人生にゲームをプラスするメディア

インディーズゲーム・トークライブ番外編「東京ゲームショウの続きやります!」トークテーマ決定、追加出演者情報も公開

ゲームビジネス 人材

インディーズゲーム・トークライブ番外編
  • インディーズゲーム・トークライブ番外編
オニオンゲームスは、インディーズゲーム・トークライブ番外編「東京ゲームショウの続きやります!」の追加出演者および当日のトークテーマが決定したと発表しました。

先日開催された東京ゲームショウ「インディーゲームフェス2013」で行われた、ゲーム開発者トークライブ「インディーズゲーム・トークライブ~クリエイター達が語るゲームづくりの世界~」。幕張メッセ閉館の「蛍の光」が流れる中、「ゲーム開発者が作りたいゲームを作る方法は?」をテーマに、ギリギリまで白熱したトークが繰り広げられ、早くも伝説になっているとかいないとか…。もっと聞きたい!という声に応え、あの続きが2時間半、たっぷり行われることが決定しました。 同時にトークライブのステージ上で行われ10,000人以上の視聴者を集めた、ポリポリ☆クラブによる「ZUN部屋の生放送」。部屋の主であるZUN氏も今度はトークライブに参戦します。 今回はイベント参加者の皆さんからの質問コーナーもあるので、より密度の濃い内容になることは間違いなしです。

■トークショウテーマ
テーマ:「ゲーム開発者が作りたいゲームを作る方法は?の続き」
今回はTGSのトークイベントで語り尽くせなかった 「ゲーム開発者が作りたいゲームを作るには?」をさらに深く掘り下げるため、3つの切り口で語ります!!

その1  僕らのゲームをお客さんに届ける方法 ~結局、ゲーム実況は宣伝になるの?~
その2  お金と人と時間のお話 ~理想のゲーム開発体制とは?~
その3  僕らは何故ゲームを作るのか!?

様々なゲーム開発者が現状の問題点と未来への野望を語ります!!

■イベント概要
タイトル:インディーズゲーム・トークライブ番外編「東京ゲームショウの続きやります!」
日時:2013年10月20日(日)Open 12:00 Start 12:30 End 15:00 (予定)
場所:TOKYO CULTURE CULTURE 東京カルチャーカルチャー
東京都江東区青海1丁目3-11 Zepp Tokyo2F大観覧車の横 Zepp Tokyoの2F
出演者(敬称略):
ZUN(上海アリス幻樂団)
楢村 匠 (NIGORO)
飯田和敏(チーム・モンケン)
なる(えーでるわいす)
Nicolai(エンドレスシラフ)
Hart(エンドレスシラフ
遠藤琢磨(アクワイア)
南治一徳(ビサイド)
木村祥朗(オニオンゲームズ)
大前広樹(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)
進行:吉永龍樹(僕秩@dfnt)

チケット価格は前売券1,800円・当日チャージ券2,300円 (飲食代別途必要) です。
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  2. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

    【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  3. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  4. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  5. 【Japan VR Summit 2】世界のトッププレイヤーが語るVRの現在と未来...医療や製造での活用も

  6. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  9. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  10. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

アクセスランキングをもっと見る