもらえるというものでした。ユーザーがゲームをクラブニンテンドーに登録すると、ニンテンドーeショップで使用できる30ドル分のポイントのコードを受け取れるという仕組みで、キャンペーン自体は8月で終了しています。

2台の3DSと、2つのクラブニンテンドーポイントを持つユーザーHoneyさんが、『ファイアーエムブレム 覚醒』2本と『真・女神転生IV』1本を購入。さらに友人が購入した『真・女神転生IV』に同梱されていたクラブニンテンドーコードを譲渡してもらい、2つのアカウントにそれぞれ1セットずつを登録しました。各アカウントから30ドル、計60ドルのニンテンドーポイントをもらったHoneyさんは、これを1つのアカウントのみに登録。さらに、これを使って『スチームワールド ディグ』を購入し、残りはそのまま保持していました。

数週間後Honeyさんがクラブニンテンドーにログインしようとしたところ、両方のアカウントが凍結されていることが判明。3DSからニンテンドーeショップをチェックしてみたところ、キャンペーンで得た残高は全て削除されていました。次に購入した『スチームワールド ディグ』をチェックしてみましたが、なんと自分が見ている目の前で消えてしまったということです。

Honeyさんはこの件について任天堂に問い合わせましたが、アカウント凍結の理由はキャンペーンで得たニンテンドーポイントは1つのアカウントのみに使用できるという規約に違反したためだという返答でした。それに加え、同じ人が2つのアカウントを持つことや、自分が購入していないゲームを登録することも規約違反だと言われてしまったようです。

任天堂を説得し、その後アカウントの凍結は解除されましたが、プロモーションで得たポイントや購入した『スチームワールド ディグ』は戻ってこなかったということです。しかしアカウント凍結が解除されただけでも嬉しいとHoneyさんは語っています。

米国クラブニンテンドーの規約が全て日本でも当てはまるとは限りませんが、キャンペーンなどに参加する際には内容をきちんと確認しておいた方がよさそうです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【3DS DL販売ランキング】『聖戦クロニクル』や『アルファディア』などケムコのRPGが続々ランクイン(9/23)

    【3DS DL販売ランキング】『聖戦クロニクル』や『アルファディア』などケムコのRPGが続々ランクイン(9/23)

  2. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

    『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  5. 『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

  6. 『ポケモン サン・ムーン』にオーキド博士が変わり果てた姿で登場

  7. 「ポケモンGO Plus」バックグラウンド動作でも歩いた距離が記録されるように!タマゴを孵したり相棒のアメをゲット可能

  8. マイカード作成でスター選手を生み出す組み合わせを一挙公開!『ファミスタDS 2010』

  9. 『ポケモンGO Plus』が発売直後から品薄状態に―次回出荷は11月上旬を予定

  10. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

アクセスランキングをもっと見る

page top