人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2013】インディーズゲームコーナーやセンス・オブ・ワンダーナイトなど、6つの国際的な企画が実施

ゲームビジネス その他

「東京ゲームショウ2013」メインビジュアル
  • 「東京ゲームショウ2013」メインビジュアル
東京ゲームショウ2013にて、6つの国際的な企画が実施されることが発表されました。

今回の東京ゲームショウでは、8月30日時点での出展社数342社のうち、153社が海外出展となり、昨年の約 1.8倍に増加しました。また、来場についても、海外からのビジネスデイ事前登録数や一般公開日チケットの販売数が昨年同時期比で上回っており、東京ゲームショウに対する海外からの注目が高まっています。これらの期待に応えるべく、6つの企画が実施されることが決定しました。

■インディーズゲームコーナー[初開催]
ゲームの流通形態が変化するなかで、世界的なムーブメントを巻き起こしているインディペンデントゲーム開発者。プロ/アマ、法人/個人、国籍を問わず、世界13カ国・地域から41のインディペンデントゲーム開発者がオリジナルタイトルを出展します。

場所:ビジネスデイ=ホール 4、一般公開日=ホール 9(ビジネスデイと一般公開日で場所が変わります)
協力:IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本)

■センス・オブ・ワンダーナイト[6回目]
今年で6回目の開催となるゲームアイデア発掘イベント「センス・オブ・ワンダーナイト 2013、以下SOWN2013」では、本年5月から作品の募集を行い、昨年の75件を大きく上回る過去最多となる125件の応募の中から、10作品を選定しました。今年は、日本から4作品、アメリカから3作品、オーストラリア、スイス、台湾から各1作品がプレゼンテーションされます。SOWN2013の模様は、公式動画配信チャンネルによる生中継も行う予定です。また、9作品については、今年新設される「インディーズゲームコーナー」内で9月21日(土)と22日(日)に開発者の説明を受けながら、実際に試遊することができます。

日時:9月20日(金)17:30~20:00(終了予定)
場所:ホール7「Cyber Games Asia」特設ステージ
協力:国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)
協賛:任天堂、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン
※同会場に入場するには、ビジネスデイ来場者バッジ、プレスパスなどが必要です。
※プレスパス発行には事前登録が必要です。公式ウェブサイト[メディアの方へ]をご覧ください。

■Cyber Games Asia[2回目]
eスポーツゲーム競技会「Cyber Games Asia」(CGA:サイバー・ゲームズ・アジア)は、日本を含むアジア地域からトップ選手やチームを招へいし、東京ゲームショウ2013会場で競技を繰り広げる国際的な大会であり、世界へ羽ばたく日本のトッププレイヤーを決定する大会です。

開催日:9月21日(土)~22日(日)
場所:ホール 7特設会場
主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)/日経BP社
協力(運営担当):テクノブラッド
協賛:ALIENWARE(オフィシャル・競技 PC・サプライヤー)、WARGAMING JAPAN、LG Electronics Japan (オフィシャル・モニター・サプライヤー)、ジェイアイエヌ、ネクソン、めぐりズム、Razer(オフィシャル・ゲーム・デバイス・サプライヤー)、ルームワークス(オフィシャル・競技用チェア・サプライヤー)(50音順)

◆全体スケジュール(スケジュールは変更する場合があります)
・9月21日(土)10:00~17:00(予定)「サドンアタック・日韓エキシビジョンマッチ 2013」
『サドンアタック』は日本で高い人気を誇る FPSです。その『サドンアタック』において日本と韓国それぞれのトップによって繰り広げられる日韓対抗戦の参加権を賭けた国内代表決定戦を行います。勝ったチームは10月に世界でもトップクラスの腕前を持つ韓国代表チームに直接対決を挑みます。
大会運営:ネクソン

・9月22日(日)10:30~13:00:「Cyber Games Asia」
運営・進行:テクノブラッド/協力:RaptureGames
人気格闘ゲーム『スーパーストリートファイター4AE』と『鉄拳タッグトーナメント2』のエキシビションマッチを行います。シンガポールから強豪プレイヤーを招へいして日本の代表選手とのハイレベルな戦いを繰り広げます! 本イベントの座席による観覧は、当日会場でも受け付けます。直接、会場までお越しください。

・9月22日(日)14:00~16:30: 「World of Tanks G-STAR日本代表決定戦」
2013年7月に日本に本格進出した WARGAMING JAPANを代表するタイトル「World of Tanks」が 2013年11月に世界大会を開催します。その日本代表を決定する大会です。
大会運営:WARGAMING JAPAN
運営協力:e-sports SQUARE

■Cosplay Collection Night @TGS[3回目]
日本発で海外でも大人気のコスプレをテーマとしたステージショウを開催します。日本最大のコスプレコミュニティサイト「Cure」がプロデュース。コスプレでのパフォーマンス、ファッションショウあり、ニコニコ動画で有名な踊り手のダンスありの新しいコスプレの魅力をお楽しみいただけます。タイ、ミャンマー、マレーシアの現地で開催したコスプレコンテストの優勝者が参加するほか、日本からもカリスマコスプレイヤーが勢ぞろいします。ご存知のキャラクターからレアなキャラクターのコスプレまで見応えのある90分。新感覚のコスプレショウをぜひ、ご覧ください。

日時:9月21日(土)18:30~20:00
場所:ホール8イベントステージ
出演者(敬称略):五木あきら、KANAME☆、Irvy(タイ)、RASIJES(タイ)、Akemi(ミャンマー)、Sky(マレーシア)、Yuan Cross(マレーシア)、スター☆ミューズ、VENaS_S、コスパフォ、踊り手チーム「タイタンズ」ほか約200名
プロデューサー(敬称略):乾たつみ(Cure)
MC(敬称略):綾川ゆんまお
DJ&MC(敬称略):WAN(コスプレヘブン/ヲタリズム/八百万機関)
映像制作:深澤俊樹(RawLight / HighLIKE)
主催:Curehttp://curecos.com/

◆観覧方法
「Cosplay Collection Night」をご覧いただくためには、整理券が必要になります。整理券は、9月21日(土)に9ホールの「コスプレコーナー」にて配布します。

■アジアニュースターズコーナー[2回目]
昨年、初めて設置した、「アジアニュースターズコーナー」は、日本以外のアジア圏の有望なゲームベンチャーや開発会社などゲーム業界の新星企業を、日本のゲーム業界へ紹介するコーナーです。今回はASEAN10カ国から60社(昨年:4カ国・8社)が出展します。

<インドネシア>
Agate Studio、Altermyth Game、Artoncode、LYTO INDONESIA、Touchten、Toge Interactiveインドネシアを代表するゲーム開発会社、パブリッシャーのほぼ全ての企業が出展。Web、クライアント、スマートフォンなど様々なプラットフォームの開発環境を整え、開発とパブリッシングを含めて、あらゆるニーズに対応したビジネスをサポートします。

<シンガポール>
SINGAPORE INDIE STUDIOS ゲーム産業の成長が見込まれる東南アジアのハブ、シンガポールからBoomzap、LambdaMu Games、Redhare Games、Daylight Studios、Inzen Studio、Witching Hours Studiosのインディー系ゲーム開発会社6社が出展します。

<タイ>
THAI GAME SOFTWARE INDUSTRY ASSOCIATION 非営利、非政府組織で、タイ国内のゲーム産業の発展支援、国内のコンピューター/ビデオゲームの知識向上、新しい世代のゲーム開発者・ゲームデザイナー・ゲームアーティストたちへの教育支援を主な目的としています。

<フィリピン>
Job and Esther Technologies マルチプラットフォーム対応ソフトウェア開発ツールを提供しています。1つのソースコードを使用して複数のOSに対応できるアプリケーションを作成できます。 同社が開発したソースコードトランスレーション技術を基盤にしており、各プラットフォームに合わせてネイティブ化できる環境を提供します。

<ベトナム>
GLASS EGG DIGITAL MEDIA ベトナムホーチミン市を拠点とするゲームアウトソーシングスタジオです。ゲーム内アートアウトソーシング(2Dおよび3D用、背景、キャラクター、車輛、その他のモデリング、テクスチャリング)を行っています。

<マレーシア>
Fun & Cool Ventures、Lemon Sky Animation、Sherman3D、Terato Tech 海外向けパブリッシングとゲーム開発を行うFun & Cool Ventures、ゲーム開発のSherman 3D、ゲームアセットと映像開発のPassion Republic、モバイルゲーム開発のAccurve Studios、ゲーム・アニメーションとFilm VFXの開発・パブリッシングのMediasoft Entertainment、ゲーム開発・パブリッシングのTerato Tech、モバイルゲーム開発・美術アウトソーシングのActive Art Design、ゲーム開発・アニメーション制作のLemon Sky Animationの8社が出展します。

上記のほか、日本アセアンセンターによるASEANブースに、加盟10カ国全てから36社/団体が出展します。

■国際ビジネス相談コーナー[4回目]
協力:JETRO、イマジカデジタルスケープ、ビジネスワイヤ・ジャパン
海外市場に進出を考える日本企業、日本市場で活躍の場を広げたい国内外のビジネスパーソンを対象に「ビジネスマッチング」「リクルートコンサルティング」「国際広報」の3つの機能を提供します。

<ビジネスマッチング>
開発パートナー、企業間でのアライアンスを検討されている方を対象にしたマッチングの相談を受けます。コンテンツ・版権の売買、日本のゲーム会社との取引、日本人材の獲得、日本企業への就職など。また、日本貿易振興機構(JETRO)は、ビジネスミーティングエリア(国際会議場2F)にて、日本のゲームコンテンツに関心のある海外のオンラインゲーム・モバイルゲーム企業を招き、ゲームビジネス商談会を開催します(参加募集は既に締め切りました)。同時にJETROは併催セミナー「海外パブリッシャーから見る日本ゲームの魅力と可能性」(無料)を9月20日(金)10時から実施します。


「東京ゲームショウ2013」は、2013年9月19日~9月22日までの4日間幕張メッセで開催予定です。

(C) 2002- 2013CESA / Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】『ガンダムVR ダイバ強襲』は絶叫アトラクションに近い!?君は生き延びる事が出来るか

    【レポート】『ガンダムVR ダイバ強襲』は絶叫アトラクションに近い!?君は生き延びる事が出来るか

  2. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  3. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

    『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  4. DMM GAMES、TGS 2016に出展決定!ファン必見のスペシャルサイトも公開

  5. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  6. ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

  7. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  8. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  9. HTC Vive、予約開始10分で15000台以上を販売…現在予約分は5月の出荷に

  10. ユービーアイソフト、政府系機関と連携して新ゲームエンジン開発に16億円を投資

アクセスランキングをもっと見る

page top