人生にゲームをプラスするメディア

ソニーの元広告代理店Deutsch LAが任天堂と契約 ー グローバルマーケットを担当

任天堂 Wii U

任天堂ロゴ
  • 任天堂ロゴ
Interpublic GroupのDeutsch LAが、任天堂の広告代理店として新たに加わることが判明しました。

Deutsch LAは、プレイステーションの広告代理店を5年務め、主に日本以外のグローバルマーケットを担当していた会社です。海外メディア「Adweek」が伝えるところによると、今後同社は任天堂の広告代理店としてデジタルおよびソーシャルメディアマーケティングを担当。それに加え、eコマースや従来の任天堂ゲームの広告なども手掛けると発表されています。

記事では、任天堂が今回の選定の前に5つの会社を候補にあげていたことも紹介しており、Deutsch LAはこの契約で500万ドル以上の収益が見込めるとしています。米国任天堂は昨年8,200万ドルをメディアに対し費やしており、うち1,800万ドルがデジタルメディアだったことがマーケティングリサーチ会社「カンター」の調査で明らかになっています。

なお、ソニーは今年に入ってから広告代理店をDeutsch LAから変更。現在はBBH New Yorkがグローバルマーケティングを担当しています。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

    【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  2. 『スーパードンキーコング』水中ステージBGMのメタル風カバー曲!これは良い…

    『スーパードンキーコング』水中ステージBGMのメタル風カバー曲!これは良い…

  3. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

    土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  4. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  5. 『ポケモン サン・ムーン』またもや恐怖のポケモンが登場…怨念が砂に宿り人の生気を吸う「スナバァ」とは

  6. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

  7. ゲーム作成&配信可能な3DS『RPGツクール フェス』発表! 配信されたゲームは『ツクールプレイヤー』でプレイ可能

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』発表! 3DSにシリーズ初登場…「まったく新しいパワプロ」

  10. 『ポケモン』「イーブイ」のぬいぐるみ型PCクッションが登場、ぎゅっと抱きしめながら快適な作業が可能

アクセスランキングをもっと見る

page top