人生にゲームをプラスするメディア

2014年1月23日に発売が決定した 『ゲームセンターCX 3丁目の有野』のPVが公開─ 有野の挑戦in武道館のチケット販売も直前

任天堂 3DS

『ゲームセンターCX 3丁目の有野』発売日決定
  • 『ゲームセンターCX 3丁目の有野』発売日決定
  • 公開されたPVには、有野課長がアイディアを出す場面も
  • 『ルーミーと魔法のホウキ』
  • お掃除で敵を倒す軽快なアクションゲーム
  • 魔法使いのウェーブに当たると、左右が反転に
  • 懐かしの横スクロールシューティング『Wing Hero』
  • 息を吹きかけると復帰するシステムも、課長のアイディアから
  • 横スクロールアクション『ザウルスボーイ』
バンダイナムコゲームスは、ニテンンドー3DSソフト『ゲームセンターCX 3丁目の有野』の発売を決定したと発表しました。

「有野課長」ことお笑いコンビ・よゐこの有野晋哉氏が、数々のレトロゲームに挑戦する姿が人気を博している、フジテレビ系列の人気バラエティ番組「ゲームセンターCX」。これまで、本番組をモチーフとしたゲーム化が過去に2度行われており、どちらもDSでリリースされ、好評をもって迎えられました。

ゲーム化第3弾の発表は既に行われていましたが、このたび正式にタイトルなどが決定しました。3作目となるゲーム化であり、シリーズ初の3DSリリースとなる『ゲームセンターCX 3丁目の有野』が、2014年の1月23日に発売となります。

このたびの発表と同時に、「ゲームセンターCX 3丁目の有野 第1弾PV」も公開となりました。PV内では、収録される多数のゲーム映像だけでなく、有野課長も出演して様々なアイディアを出す様子なども収められています。またそのアイディアが採用され、ゲーム内に反映されている場面もあるので、興味がある方はご覧ください。

現時点で本作への収録が判明しているのは、お掃除で敵を倒す軽快なアクションゲーム『ルーミーと魔法のホウキ』、墜落時には息を吹きかけることで復帰できるユニークなシューティング『Wing Hero』、恐竜の着ぐるみを切り替えて特殊能力を駆使する『ザウルスボーイ』、戦略がものを言うアクションパズルゲーム『ソーマの秘宝』、ブロック崩し風対戦スポーツゲーム『BREAK SHOOT』、ブロックをかわしてひたすら登り続ける『登郎』の6タイトルとなります。更なる収録タイトルの発表も含め、続報が待ち遠しいばかりです。

なお、ゲーム化第3弾となる本作は「ゲームセンターCX」10周年を記念するプロジェクトの一環となります。ゲーム化以外にも、有野課長がたった1人で武道館に立ち、大観衆を前に生放送にチャレンジするという「ゲームセンターCX 有野課長の挑戦 in 武道館」の開催を11月5日に予定しています。

「ゲームセンターCX 有野課長の挑戦 in 武道館」の観戦を希望する方は、チケットぴあの一般販売が9月14日の10時から開始されるので、お早めの申し込みをお勧めします。

現在も好評放送中の「ゲームセンターCX」は、武道館にゲーム化と、その活躍の幅を拡げるばかり。来年早々に登場する『ゲームセンターCX 3丁目の有野』が、どのようなレトロ感で懐かしさと楽しさを提供してくれるのか、期待しながら今度の冬を待ちましょう。


YouTube 動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=StvuOxI65vQ

『ゲームセンターCX 3丁目の有野』は、2014年1月23日発売予定。価格は、通常版が5,480円、限定版が7,480円です。

(C)FUJI TELEVISION / ガスコイン・カンパニー
(C)2013 NBGI
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  5. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  6. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  7. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 【Wii U DL販売ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』、『マリオテニス64』などのVCが初登場ランクイン(7/25)

  10. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

アクセスランキングをもっと見る

page top