人生にゲームをプラスするメディア

『龍が如く 維新!』バトルシステム公開、さらにトライエース開発の『ファンタシースターノヴァ』の概要が明らかに

ソニー PS4

セガ 東京ゲームショウ2013 特設サイト『龍が如く 維新!』
  • セガ 東京ゲームショウ2013 特設サイト『龍が如く 維新!』
  • セガ 東京ゲームショウ2013 特設サイト『ファンタシースター ノヴァ』
セガは、「東京ゲームショウ2013」へ出展する同社のタイトルなどをまとめた特設サイトにて、『龍が如く 維新!』などの最新情報を公開しました。

2013年9月19日から22日の期間に、幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2013」。様々な企業がそれぞれソフトを出展し、ファンのみならずゲーム業界全体から注目を集めています。

各社が、来週行われる「東京ゲームショウ2013」へ向けて情報を公開していますが、このたびセガも特設サイトを設置して、出展ラインアップの発表やスタジオプログラムなどの公表を行いました。セガのラインナップだけでも2桁にのぼるタイトルを予定していますが、その出展紹介の中にある『龍が如く 維新!』と『ファンタシースター ノヴァ』に関して新たな情報が公開されていたので、紹介いたします。

「真実を越える「坂本龍馬」がここにある」 ─ 坂本龍馬と斎藤一が同一人物という大胆な発想を取り入れたPS4/PS3ソフト『龍が如く 維新!』は、日本という国が大きく変わろうとしていた幕末を舞台に、これまで培ってきた『龍が如く』シリーズの魅力や技術力をふんだんに詰め込んだスピンオフ作品です。

このたび判明したのは、ゲーム性の中核とも言えるバトル部分。ナンバリングシリーズで積み上げてきた「ケンカバトル」の爽快さはそのままに、幕末という時代設定ならではのバトルシステムとして、「刀」と「銃」に「拳」、そしてそれらを組み合わせた「4つの型」が基本となります。

これまで『龍が如く』のメインシリーズでも銃や刀は出てきましたが、あくまで補助的なものに過ぎず、ガチの殴り合いが主体でした。そのバトルシステムを継承しつつ、どのようなアクションへと進化するのか。今はこの情報を元に、想像を楽しんでおきましょう。

『ファンタシースター ノヴァ』は、セガを代表するRPG『ファンタシースター』シリーズの新たなプロジェクトとして、PS Vitaで始動するタイトル。好評サービス中のオンラインゲーム『ファンタシースターオンライン2』と世界観を共通させながらも、『ファンタシースター ノヴァ』は異なる方向性をユーザーに提供します。

このたび明かされた『ファンタシースター ノヴァ』の新情報は、アドホック通信を使った4人協力プレイの判明や、濃密に描く物語性などを重視する作りを目指しているという点。また開発は、数々の人気RPGを手がけてきたトライエースが担当とのこと。セガとトライエースがタッグを組むのは、『エンド オブ エタニティ』以来となり、この2社が生み出すシナジー効果が新たな『ファンタシースター』の可能性を広げてくれることでしょう。

既に発表されている「東京ゲームショウ2013」セガブースのタイムテーブルには、この2タイトルはもちろん、他にも多数の興味深いタイトルが名を連ねています。近隣にお住まいの方は、『龍が如く 維新!』に『ファンタシースターノヴァ』、そして多数のセガラインナップの魅力を覗きに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

『ファンタシースター ノヴァ』は2014年発売予定。価格は未定です。
『龍が如く 維新!』は2014年2月22日発売予定。価格は未定です。

(C)SEGA
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ストリートファイターV』ゼニー廃止に伴う追加補填が発表、バトルコスチューム配布へ

    『ストリートファイターV』ゼニー廃止に伴う追加補填が発表、バトルコスチューム配布へ

  2. 「PS4本体+ソフトを収納するスタンド」発売決定…レトロゲーム機向けアクセサリーなども

    「PS4本体+ソフトを収納するスタンド」発売決定…レトロゲーム機向けアクセサリーなども

  3. 『シェンムー3』クラウドファンディング始動から1年、鈴木裕が開発状況を報告

    『シェンムー3』クラウドファンディング始動から1年、鈴木裕が開発状況を報告

  4. PS4/PS3『ブレイブルー セントラルフィクション』PV公開、初公開のイベントや「Es」のバトルをチェック

  5. 【PS4 DL販売ランキング】『バトルフィールド 4』連続首位、『初音ミク Project DIVA Future Tone』初登場ランクイン(6/29)

  6. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  7. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  8. 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに

  9. 『アイマス プラチナスターズ』新たなゲームシステムからイベント情報まで一挙判明! DLCや新CDなどの展開も

  10. 【インタビュー】『ベルセルク無双』の圧倒的なダークファンタジーへの挑戦とは

アクセスランキングをもっと見る

page top