人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2013】 思わぬ未発表タイトルも!大手パブリッシャー4社のTGSパンフレットを一挙公開

その他 全般

TGSパンフレット
  • TGSパンフレット
  • スクウェア・エニックス
  • 【東京ゲームショウ2013】 思わぬ未発表タイトルも!大手パブリッシャー4社のTGSパンフレットを一挙公開
  • 【東京ゲームショウ2013】 思わぬ未発表タイトルも!大手パブリッシャー4社のTGSパンフレットを一挙公開
  • 【東京ゲームショウ2013】 思わぬ未発表タイトルも!大手パブリッシャー4社のTGSパンフレットを一挙公開
  • バンダイナムコゲームス
  • 【東京ゲームショウ2013】 思わぬ未発表タイトルも!大手パブリッシャー4社のTGSパンフレットを一挙公開
  • 【東京ゲームショウ2013】 思わぬ未発表タイトルも!大手パブリッシャー4社のTGSパンフレットを一挙公開
ついに一般公開を迎えた東京ゲームショウ2013にて、ソニーをはじめとする大手パブリッシャーよりTGSパンフレットが配布されていますので、まとめてご紹介します。

今回入手できたパンフレットはソニー・コンピュータエンタテインメント、セガ、スクウェア・エニックス、そしてバンダイナムコゲームスの4社です。

各社とも、内容は主に今後発売が予定されている新作タイトルラインナップの紹介がメインとなっています。ライトニングを表紙に据えたスクウェア・エニックスのパンフレットでは、11月21日発売の『ライトニングリターンズ FFXIII』から始まり、『ドラッグ オン ドラグーン3』、そして『ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル』に続きます。ページはビジュアルイラストを盛り込んだ見開きになっていて、スッキリとしたページ構成で魅力を伝えます。

バンダイナムコゲームスは『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』、『真・ガンダム無双』、『エースコンバット インフィニティ』をメインに、ゲーム雑誌を思わせるつくりになっています。キャラクターイラストや実際のゲーム画面がふんだんに使われ、ひろく興味のそそられる内容になっています。

打って変わってセガでは、インタビュー記事がメインに。名越氏を迎え、発売を控える『ヒーローバンク』、『うた組み575』、『ソニック ロストワールド』、『龍が如く 維新!』などそれぞれのタイトルにかける思いが綴られたのちに、各タイトルメイン開発者が登場し、制作上のこだわりや、面白さのポイントを熱く語っています。

そして、「プレイステーションオフィシャルカタログ」と題されたソニーのパンフレットでは、表紙をPS4、PS Vita TVなど新機種がズラリと並びます。内容は『リリィ・ベルガモ』といったPS4タイトルのほか、PS3タイトルもしっかり網羅されているのですが、なんとその中に思わぬ隠し玉、『サージュ・コンチェルト最新作』の発表が隠されていたのです。

このパンフレットで初お披露目となる『サージュ・コンチェルト最新作』は、七次元の世界をコンセプトにしたPS Vitaソフト第一弾『シェルノサージュ』に次ぐ「サージュ・コンチェルト」シリーズの第二弾。PS3での発売が予定されています。

記載されている画像は星空、宇宙空間を思わせるもののみで詳細なゲーム内容は不明。ただ、早くも本作のティザーサイトが公開されており、無数のプログラムコードが走るアンティーク風デザインのモニター画面を確認できます。
ちょっとした仕掛けも用意されているようで、画面クリックで流れるとある人物のチャットログ、そしてページの下部にはパスワードの項目が…。ぜひ、アクセスして確認してみてください。


ゲームにかける各社の思いが詰まったTGSパンフレット、いかがでしたでしょうか。次世代機はもちろん、現行機の盛り上がりもひしひしと感じとれるのは嬉しい限りですね。

(c)Sony Computer Entertainment.
(C)2013 NAMCO BANDAI Games Inc.
(C)2013 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
(c) SEGA
《Ami》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  4. 『夢色キャスト』×「スイパラ」コラボカフェ開催決定!池袋店で3月3日より実施

  5. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  6. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  7. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  8. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

アクセスランキングをもっと見る