最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【ガチレポ!】第23回 農機操縦が楽しいシミュレーター『Farming Simulator』で、果て無き農業生活を満喫しよう

【ガチレポ!】第23回 農機操縦が楽しいシミュレーター『Farming Simulator』で、果て無き農業生活を満喫しよう

2013年10月13日(日) 15時00分
  • 農機の操縦と農地の世話がゲームのメインの画像
    農機の操縦と農地の世話がゲームのメイン
  • チュートリアルモードでは各作業をピックアップして学ぶことができるの画像
    チュートリアルモードでは各作業をピックアップして学ぶことができる
  • 様々な農機具が登場!このゲームで初めて知ったものもの画像
    様々な農機具が登場!このゲームで初めて知ったものも
  • 播種をしたら成長を待とう。その間に収穫に必要な農機を移動させるといいの画像
    播種をしたら成長を待とう。その間に収穫に必要な農機を移動させるといい
  • 実ってきました。左下のPDAにはマップや価格、貯蔵量などの情報が表示されるの画像
    実ってきました。左下のPDAにはマップや価格、貯蔵量などの情報が表示される
  • ゲーム内時間を早め過ぎると、同じ畑でも成長度が違ってしまうの画像
    ゲーム内時間を早め過ぎると、同じ畑でも成長度が違ってしまう
  • 待ちに待った収穫。積載量いっぱいまで収穫したら、トレーラーに移していこうの画像
    待ちに待った収穫。積載量いっぱいまで収穫したら、トレーラーに移していこう
  • ストアにはいつでもアクセスできて便利。必要なものから少しずつ揃えようの画像
    ストアにはいつでもアクセスできて便利。必要なものから少しずつ揃えよう
  • やりたい作業にあわせてトラクターに連結するアタッチメントを決めるの画像
    やりたい作業にあわせてトラクターに連結するアタッチメントを決める
  • 時折訪れる需要の高まり。該当の販売所まで急いで作物を売却しにいこうの画像
    時折訪れる需要の高まり。該当の販売所まで急いで作物を売却しにいこう
  • サイロに作物を貯蔵することもできる。需要にあわせて販売すれば収入もあがるの画像
    サイロに作物を貯蔵することもできる。需要にあわせて販売すれば収入もあがる
  • 操縦中は三人称視点と一人称視点を切り替えられるの画像
    操縦中は三人称視点と一人称視点を切り替えられる
  • エサを食べる羊たち。羊を飼うとウールが生産されるの画像
    エサを食べる羊たち。羊を飼うとウールが生産される
  • 家畜のエサとなるまぐさの生産には、いくつか専門の農機が必要となるの画像
    家畜のエサとなるまぐさの生産には、いくつか専門の農機が必要となる
  • 鶏小屋で卵拾い。鶏は何のリスクもなく飼うことができるの画像
    鶏小屋で卵拾い。鶏は何のリスクもなく飼うことができる
  • グリーンハウスでレタスの栽培。給水所から水を補充すると収穫量が増えるの画像
    グリーンハウスでレタスの栽培。給水所から水を補充すると収穫量が増える
  • フロントローダーで物資を運搬。アームの上げ下ろしもプレイヤーが行うの画像
    フロントローダーで物資を運搬。アームの上げ下ろしもプレイヤーが行う
  • 『Farming Simulator』の画像
    『Farming Simulator』

こんにちは、無事にPS4を予約できたAmiです。しばらくアクションゲーム系の紹介が続いていましたが、今回はリアルな農業生活が楽しめるシミュレーターゲーム『Farming Simulator(ファーミングシミュレーター)』を紹介していきたいと思います。

■経営?いいえ、「操縦」です
農業、農園、シミュレーターというキーワードから、建設や売上などの管理で農園発展を目指す経営シムを想像するかもしれませんが、本作は経営よりも農機具の操縦と活用に重点をおいたシミュレーターになっており、はっきり言って、経営そのものはかなりユルめです。確かにゲームはいくらかのローンを組んだ状態から開始となるうえ、農機具は高価で出費はかさみますが、借金に追い立てられることもなく、平和な農園を荒らす不届き者が跋扈するわけでもありません。

ゲームには実在する海外の農業機械メーカーが登場し、プレイヤーはトラクター、播種機、収穫機などなどの農機を自在に操って色々な作物を育てていきます。ゲーム中に発生する事件といえば、数分に1回の割合でおこるミッションと、時折起こる需要の変化くらいで、至って平和でのんびりした農業生活を楽しめるという寸法です。

とはいえ、農業の「の」の字も知らない私と同じく、専門知識に自信がないという方も多いはず。そこで、今回はどのようにして農業生活を進めていけばいいのか、ゲーム開始直後から流れに沿って紹介していこうと思います。


■農業のイロハはチュートリアルから!
「コンバイン」や「トレーラー」は知っているとしても、例えば、「ベール」、「サイレージ」、「ベーラー」とは何か、「ブラウ」と「耕運機」の違いが分からないという場合。悪いことは言いません、まずは取り扱い説明書に一通り目を通し、チュートリアルモードをプレイしましょう。農機具の基本的な操作方法と、一部重要なアタッチメントの使い方を学ぶことができます。

元々農業に興味があって、そうした基本知識はすでに持っているという人は、ひとまず飛ばして後から参照するのもいいかと思いますが、ともかく最初から馴染みのない専門機器が沢山でてくるので、私がそうであったように、しばらくの間は取扱説明書が手放せなくなるはずです。


■耕す。植える。収穫する。
ゲームは1人称視点で進みます。キャリアモード(ストーリーモード)で選択できるマップは「ハーゲンシュテット」と、アメリカマップ「ウェストブリッジヒルズ」2つ。どちらを選んでもいいですが、私はハーゲンシュテットで難易度は「普通」を選択しました。難易度は3段階で、開始直後の資金額や作物の貯蔵量、作物の価格などに違いがあります。(決して変な敵が現れるわけではない)

スタートするとガイドツアーが画面に表示されていくので、それに従って一通りの農作業をこなしましょう。その後は何をするかは完全に自由。ですが、まずはガイドツアー中に終えられなかった作業の続きをやってしまうのがいいでしょう。オススメは畑を耕すことと、副産物がない代わりに最も高く売れる「キャノーラ」の種まきです。

本作では、植えた作物が完全に成長するまでゲーム内時間で約1日必要になりますので、これを先に済ませておくと、ほかの用事を済ませている間に作物が成長して時間の節約になるのです。

ゲーム内時間は「設定」画面から、実時間、5倍速、15倍速と数段階で早回しできるので、これを活用すればさらにスピーディになります。ただし、種を植えている最中などにゲーム内時間を早めると作物の生育具合に大きな差が出るので気をつけてください。

遠く離れた畑の様子は「マップ表示」画面で見ることができます。作物の成長具合をこまめにチェックしつつ、収穫が近い場合は、コンバインをその畑まで先回り移動させておけば後が楽。一部の農作業は、農機に乗り込んで◎ボタンを押すことで作業を自動化する(作業員を雇う)ことができるので、うまく活用して快適に作業を進めましょう。

最初はなんといっても資金がないため、農機の購入が必要な作業はひとまず見送ってOK。初期状態では3つの畑に対してトラクターは3台しか持ってませんが、グルグルとローテーションさせていけば操縦にも慣れ、マップを覚えることもできて一石二鳥です。


■運転技能がメキメキ向上!…しそうかも
農機を操縦する際のコツは、常にゆっくり、丁寧に、走らせること。そうしないと、アタッチメントが外れてしまうなど作業に支障がでるのです。

自慢ではないですが、私のゲームでの運転は下手な上に非常に乱暴で、某クライムアクションでは路肩の爆走は普通だし、FPSで戦車を操縦する時は障害物に乗り揚げまくりで、まともに走れた試しがなかったりします。まぁ、そうしたタイトルでは仮に衝突してしまっても、アクセルを限界まで踏み込めばなんとかなったりするものですが、リアルさが1つのウリである本作ではそれができません。もし1度「嵌ってしまう」と初期位置にリセットするしか脱出する方法はないので、操縦には常々注意が必要です。

農作業中は、地面に転がっているアタッチメントや刈り入れたい畑のレーンに沿って、トラクターの位置をピッタリ合わせる必要があるなど、意外と繊細な操縦が求められます。操縦の感覚は農機や装着したアタッチメントの種類によってそれぞれ違いが出るので面白いし、カーブや切り返しでのハンドリングも農機に合わせて調整していかなければならず、車両操縦シミュレーターとしても楽しいものがあります。
加えて、あそび続けて次第に操縦が上手くなれば、一発でUターンがキマったり全く歪まずに播種できたりとかなり気持ちよく、実際、他タイトルでの運転もうまくなったような気さえするほど。「運転が下手で…」と嘆いている方は、教習所に通うつもりで遊んでみると思わぬ収穫がある!かもしれません。


■集めた資金で思い思いの農園に
ある程度資金に余裕がでてきたら、△ボタンでいつでも呼び出せるショップ画面で設備を充実させていきましょう。鶏を飼えば卵が生産できますし、羊や牛を飼ってウールやミルクを生産するのも楽しいです。羊と牛の飼育には、牧草を刈る草刈機と草干し機、ローディングワゴンを揃えて餌を作る必要があるため、それなりの資金力が必要となりますが、牧場の飼料桶にメェメェ鳴きながら寄ってくる羊の姿には癒されてしまうはず。序盤で楽に固定収入を得たい時は、比較的費用の安い蜂小屋やグリーンハウスを設置するのがオススメ。時間ごとに自動でお金が入金されていきます。

また、ゲーム中は一定時間ごとに物資を時間内に特定地点まで運ぶ「運搬ミッション」を主体としたミッションが発生します。ミッションにはパレットフォークを装着したフロントローダーを購入しておけば参加でき、早く完遂できればできるほど貰える報酬額が大きくなります。デメリットは特にないので積極的に挑戦してみてください。こうして資金が集まれば、周囲の土地を購入して自分の農園をどんどん大きくしていくことができるのです。


■ジワジワ楽しい、時間泥棒な1本
繊細に操縦し、じっくり世話し、バッサリ刈ってどっさり売ったら、また種を植える。なぜかヤミツキになってしまう、静かで味わい深い楽しみと静かな喜びを噛み締められる渋い作品です。

私はこのプレイレポのために約15時間強プレイしましたが、40ちかくある土地のうち、未だ4つの畑と牧場1つしか扱えていないという非常にボリューミーな作品でもあります。作業のローテーションは止め時を見失わせ、あと少し、あと少し…と延々プレイし続けてしまうのも怖いところです。片田舎で畑と農機に囲まれながら、まったりと農業生活に勤しみたい人や、車両の運転が好きな人にぜひオススメしたいシミュレーターとなっています。


★こんな人にプッシュ★
・農業、農園に興味がある人
・まったりと作業をするのが好きな人
・車両の運転が好きor上手くなりたい人

★その他備考★
・困るほどに時間泥棒

『Farming Simulator(ファーミングシミュレーター)』はPlayStation 3/Xbox 360共に、価格6,090円(税込)で好評発売中です。

Copyright (C) 2013 GIANTS Software GmbH. Farming Simulator, Giants Software and its logos are trademarks or registered trademarks of Giants Software. Focus,Focus Home Interactive and its logos are trademarks or registered trademarks of Focus Home Interactive. All manufacturers, agricultural machinery, agricultural equipment, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. The agricultural machines and equipment in this game may be different from the actual machines in shapes, colours and performance.

■筆者プロフィール
Ami
元・ゲームグラフィッカーのボス戦好きなアマゾネス。最近、某MMORPGでタンク役にハマってます。ちなみにメインはDPS。
ゲームは雑食で、国産から海外、RPGからFPSまでなんでも遊ぶ、食い散らかし系です。とりあえず、ゲームができればそれで幸せ。
ブログ:http://blog.livedoor.jp/xxxplus/

(Article written by Ami)

ソニーアクセスランキング


機種 XBOX360
ジャンル SLG
発売元 ラッセル
開発元 ラッセル
発売日 2013年09月05日
プレイ人数 1人プレイ専用