人生にゲームをプラスするメディア

「課金」をキーワードにツイートを分析!結果は『艦これ』が最も多くツイートされ、課金額も少額なゲームであることが判明 ― その逆のゲームとは…

ソーシャル・オンラインゲーム ソーシャルゲーム

「ゲーム名や金額ごとのツイート件数の傾向分析結果」スクリーンショット
  • 「ゲーム名や金額ごとのツイート件数の傾向分析結果」スクリーンショット
  • 「ゲーム名や金額ごとのツイート件数の傾向分析結果」スクリーンショット
プラスアルファ・コンサルティングは、「課金」というキーワードを軸に、ゲーム名や金額ごとのツイート件数の傾向を分析した結果を発表しました。

分析には、ソーシャルリスニングツール「見える化エンジン」を使用し、「課金」というキーワードを軸に、ゲーム名や金額ごとのツイート件数の傾向を調査しました。この結果、『艦隊これくしょん -艦これ-』のツイート数が最も多く、ツイートに出現する金額が最も低額であることがわかりました。

■分析概要
・収集条件:課金という言葉を含むTwitterの日本語のツイート
・収集期間:2013年8月13日~8月22日
・データ件数:177,575件
(分析に当たり、RT、ニュース関連、bot、アフィリエイト関連、一部重複内容ツイートを除外)

課金ツイートが最も多かったゲーム名別分析では、課金ツイートが『艦隊これくしょん -艦これ-』と『パズル&ドラゴンズ』に集中。結果は、13,000件のツイートがあった『艦隊これくしょん』が1位に、『パズル&ドラゴンズ』は約9,000件のツイートで2位となりました。

話題のゲームごとに課金金額を分析すると、ツイート件数の多かった『艦隊これくしょん -艦これ-』の課金ツイート金額が、1,000円~2,000円代で少額であるという結果に。これに対し、『パズル&ドラゴンズ』は3,000円~10,000円代、『アイドルマスターシンデレラガールズ』は10,000円代の課金ツイートが最多に

課金についてどのように語られているかをゲームごとに分析した結果では、「課金-こわい」という意見が1位、2位を占める中、『艦隊これくしょん -艦これ-』は「課金-必要ない」という感想が2位になりました。これは『艦隊これくしょん -艦これ-』が、課金をあまりしなくても楽しめることが理由のようです。

Twitterにて低額課金で評判になっていることがわかった『艦隊これくしょん -艦これ-』は、こうした評判もあってユーザー数が増加しています。調査期間中である8月21日に、ユーザー数が50万人を突破したことが発表されましたが、9月27日には90万人を突破したことが判明。また、ユーザー数が増加し続けていることを、公式ツイッターアカウントが明かしています。



高額課金が話題になることが多いソーシャルゲームの中で、低額課金が話題となっている『艦隊これくしょん -艦これ-』。新規プレイヤーの参加が抽選になっているほど人気の高い本作から、目が離せない日々が続きそうです。

(c)Plus Alpha Consulting Co.,LTD. All Right Reserved.
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. SNSで“プレイヤーの性格を武器にする”3DACT『Last Standard』がSteam Greenlightに登場

    SNSで“プレイヤーの性格を武器にする”3DACT『Last Standard』がSteam Greenlightに登場

  2. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

    『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

  3. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  4. Steam版『DARK SOULS』配信開始―GFWL版所有者は無料で入手可能

  5. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  6. 話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

  7. 『刀剣乱舞』新刀剣男士「千子村正」の登場が1月末に前倒し! 2周年トークショーで急遽決定

  8. DMM、全サービス内通貨を「DMMポイント」に統合…1ポイント=1円で、全サービスで利用可能

  9. ミサイルにビームに自爆と何でもアリ!『The Tower of AION』、ロボに乗り戦うギア ウイングが近日実装 ― その溶け込み具合を写真で

  10. 【特集】『Wallpaper Engine』の使い方―Steamで人気の“動く壁紙”作成ソフト

アクセスランキングをもっと見る