人生にゲームをプラスするメディア

「アトラス」のスポンサーはセガサミーに内定か・・・複数報道

ゲームビジネス その他

日本経済新聞ブルームバーグは、「アトラス」ブランド抱えるインデックスのスポンサーにセガサミーホールディングスが内定したと報じました。

携帯電話向けコンテンツ配信で急成長したインデックスは、M&Aを通じて事業を拡大、最盛期には売上高が1000億円を超えましたが、買収事業の利益貢献は薄く、苦戦を強いられてきました。一時は日本振興銀行グループとの協力関係で経営再建を図りましたが、同行の破綻もあり頓挫していました。

M&Aした事業を次々に売却していったインデックスですが、同社が合併を後押ししたタカラトミーの傘下(もともとはタカラ傘下)にあったアトラスは継続して保有し、2010年には完全子会社化。その後は「アトラス」ブランドによる家庭用ゲーム事業、インデックス本体によるソーシャルゲーム事業やモバイル関連事業を営み、ゲームが主力となってきました。

特に「アトラス」ブランドは、「ペルソナ」シリーズのメディアミックス展開や、依然として高い人気を続けている「真・女神転生」シリーズなどで現在でも高い評価を受けています。

しかし、本年6月に循環取引を用いた粉飾決算の疑いで証券等監視委員会の強制捜査を受け、自主再建を断念。同月、民事再生手続の開始を申し立て、スポンサー企業の選定を行ってきました。

8月には第1次入札を実施し、多数の入札と2次入札に向けた候補数社を選定したことを明らかにしていました。スポンサー企業については本日午後にも発表と報道されています。
《編集部》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スポーツ選手用VRトレーニングツール登場…第1弾のテーマは「野球」

    スポーツ選手用VRトレーニングツール登場…第1弾のテーマは「野球」

  2. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

    元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  3. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  4. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  5. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  6. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  9. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

  10. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

アクセスランキングをもっと見る

page top