人生にゲームをプラスするメディア

ベニー松山氏、空白期間の500年を描く ─ 『ライトニングリターンズ FFXIII』のノベライズが11月21日に発売

その他 全般

『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』ロゴ
  • 『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』ロゴ
  • e-STORE 公式サイトショット
スクウェア・エニックスは、PS3/Xbox360ソフト『ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXIII』のノベライズを決定し、ベニー松山氏が著者であることを発表しました。

シリーズ初の3部作の最後を飾る『ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXIII』は、滅び行く世界にライトニングが降り立つところからその物語は始まり、世界ではなく人々の心を救う彼女の姿が描かれます。

ですが、この世界がカオスに侵食されてからライトニングが「ノウス=パルトゥス」に降り立つまでに、500年もの永きに渡る時間が経過しています。『ライトニングリターンズ FFXIII』ではそこから以後の時間軸で進むため、その間に何が起きたかを直接知る術はありません。

その空白期間とも言うべき時間を年代記の体裁で綴り、かつて世界を救った英雄たちが直面する絶望と、そして抗う数々の人間ドラマを描いたノベライズのリリースが、このたび発表されました。

著者のベニー松山氏は、コンピューターゲームのノベライズ黎明期に「小説ウィザードリィ 隣り合わせの灰と青春」を発表し、その完成度と原作再現度の高さから多くの読者を魅了したことでその名を馳せ、今日まで精力的にノベライズに携わってきた人物です。

原作の持ち味を生かした筆致で読者を容易く物語へと引き込み、丁寧に織り込まれた伏線や構成で新鮮な刺激や驚きを与えてくれるベニー松山氏が、『ライトニングリターンズ FFXIII』のノベライズを手がけるとなれば、寄せる期待は高まるばかりと言えます。

発売日は、『ライトニングリターンズ FFXIII』の同日となる11月21日。ゲームと同時に購入し、先に小説を読んでから遊ぶもよし、クリアしてから過去を振り返るのもまたよしです。ページ数は264ページ(予定)となっており、ボリュームもたっぷり。価格は、980円(税込)となっています。

なお余談になりますが、ベニー松山氏はTwitterアカウント上で、処女作の「隣り合わせの灰と青春」と続編に当たる「風よ。龍に届いているか」を例に上げ、小説を書く際の自身の取り組み方について語っています。



この後もつぶやきは続いており、建て増し式に関しては、何の意図もなく書いていた描写が伏線として突然繋がることなどがあり、「こういうことがあるからものを書くのってやめらんない」とも述べています。

作品に取りかかるに当たって、2種類の取り組み方を使い分けているベニー松山氏。今回のノべライスがどちらのスタイルで書かれたものなのか、いつか機会があれば教えて欲しいものですね。

(C)2013 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到…市当局の取った対応とは、島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、「ダンまち」ヘスティアが1/4スケールフィギュア化、…など(7/29)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到…市当局の取った対応とは、島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、「ダンまち」ヘスティアが1/4スケールフィギュア化、…など(7/29)

  2. 島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの  どこががすばらしいのかを  トンコさんに教えてあげたい

    島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの どこががすばらしいのかを トンコさんに教えてあげたい

  3. 『イナズマイレブン アレスの天秤』円堂の参戦は? おひさま園はどうなった? 気になる質問に日野晃博が返答

    『イナズマイレブン アレスの天秤』円堂の参戦は? おひさま園はどうなった? 気になる質問に日野晃博が返答

  4. 「響け!ユーフォニアム2」新ビジュアル公開!爽やかな青空をバックに少女たちが集結

  5. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  6. 随所が“ビッグスケール”に…「ダンまち」の「ヘスティア」が1/4スケールでフィギュア化

  7. 劇場版「モンスト」めくってびっくりのオリジナルシールチラシ完成

  8. 「刀剣乱舞-花丸-」へし切長谷部のキャラクタービジュアル公開

  9. 全編主観視点のFPS風映画「Hardcore Henry」が日本上陸!カナザワ映画祭2016にて爆音上映決定

  10. 『イナズマイレブン アレスの天秤』バージョンの“豪炎寺修也”公開! 頭身の上がったイラスト公開

アクセスランキングをもっと見る

page top