人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2013】 あのパズドラシリーズが日本ゲーム大賞2013で3冠の偉業―ユーザー、プラットフォームの確立が要因に

その他 全般

『パズドラZ』パッケージ
  • 『パズドラZ』パッケージ
  • 『パズル&ドラゴンズ』ゲームタイトル画面
ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、人気パズルゲーム『パズル&ドラゴンズ』シリーズが、「日本ゲーム大賞2013」で3冠を達成したことを発表しました。

9月19日から開催されている「日本ゲーム大賞2013」において、スマートフォンタイトル『パズル&ドラゴンズ』が年間作品部門の「特別賞」ならびに、経済産業大臣賞を受賞。そして、先ほど発表授賞式が執り行われたフューチャー部門では、3DSで12月12日発売予定となっている新作パズドラ『パズドラZ』の受賞が判明し、これにより、パズドラシリーズは合わせて3冠獲得という偉業を達成したことになります。

「モンスター」を育て、「パズル」でバトルする、新感覚のパズルRPG『パズル&ドラゴンズ』。各賞受賞の理由としては、スマートフォンをゲームプラットフォームとして確立した功績と、年齢を問わず社会的なムーブメントを巻き起こした点が挙げられています。
業界からの支持のみならず、2012年2月20日にサービス開始以降は、日本における二大スマートフォンマーケット「App Store」および「Google Play」において、常にトップセールス1位を競う人気コンテンツに成長。また、2013年9月14日には1900万ダウンロードを突破するなど日本を席巻しており、パズドラのポテンシャルを改めて認識させられる結果となりました。

3DS『パズドラZ』ではスマートフォン版にはない新要素の導入が判明していますが、この一大ムーブメントを引き継ぎ、携帯ゲーム機市場でも存在感を見せつけることになるのか期待がもたれます。

なお、「日本ゲーム大賞2013」の「年間作品部門」では、任天堂の『とびだせ どうぶつの森』が「大賞」と「ベストセールス賞」の2冠を獲得しています。

(c) GungHo Online Entertainment, Inc.
《Ami》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

    【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

  2. 「Nintendo Switch」発表会、市場に溢れる思惑の正体とは【Re:エンタメ創世記】

    「Nintendo Switch」発表会、市場に溢れる思惑の正体とは【Re:エンタメ創世記】

  3. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

    「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

  4. 『艦これ』スラリと伸びた足が魅力の「Z1(レーベレヒト・マース)」フィギュアが登場

  5. 『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』3月31日でサービス終了、ゲーセン初の基本プレイ無料ゲームに幕

  6. 「きのこの山」「たけのこの里」のガチ対決がオセロで実現…!「きのこの山VSたけのこの里 オセロ ゲーム3」1月18日発売

  7. 『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  10. 【レポート】『蒼き革命のヴァルキュリア』体験会で下里Pが語る―メインストーリーは30時間ほど、全体では60時間近い

アクセスランキングをもっと見る