最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
新製品の購入意向を調査 ― iPad Airは18.7%、iPad mini Retinaは17.4%という結果に

新製品の購入意向を調査 ― iPad Airは18.7%、iPad mini Retinaは17.4%という結果に

2013年10月25日(金) 12時33分
  • iPad AirのWhite/Silverモデルの画像
    iPad AirのWhite/Silverモデル
  • iPad Airを横から見たところ。薄さは7.5mmの画像
    iPad Airを横から見たところ。薄さは7.5mm
  • iPad Airの購入意向の画像
    iPad Airの購入意向
  • iPad mini Retinaディスプレイの購入意向の画像
    iPad mini Retinaディスプレイの購入意向
  • 現在所有しているタブレットの画像
    現在所有しているタブレット
  • iPad Air、iPad mini Retinaディスプレイモデル発表の認知率の画像
    iPad Air、iPad mini Retinaディスプレイモデル発表の認知率
  • iPad Airの購入意向(タブレット端末所有者・非所有者別)の画像
    iPad Airの購入意向(タブレット端末所有者・非所有者別)
  • iPad mini Retinaディスプレイの購入意向(タブレット端末所有者・非所有者別)の画像
    iPad mini Retinaディスプレイの購入意向(タブレット端末所有者・非所有者別)
  • 購入を検討しているiPad Airのモデルの画像
    購入を検討しているiPad Airのモデル
  • 購入を検討しているiPad mini Retinaディスプレイのモデルの画像
    購入を検討しているiPad mini Retinaディスプレイのモデル
  • iPad mini RetinaのBlack/Space Grayモデルの画像
    iPad mini RetinaのBlack/Space Grayモデル
  • iPad mini RetinaのBlack/Space Grayモデル 背面の画像
    iPad mini RetinaのBlack/Space Grayモデル 背面

 MMD研究所は10月24日、アップルの新製品「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」に関して実施した、購入意向調査の結果を発表した。調査期間は10月23日~10月24日で、15歳以上の男女4,414人から回答を得た。

 まず「タブレット端末の所有状況」を聞いたところ、所有率は24.0%。端末別では、「iPad」がもっとも多く49.0%だった。以降、「Nexus」12.3%、「Xperia Tablet」4.2%が続いた。

 次に、10月22日の「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」の発表を知っているか聞いたところ、53.9%と、やや低い印象となった。ただし、これを「タブレット所有者(N=1,058)」と「非所有者(N=3,356)」に分けると、タブレット所有者では80.1%が認知していたのに対し、非所有者は45.6%となり、大きな差が見られた。

 「iPad Air」について、「購入したい」「やや購入したい」「どちらとも言えない」「あまり購入したくない」「購入したくない」の5段階で聞いたところ、全体(N=4,414)では「購入したい」が6.0%、「やや購入したい」が12.7%となり、合計18.7%に購入意向があった。これをタブレット端末所有者と非所有者に分けてみると、タブレット所有者(N=1,058)の購入意向は、「購入したい(13.5%)」「やや購入したい(19.2%)」と合わせ32.7%にとなり、タブレット非所有者(N=3,356)では、「購入したい(3.6%)」「やや購入したい(10.7%)」の合計14.3%となった。

 「iPad mini Retinaディスプレイモデル」についても同じく質問したところ、全体(N=4,414)では「購入したい」が5.7%、「やや購入したい」が11.7%の合計17.4%に購入意向があった。タブレット所有者(N=1,058)のiPad mini Retinaディスプレイモデル購入意向は、「購入したい(13.6%)」「やや購入したい(17.4%)」で合計31.0%。タブレット非所有者(N=3,356)では、「購入したい(3.2%)」「やや購入したい(9.9%)」で合計13.1%となった。

(原題:iPad Air、購入意向は18.7%……iPad mini Retinaは17.4%、乗り換え意向が強め)
(Article written by 冨岡晶@RBB TODAY)

モバイル・スマートフォンアクセスランキング