人生にゲームをプラスするメディア

ソニーの元広告代理店Deutsch LAが任天堂と契約 ー グローバルマーケットを担当

任天堂 Wii U

任天堂ロゴ
  • 任天堂ロゴ
Interpublic GroupのDeutsch LAが、任天堂の広告代理店として新たに加わることが判明しました。

Deutsch LAは、プレイステーションの広告代理店を5年務め、主に日本以外のグローバルマーケットを担当していた会社です。海外メディア「Adweek」が伝えるところによると、今後同社は任天堂の広告代理店としてデジタルおよびソーシャルメディアマーケティングを担当。それに加え、eコマースや従来の任天堂ゲームの広告なども手掛けると発表されています。

記事では、任天堂が今回の選定の前に5つの会社を候補にあげていたことも紹介しており、Deutsch LAはこの契約で500万ドル以上の収益が見込めるとしています。米国任天堂は昨年8,200万ドルをメディアに対し費やしており、うち1,800万ドルがデジタルメディアだったことがマーケティングリサーチ会社「カンター」の調査で明らかになっています。

なお、ソニーは今年に入ってから広告代理店をDeutsch LAから変更。現在はBBH New Yorkがグローバルマーケティングを担当しています。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  6. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  7. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  8. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  9. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  10. 3DS/スマホ『レディレイトン』発表!シリーズ最新作は“レイトン教授の娘”の物語

アクセスランキングをもっと見る

page top