人生にゲームをプラスするメディア

「ソニック ザ ヘッジホッグ」新作アニメ 2014年にフルCGで米国・フランス放映開始

任天堂 その他

ソニック ザ ヘッジホッグは世界中で人気のキャラクターだ (c) 2012 Getty Images 
  • ソニック ザ ヘッジホッグは世界中で人気のキャラクターだ (c) 2012 Getty Images 
セガの人気ゲームに数々登場するソニック ザ ヘッジホッグの世界での活躍が、2014年からまた広がりそうだ。10月1日、セガは海外向け公式英語ブログにて、ソニック ザ ヘッジホッグの新作アニメーションの制作が進んでいることを明らかにした。
アニメーションのタイトルは仮題で『Sonic Boom』としている。2014年秋にアメリカの大手子どもチャンネル・カートゥーンネットワークとフランスの大手子どもチャンネルCANAL J とGULLIで放送を開始する。番組は1話11分全52話を決定している。セガ・オブ・アメリカとフランスのCGアニメーション会社GENAO Productionsが製作する。

ソニック ザ ヘッジホッグはこれまで4本のテレビシリーズを製作している。しかし、『Sonic Boom』はそのなかでも特別な作品になりそうだ。シリーズで初めてフルCGアニメーションを導入するからだ。ゲームで見たようなキャラクターたちが動き出す。
作品はキャラクターを中心としたコメディとなり、ソニックのほかマイルス"テイルス"パウアーなどの仲間や敵役のドクター・エッグマンらが登場する。エミー・ローズ、ナックルズ・ザ・エキドゥナも姿を見せる。
また製作にあたっては、ソニックチームのチーフである飯塚隆氏が、ソニックのキャラクター、世界観を監修する。ファンにはお馴染みの世界が広がることとなる。

セガは今回のアニメーションについて、ソニックはセガのなかでもスター的な存在で、その輝きは色褪せることがない、そのキャラクターを世界中の新世代の子どもたちに紹介したいとしている。テレビアニメーションを通じて、その認知度やキャラクターをさらに高めることを目指す。
アメリカ、フランスだけでなく、世界各国のテレビ放送も視野にいれる。さらにキャラクター商品のライセン展開もし、ワールドワイドなビジネスを目指す。
《animeanime》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【Wii U DL販売ランキング】『テラリア』2位浮上、VC『スーパーマリオ64』や『バードマニアパーティ』などランクイン(9/26)

    【Wii U DL販売ランキング】『テラリア』2位浮上、VC『スーパーマリオ64』や『バードマニアパーティ』などランクイン(9/26)

  2. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 今週発売の新作ゲーム『デモンゲイズ2』『FIFA 17』『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』他

  5. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

  6. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  7. 『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

  8. 【特集】インティ・クリエイツ社長に訊く『ガンヴォルト』誕生秘話…目標本数はない、だから好きに作れ

  9. 【3DS DL販売ランキング】『聖戦クロニクル』や『アルファディア』などケムコのRPGが続々ランクイン(9/23)

  10. 【そそれぽ】第136回:日本未発売GBAソフトがVC化!ゲームの歴史を何重にも感じる『ゲームボーイギャラリー4』をプレイしたよ!

アクセスランキングをもっと見る

page top