最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【東京ゲームショウ2013】キッカケは学生時代の思い出から『ぷよぷよテトリス』細山田プロデューサーインタビュー

【東京ゲームショウ2013】キッカケは学生時代の思い出から『ぷよぷよテトリス』細山田プロデューサーインタビュー

2013年9月20日(金) 17時07分
  • 【東京ゲームショウ2013】キッカケは学生時代の思い出から『ぷよぷよテトリス』細山田プロデューサーインタビューの画像
    【東京ゲームショウ2013】キッカケは学生時代の思い出から『ぷよぷよテトリス』細山田プロデューサーインタビュー
  • 【東京ゲームショウ2013】キッカケは学生時代の思い出から『ぷよぷよテトリス』細山田プロデューサーインタビューの画像
    【東京ゲームショウ2013】キッカケは学生時代の思い出から『ぷよぷよテトリス』細山田プロデューサーインタビュー
  • 【東京ゲームショウ2013】キッカケは学生時代の思い出から『ぷよぷよテトリス』細山田プロデューサーインタビューの画像
    【東京ゲームショウ2013】キッカケは学生時代の思い出から『ぷよぷよテトリス』細山田プロデューサーインタビュー
  • 【東京ゲームショウ2013】キッカケは学生時代の思い出から『ぷよぷよテトリス』細山田プロデューサーインタビューの画像
    【東京ゲームショウ2013】キッカケは学生時代の思い出から『ぷよぷよテトリス』細山田プロデューサーインタビュー

誰もが知っている2大パズルゲーム『ぷよぷよ』と『テトリス』、まさかのコラボレーションで実現した新作パズルゲームが『ぷよぷよテトリス』です。今回はその仕掛け人であるセガの細山田水紀プロデューサーにお話を訊いてきました。

―――まず『ぷよぷよ』と『テトリス』の組み合わせを思いついたキッカケを教えてください
細山田:『ぷよぷよ』を担当する以前から考えていて、7~8年くらい前に出た企画のひとつでした。高校生の頃、『ぷよぷよ』で対戦して負けた時に「『テトリス』なら負けないのに!」って過去の記憶があって、それが僕の心の中にずっと残っていたんでしょうね。2006年~2007年位には原案みたいなものはありましたが、『ぷよぷよ』シリーズの発売するタイミング、『テトリス』の版権など様々な事情がありましたが、一番いいタイミングで『ぷよぷよテトリス』を発表することができました。

―――発表後の反応は凄かったですね
細山田:若干、みどりぷよのTwitter(ぷよぷよ公式Twitterアカウント)がハードルをあげてまって申し訳ないです(笑) 「ぷよぷよとテトリス、どっちが強いんだろうね?」ぐらいの雰囲気かなぁと思っていたのですが、予想以上に反響が大きくてビックリしました。ありがとうございますと言うのが素直な本音です。コアな『ぷよぷよ』ファンの方からは「オリジナルの新作を出してほしい!」という声が当然あると思うのですが、でも『テトリス』を盛り上げてみたいという思いもありまして。TGS会場で試遊の様子を見ていましたが、反応は良かったのでこの方向で良かったのかなと自信に繋がりました。

―――私も先程プレイさせてもらいましたが、「テトリス」を自分がプレイして、対戦相手が「ぷよぷよ」を遊んでいる。異なるパズルゲームで対戦って不思議な印象を受けました
細山田:今回TGSで試遊できるのは「クラシックス」という一番ストイックに遊べるルールです。『ぷよぷよ』はもちろんですが、他社が発売してきた『テトリス』も色々なルールがありますよね。『ぷよぷよテトリス』ではどこまでできるか・・・ですね。

―――3DSとPS Vita、そしてWii UとPS3、最初からマルチプラットフォームで展開するのですね
細山田:ぷよじかんテレビなどでも言っていましたが、日本全国を盛り上げたい思いがあります。出来る限りたくさんの機種で展開したいですし、もっと他の機種でもやってほしいと言う声もありますが、正直現状が限界ですね。順番に発売(※)と言う選択肢もありましたが、今回は一気に盛り上げよう!と言うことで、4機種同時展開にしました。

※『ぷよぷよ!!』の時は、DS版が夏に先行発売し、3DS、Wii、PSPの3機種が冬に発売されました。

―――対戦モードは最高8人で遊べるんですか?
細山田:いえ、今回は最大4人です。全員がぷよぷよ、全員がテトリスといった対戦も可能です。また、「ぷよぷよ3人」対「テトリス1人」、と言った遊び方もできますよ。もちろんオンライン対戦も可能です。

―――プラットフォーム独自の専用モードなどは考えているのですか?
細山田:今の時点ではどの機種でもきちっと遊べることを第一に考えています。あれこれしたいなぁとは思っているものの、現段階では出来るかどうか何とも言えない感じですね。

―――HDゲーム機では『ぷよぷよ』初登場ですが、この辺についてはどうでしょう?
細山田:元々HDゲーム機で『ぷよぷよ』を作りたいとは思っていたのですが、色々な問題があってずっと出来なくて。今回作ってみて、大きい画面でみんなでワイワイ遊べるのはいいなぁと思いましたね。あと意外と『ぷよぷよ』と『テトリス』を遊んだことが無い人って多いんですよ。最後にプレイしたのはいつかと聞くと、ゲームボーイやメガドライブ以来とか。「ぷよりん」と言うおもちゃで遊んでたと言う話もありました。対人戦自体をやったことが無い人も結構多いみたいです。

―――話が少し変わりますが、最近『ぷよぷよ!! ミニバージョン』が「ニンテンドーeショップ」で好調なセールスになっていますね
細山田:今って、スマートフォンでF2Pで遊べるじゃないですか。弊社でも『ぷよぷよ!!クエスト』を展開しています。『ぷよぷよ』をフルプライスでいきなり買って遊ぶのではなく、段階的に遊んでもらえたらなと。全部は遊べないけど、ちょっと遊ぶ分に丁度いいのが『ぷよぷよ!!ミニバージョン』です。社内の反対もありましたが、ちゃんと『ミニバージョン』を作って『ぷよぷよ』全体を盛り上げていきましょうと話をしました。なので、いま凄く遊んでもらっているのは嬉しいです。あと『ぷよぷよ!!』体験版も凄いダウンロード数になっています。『ぷよぷよテトリス』発表してからの相乗が大きいですね。最終的には『ぷよぷよテトリス』を買ってもらえたらいいなぁと(笑)

―――最後に発売を楽しみに待っているファンへメッセージをお願いします
細山田:まだ公開してない情報もたくさんあって、ゲームも全部できあがっている訳ではありません。TGSの反応やネットの反響を見て、できることをしたいと思います。『ぷよぷよテトリス』をたくさんの人に遊んでもらうのは当然ですが、『ぷよぷよ』が20年、30年と長く遊んでもらいたい思いがあり、『テトリス』は来年30周年を迎えます。40年、50年続くよう盛り上げていきますのでよろしくお願いします。

―――ありがとうございました!


■番外編(インタビューこぼれ話)
―――今回のTGSでカーバンクルの着ぐるみが初登場しましたね
細山田:カーバンクルは『ぷよぷよ』シリーズで人気の高いキャラですからね。すけとうだらは好きな人もいれば嫌いな人もいる賛否両論あるキャラで・・・、きっと今頃すねている状態ですね。

―――アルル、アミティ、りんご、歴代主人公のコスプレスタッフも見かけました。ドラマCDや関連グッズの発売など、ゲーム以外の展開も最近h積極ですよね
細山田:ドラマCDやヴォーカルトラックスを発売していますが、あれは結構力技でやっていまして、仕事中じゃない時にアイディアを考えてました(笑) アクションパズルとして『ぷよぷよ』を遊ぶ人もいれば、キャラクターが好きで『ぷよぷよ』を遊ぶ人もいますよね。最近はグミを発売したり、ストラップやフィギュアなどグッズも多数展開していますが、監修は厳しく、クオリティの高い納得のいくものを可能な限り作っていきたいです。

『ぷよぷよテトリス』は、2014年発売予定で価格は未定です。

(C) SEGA
Tetris (R) & (C) 1985~2013 Tetris Holding. Tetris logos, Tetris theme song and Tetriminos are trademarks of Tetris Holding. The Tetris trade dress is owned by Tetris Holding. Licensed to The Tetris Company. Game Design by Alexey Pajitnov. Original Logo Design by Roger Dean. All Rights Reserved. Sub-licensed to Sega Corporation.

(Article written by まさと)

任天堂アクセスランキング


パッケージ画像
機種 WII U
ジャンル ACT/PUZ
発売元 セガ
開発元 セガ
発売日 2014年02月06日
プレイ人数 1〜4人プレイ対応