人生にゲームをプラスするメディア

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』PS Vitaで描かれる、魔法少女たちの新たな物語

ソニー PSV

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』 ティザーサイトショット
  • 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』 ティザーサイトショット
バンダイナムコゲームスは、PS Vitaソフト『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』の発売を決定し、ティザーサイトをオープンしました。

2011年に放映されたTVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」は、精緻に練り込まれた構成に先を予想させない展開、驚愕の決着などで、視聴者の心を掴み、多くの熱心なファンを生みました。その人気の高さは、スピンオフを含めたいくつものコミカライズやノベライズに加え、TV放映の総集編に当たる前編と後編、そして今年10月に公開を予定している「[新編]叛逆の物語」と、計3本もの劇場版が制作されるほどです。

「魔法少女まどか☆マギカ」の影響はゲーム業界にも及び、2012年3月にはアドベンチャー・ダンジョンRPGというジャンルで、『魔法少女まどか☆マギカ ポータブル』がPSPにてゲーム化されました。

そしてこのたび、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』がPS Vitaにリリースされることが決定し、ティザーサイトも公開となりました。なおジャンルは、前作から大きく変化し、3Dアクションとなります。

ジャンルも変更されましたが、プラットフォームもPSPからPS Vitaへとバトンタッチされたことで、グラフィック面のみならず、演出や操作性などの様々な要素が、最新携帯機で快適に楽しめることでしょう。

この他に現在判明している情報は、5人の魔法少女を操り、爽快な魔法アクションを楽しめるという点のみです。その5人が誰を指すのかは明らかになっていませんが、主人公である「鹿目 まどか」をはじめ、TVアニメでも活躍した主要な魔法少女たちが、本作のプレイキャラクターとして楽しめるのではないかと思われます。

これ以上の詳細に関してはまだ明かされていませんが、「東京ゲームショウ2013」への試遊出展が決定しているので、情報公開に先駆けて、会場へ直接体験しに行くというのも一興かもしれません。

TVアニメが終わってから2年経過しても、「魔法少女まどか☆マギカ」の人気は衰えるところを知らず、根強い支持が様々な業界に影響を与え続けています。そして今後は『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』が、その熱を更に盛り上げてくれることでしょう。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』は、2013年冬発売予定。価格は未定です。

(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project
(C)NAMCO BANDAI Games Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

    【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  2. 『DARK SOULS III』DLC第2弾「THE RINGED CITY」3月28日配信!本編+DLCのオールインバージョンも発売決定

    『DARK SOULS III』DLC第2弾「THE RINGED CITY」3月28日配信!本編+DLCのオールインバージョンも発売決定

  3. 『DOA Xtreme 3』PSVR専用モード「VRパラダイス」は1月24日配信に、製品版を持っているユーザーには期間限定で無料配布

    『DOA Xtreme 3』PSVR専用モード「VRパラダイス」は1月24日配信に、製品版を持っているユーザーには期間限定で無料配布

  4. 「SIE PlayStation VRタイトルセール」、26日よりPS Storeにて開催―最大50%OFF!

  5. 日本一ソフトウェア、デスゲームADV『追放選挙』発表! 妹を殺した9人に復讐せよ

  6. 『バイオハザード7』序盤ストーリーダイジェスト公開―無料DLC「Not A Hero」の情報も

  7. 『死印』“シルシ”の呪いから生き延びろ─死を突きつけられる物語や鍵を握る西洋人形「メリイ」など公開

  8. 『FGO』のマシュとVRで会える! PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表

  9. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  10. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

アクセスランキングをもっと見る