人生にゲームをプラスするメディア

スクエニプロデューサー、Eidos含む他スタジオ製『ファイナルファンタジー』の可能性について語る

任天堂 その他

国内で長らく続いた有名フランチャイズの最新作を海外のデベロッパーが手がけるという図式はもはや珍しくありません。スクウェア・エニックスが同社の『ファイナルファンタジー』シリーズを他スタジオに任せるという選択肢について、可能性の1つとして社内で意見のやり取りをしていたことを明らかにしました。

これは『ライトニング リターンズ』の鳥山求氏と阿部雄二氏が、海外メディアOfficial Xbox Magazineのインタビューを受けた際に明かした情報。阿部氏はスクエニが数年前にEidosを買収し、そして現在アメリカの開発チームと直にやり取りが出来るようになってきた中で、可能性としてEidos含む他のデベロッパーに『ファイナルファンタジー』シリーズを任せることについて過去に社内で意見をやり取りしたとコメントしています。

阿部氏はまだ具体的なことは何も決定していないことを強調しつつも、もし良いチームやデベロッパー、人材やゲームがあるのならばその時には検討することになるだろうとコメント。状況さえ整えば外部スタジオ製の『ファイナルファンタジー』が登場する可能性もあることを示しました。

また鳥山氏は、スクエニが何度も手がけてきた『ファイナルファンタジー』シリーズはそれぞれが大きく異る作品であり、開発チームも様変わりしているため作品ごとに違ったアイディアやコンセプトが存在していると説明。もし良いチームを得ることが出来たのならとても面白い作品を生み出せるだろうと、阿部氏と同様に前向きな姿勢を見せています。
《ishigen》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ予約は次々終了―行列待ち実店舗も―これから予約するには?

    ニンテンドースイッチ予約は次々終了―行列待ち実店舗も―これから予約するには?

  2. ニンテンドースイッチ予約開始…一部通販サイトは今なお繋がりにくい状態続く(追記)

    ニンテンドースイッチ予約開始…一部通販サイトは今なお繋がりにくい状態続く(追記)

  3. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

  4. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  5. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  6. 【レポート】2D女子高生ホラーゲーム『クリーピング・テラー』で日活が目指したもの

  7. スイッチ向け『信長の野望・創造 with PK』&『三國志13 with PV』PVが公開

  8. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  9. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  10. ニンテンドースイッチ向けに『ファイアーエムブレム』の完全新作を発表! 2018年発売を目指し開発中

アクセスランキングをもっと見る