人生にゲームをプラスするメディア

『ファミコンウォーズDS 失われた光』がクラブニンテンドーの景品として2014年5月より配信 ― ネット対戦やオリジナルマップでのプレイも

任天堂 3DS

『ファミコンウォーズDS 失われた光』情報ページ
  • 『ファミコンウォーズDS 失われた光』情報ページ
『ファミコンウォーズDS 失われた光』がクラブニンテンドーの景品として2014年5月より登場することが発表されました。

『ファミコンウォーズDS 失われた光』は、歩兵や戦車、戦闘機などの陸、空、海のユニットを指揮し、勝利を目指す戦略シミュレーションゲームで、北米では『Advance Wars:Days Of Ruin』と言う名称で2008年1月21日に発売されました。国内タイトルは『ファミコンウォーズDS2』で、2009年に発売予定でしたがその後延期。そのまま発売が見送られてしまったという経緯がある幻の作品です。

その『ファミコンウォーズDS 失われた光』が、突如としてクラブニンテンドー2013年のプラチナ特典として登場。そればかりでなく、2014年5月からは800ポイント(予定)で交換可能と発表されています。

「ニンテンドー3DSで遊ぶ手ごわいシミュレーションゲーム」というキャッチフレーズが付けられている本作は、ニンテンドー3DS専用のDSiウェアとして提供。従来の『ファミコンウォーズ』にはなかった深い世界観と魅力的なキャラクターが登場するストーリーモードや、インターネット対戦が用意されています。

「対戦車砲」「バイク兵」「艦載機」などの新ユニット追加に加え、敵軍ユニットを倒すことにより最大3段階までレベルアップしたり、本部や生産拠点でユニットに「ショーグン」を乗せると能力があがり指揮範囲内の仲間のユニットが強化されるなど、様々な新要素の搭載で戦闘の戦略も広がっています。

さらに、今作からは自分で作ったオリジナルマップをアップロードしたり、他の人が作ったマップをダウンロードして遊ぶことも可能に。アップロードされたマップは遊んだユーザーに評価してもらうことができ、評価が高いとおすすめのマップとして配信されるので、マップ職人の皆さんは、ぜひ腕を振るってみてください。

『ファミコンウォーズDS 失われた光』は、ニンテンドー3DS向けDSiウェアとしてクラブニンテンドーで2014年5月より配信予定。交換に必要なポイント数は800ポイントです。

(C)2008-2012 Nintendo/INTELLIGENT SYSTEMS
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

    【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  2. 『スーパードンキーコング』水中ステージBGMのメタル風カバー曲!これは良い…

    『スーパードンキーコング』水中ステージBGMのメタル風カバー曲!これは良い…

  3. 『ポケモン サン・ムーン』またもや恐怖のポケモンが登場…怨念が砂に宿り人の生気を吸う「スナバァ」とは

    『ポケモン サン・ムーン』またもや恐怖のポケモンが登場…怨念が砂に宿り人の生気を吸う「スナバァ」とは

  4. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  5. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  6. 『ポケモン』「イーブイ」のぬいぐるみ型PCクッションが登場、ぎゅっと抱きしめながら快適な作業が可能

  7. 『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』発表! 3DSにシリーズ初登場…「まったく新しいパワプロ」

  8. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

  9. 任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

  10. 任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top