人生にゲームをプラスするメディア

dotFes 2013にて「メディアを超えたゲーム的表現 -京都で生まれて30年 ぼくらがファミコンから学んだこと-」開催

任天堂 その他

dotFes 2013 京都 公式サイト
  • dotFes 2013 京都 公式サイト
日本デジタルゲーム学会は、「dotFes 2013 京都」イベント内にて、特別講演「メディアを超えたゲーム的表現 -京都で生まれて30年 ぼくらがファミコンから学んだこと-」を開催すると発表しました。

8bit CPU、52色パレットという、ファミリーコンピュータの厳しい動作環境のもと、当時のクリエイター達が試行錯誤を重ねて生み出した、UI/UXやキャラクターの動き「ファミコン的表現技法」。そこには、どのような創意工夫があったのか。また、現代のWeb広告やゲームの中で、どのように活かされているのか。今回のイベントでは、ゲストに、任天堂開発第二部を率いてファミコンを開発した上村雅之氏(任天堂/立命館大学)と、クロスメディア時代のインタラクティブなコンテンツづくりを牽引する人気クリエイター、中村洋基氏(PARTY)と宗佳広氏(ココノヱ)が招かれ、ファミコン的表現技法の原点と今、そして未来が語られます。

■開催概要
日時:平成25年11月10日(日)14:00~15:20
※dotFes 2013 京都 11:00~18:20
場所:京都精華大学黎明館
入場料:ゲーム関連諸団体関係者/2,100円(税込)
一般/4,200円(税込) 学生/2,100円(税込)
講演構成:
【第1部】プレゼンテーション
14:00 上村雅之氏 任天堂 開発アドバイザー
14:30 中村洋基氏(株)PARTYクリエイティブディレクター
14:45 宗佳広氏(株)ココノヱ代表取締役兼デザイナー
【第2部】パネルディスカッション
15:00 上村雅之氏 × 中村洋基氏 × 宗佳広氏
モデレータ:
細井 浩一 ITコンソーシアム京都クロスメディア部会長 立命館大学映像学部教授
運営:dotFes 2013 京都 運営委員会
主催:
・マイナビ Web Designing
・クスール
・京都精華大学デザイン学部ビジュアルデザイン学科
特別協力:ITコンソーシアム京都、KYOTO CMEX 2013
協力:立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)

2008年に東京でスタートした、Webクリエイティブのための学園祭「dotFes」。通算7回目となる2013年は、2年ぶり3回目、京都精華大学での開催となります。2つのステージで実施される12セッションのほか、キャンパス内のさまざまな場所で、展開されるインスタレーションや作品展示、ライブパフォーマンスが用意されています。名物企画「クリエイティブ大喜利」では、世界を股にかけて活躍する6人のクリエイターが、この日限りのお題に全力で提案されるとのことですので、是非参加してみてください。
《ひびき》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン サン・ムーン』あの「マー君」が“たんぱんこぞう”に!?新CM公開

    『ポケモン サン・ムーン』あの「マー君」が“たんぱんこぞう”に!?新CM公開

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  3. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

    『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  4. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  5. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  6. 【Wii U DL販売ランキング】3位『スーパーマリオワールド』連続首位、TOP10安定のランク推移(1/16)

  7. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

  8. スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

  9. 『スーパーマリオ オデッセイ』新アクション「帽子投げ」もお披露目! 開発者が語るステージ映像が公開

  10. 「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

アクセスランキングをもっと見る