人生にゲームをプラスするメディア

『大乱闘スマッシュブラザーズX』などWiiの人気タイトルを低価格で!英国任天堂、4作品を「Nintendo Selects」ラインナップに追加

任天堂 Wii

海外版『大乱闘スマッシュブラザーズX』
  • 海外版『大乱闘スマッシュブラザーズX』
  • 海外版『マリオカートWii』
  • 海外版『ポケパークWii~ピカチュウの大冒険~』
  • 海外版『ドンキーコング リターンズ』
英国任天堂は、人気タイトルをリーズナブルな価格で提供する「Nintendo Selects」ラインナップに『マリオカートWii』を含む4タイトルを新たに追加することを発表しました。

先日米国任天堂が『スーパーマリオギャラクシー2』といったタイトルの価格改定を行ったことをお伝えしましたが、英国任天堂もこれに続く形でクリスマスシーズンを視野にいれた動きをみせ、『マリオカートWii』、『大乱闘スマッシュブラザーズX』、『ドンキーコング リターンズ』、『ポケパークWii~ピカチュウの大冒険~』の4タイトルを「Nintendo Selects」ラインナップに加えることを明らかにしました。価格改定は10月18日からで、約半額に近い19.99ユーロ(約2,600円)の価格で購入することができます。

「Nintendo Selects」は豊かなゲームプレイ体験ができる一流タイトルを海外任天堂版がセレクトし、手に取りやすい価格でリリースするラインナップのことで、いわゆる「ベスト版」に似た試みのひとつです。

まだ遊んでいないタイトルがある、という人には嬉しいこのチョイス。Wii Uが発売されてからもまだまだWiiタイトルは現役であると再認識させられますね。

(C) Nintendo
《Ami》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  7. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  8. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  9. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  10. 【Wii U DL販売ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』、『マリオテニス64』などのVCが初登場ランクイン(7/25)

アクセスランキングをもっと見る

page top