人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2013】ジオンがあと10年戦える日が来た…!?『真・ガンダム無双』プレイアブル化したビグ・ザムでプレイレポ

ソニー PS3

【東京ゲームショウ2013】ジオンがあと10年戦える日が来た…!?『真・ガンダム無双』プレイアブル化したビグ・ザムでプレイレポ
  • 【東京ゲームショウ2013】ジオンがあと10年戦える日が来た…!?『真・ガンダム無双』プレイアブル化したビグ・ザムでプレイレポ
  • 【東京ゲームショウ2013】ジオンがあと10年戦える日が来た…!?『真・ガンダム無双』プレイアブル化したビグ・ザムでプレイレポ
9月19日から開催されている「東京ゲームショウ2013」にて、バンダイナムコゲームスが試遊出展しているPS3/PS Vitaソフト『真・ガンダム無双』のプレイレポートをお届けします。

ナンバリングタイトルとしても既に3作がリリースされている『ガンダム無双』シリーズの最新作となる『真・ガンダム無双』は、今月の上旬に公式サイトが公開されたばかりですが、「東京ゲームショウ2013」での試遊出展を果たしており、発売日の12月19日に向けて着実にその歩みを進めていることを伺わせます。

この試遊で、シリーズ作を重ねて熟成されたタイトルが、どのような新しい衝撃を与えてくれるのかとワクワクしながらゲームをスタートさせると、まずはシナリオ選択に。使用機体ごとに内容の異なる3種類が今回用意されていましたが、『ガンダム無双』の最新作となれば、やはりガンダムの名が付く機体を選…「ビグ・ザム」ですと!? 驚きのあまり、ガンダム系機体そっちのけで、緑の巨躯を選択してしまいました。

実は公式サイトが20日に更新され、これまで敵として登場してきた巨大MAが本作ではプレイアブル化し、ユーザー自身の手で楽しめることが発表されました。しかし試遊したのは、ゲームショウ初日となる19日。事前情報など知らないまま、幕開け早々に度肝を抜かれた試遊プレイとなりました。

ですが、この程度はまだ序の口。戦場に立ってみると、これまでのMA操作と違い、視点がやけに高い。ビグ・ザムの身長を考えれば無理もないことですが、相対的に敵のMSが実に小さく見えます。それはもちろん、ビグ・ザムの巨大さあってこそであり、そのスケール感が見事に再現された証とも言えます。

その大きさに驚きながらも、操作を確認。通常攻撃は□ボタン×4とシンプルなコンボになりますが、なによりその大きさがひとつの武器となっており、ジャンプ後の着地で敵にダメージ、ダッシュ後の停止の際に敵がいたらこれも相手にダメージと、移動するだけで周囲に破壊を振りまくばかり。

また□ボタンのコンボも、その特徴的な足を思い切り振り上げ、暴力的な運動エネルギーをここぞとばかりに叩きつけます。量産型MS程度では、文字通り太刀打ち出来る存在ではなく、ビグ・ザムはほとんど体力を失うことなく快進撃を続けます。連邦のMSなど敵ではありません。

しかしその快進撃も、終盤を迎える頃に翳る兆しを見せます。これまでの量産型MSではなく、名前入りのキャラクターが搭乗するMSがその姿を見せます。縮尺としてはやはり小さめで、一見するだけではあまり迫力を感じません。この辺りもさすがビグ・ザム。とはいえ、見た目通りに大人しくやられたりはしてくれないでしょう。

ここで倒れるわけにはいきません。先に逃がした妻とミネバの為にも。気分もすっかりドズルとなったこの時、ふとプレイ開始前に案内役の方に教わった説明を思い出しました。バーストゲージが溜まっている状態でR2を押すと機体からオーラが出て攻撃力が上がりますよ、と。これで状況が打開できると、迷うことなくR2を押し、攻撃力アップを試みます。

が、攻撃に転ずる前に、画面の右下に表示されたメッセージに目を奪われます。バースト中に○ボタンを押せと訴えていますが、具体的に何が起こるのかまでは今ひとつ分かりません。ですが、悪い結果にはならないだろうと、こちらも躊躇わずに○ボタンをプッシュ。すると、ビグ・ザムが浮遊し、辺りにメガ粒子砲をバラ撒き始めました。当然、キャラ搭乗モビルスーツもビームに貫かれています。

この調子なら勝てる…そう思ったのもつかの間、戦場の様子が一変しました。巨大なビグ・ザムすら霞むほどの何かが画面を覆い尽くし、現れたのはなんとホワイトベース。ジオンの敗戦に大きく関与した第13独立部隊のアイツです。これは手強い相手だと手に汗握ったその瞬間、戦場に銃撃と爆炎が吹き荒れました!…ただし、敵のMSに向かって。

どうやらホワイトベースは、バースト中に○ボタンを押したことでやってきた援軍のようです。原作では憎い敵でしたが、今はビグ・ザムを助けるためにその火力を総動員しています。そして共闘するMAと白馬という、ゲームならではのIFが画面中に展開し、敵MSはもはや見る影もありません。

まさかのタッグマッチも見られた『真・ガンダム無双』試遊プレイ。これはある意味「ビグ・ザム無双」なのでは…という疑問を浮かびましたが、『ガンダム無双』だからといって、ガンダム「が」無双するだけではなく、ガンダムを(相手に)無双するという解釈もアリなのではないでしょうか。もちろん、あくまで個人の解釈ですが!

ともあれ、ガンダムでも無双できますし、ビグ・ザムなどの巨大MAでの無双も可能となった『真・ガンダム無双』の、驚きと刺激に満ちたひとときを堪能できました。シリーズを重ねて完成度を増したゲーム性に加え、今回のようなサプライズが製品版で待っているかと思うと、ドズル曰く「圧倒的ではないか」と言いたくなる期待度を感じさせてくれます。「東京ゲームショウ2013」へ訪れた際には、この迫力体験をぜひあなたも。

『真・ガンダム無双』は、2013年12月19日発売予定。価格は、PS3版が7,980円(税込)、PS Vita版が6,980円(税込)です。

(C)創通・サンライズ
(C)NBGI
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 【レポート】『龍が如く6 命の詩。』新情報が続々と明らかに…桐生一馬の伝説は最終章へ

    【レポート】『龍が如く6 命の詩。』新情報が続々と明らかに…桐生一馬の伝説は最終章へ

  2. 「PS4システムソフトウェアベータテスト」参加者募集が国内向けに開始…新たな機能登場か

    「PS4システムソフトウェアベータテスト」参加者募集が国内向けに開始…新たな機能登場か

  3. 【レポート】オープンワールドに進化した『討鬼伝2』―“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

    【レポート】オープンワールドに進化した『討鬼伝2』―“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

  4. コナミとFCバルセロナがパートナー契約を締結、『ウイイレ2017』にホームスタジアムなど収録

  5. 『ベルセルク無双』発売延期、新たな発売予定日は10月27日

  6. 『龍が如く6』実機プレイ映像公開!過去作とは一線を画すほどシームレス

  7. 『龍が如く6 命の詩。』発売日は2016年12月8日に!追加キャストには藤原竜也、小栗旬など起用

  8. PSVRの予約再開は「準備が整い次第」…公式サイトやメルマガで案内

  9. 日本一ソフトウェア、サマーセール第1弾を開始…『ディスガイア』シリーズ3作を1,500円から提供

  10. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

アクセスランキングをもっと見る

page top