人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2013】インディーズゲームとゲーム実況を融合させたステージイベント「インディーズゲームフェス2013」開催決定

ゲームビジネス その他

インディーズゲームフェス2013
  • インディーズゲームフェス2013
  • 【東京ゲームショウ2013】インディーズゲームとゲーム実況を融合させたステージイベント「インディーズゲームフェス2013」開催決定
  • 東方輝針城 ~ Double Dealing Character.
  • アスタブリード
  • ヤタガラス4.3
  • 【東京ゲームショウ2013】インディーズゲームとゲーム実況を融合させたステージイベント「インディーズゲームフェス2013」開催決定
  • ダウンタウン熱血どっじぼーる
  • 幽閉サテライト
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、千葉県の幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2013にて「インディーズゲームフェス2013」を行うと発表しました。

これは、独立系のゲーム開発者やクリエイターによって制作された「インディーズゲーム」と、急激な盛り上がり見せている「ゲーム実況」を融合させた、新しいスタイルのステージイベントです。メジャータイトルのお披露目の場であり、日本におけるゲームの一大イベントである東京ゲームショウにおいて、インディーズゲーム開発者、ニコニコ生放送等で人気のゲーム実況プレイヤー、ゲーム業界のベテランクリエイターらが一堂に集まり、熱狂的かつ今までにないステージイベントを繰り広げます。

今回、ステージ内容&ゲームタイトルと、出演するゲストの一部が公開されました。

■9月21日(土)ステージ・ゲームタイトル
◆最強実況プレイ 1st STAGE(10:50~11:40)
怪物コンテンツ「東方Project」開発者である「上海アリス幻樂団」のZUN氏と、ハイクオリティなシューティングゲームを開発しつづけている同人ゲームサークル「えーでるわいす」のなる氏がステージに登場!シューティングゲームを愛してやまない男たちの見逃せないライブトークがはじまる!
【ゲーム作品(出演開発者)】 『東方輝針城』(上海アリス幻樂団) / 『∀kashicverse-Malicious Wake-』(エンドレスシラフ) / 『アスタブリード』(えーでるわいす)

◆東方Projectスペシャルライブステージ TRACK.01 : "幽閉サテライト"(13:05~13:20)
東方Projectのヴォーカルアレンジライブ、先陣を切るのは東方オンリーの音楽イベント「幽閉樂祭」主催で有名なあのサークル!

◆インディーズゲーム・エキシビジョンマッチ feat.ヤタガラス(13:20~13:55)
名作格闘ゲーム「ザ・キング・オブ・ファイターズ」を開発したドット職人が送る、21世紀最新の2Dドット格闘ゲームがあった!プロゲーマーであるハイタニ氏を招き、実況プレイヤーとの激闘(?)が繰り広げられる!
【ゲーム作品(出演開発者)】『ヤタガラス』(ヤタガラス開発チーム)

◆東方Projectスペシャルライブステージ TRACK.02 : "A-One"(14:05~14:20)
疾走感あふれるユーロビート・アレンジならこのサークルの十八番!A-Oneが参戦!TOHO EUROBEATにドライブせよ!

◆東方Projectスペシャルライブステージ TRACK.03 : "Plutinum Crest powered by Silver Forest"(15:00~15:15)
東方ヴォーカルアレンジ界なら知らぬ者はいない、心に熱を秘めてSilver Forestの歌姫たちが登場!

◆東方Projectスペシャルライブステージ TRACK.04 : "セブンスヘブンMAXION+MHS"(15:55~16:10)
ほとばしるパトスが魂に響く、身を焦がす情熱の旋律を聴け!セブンスヘブンMAXION+MHSがステージに降り立つ!

■9月22日(日)開催ステージ・ゲームタイトル
◆最強実況プレイ 3rd STAGE(10:50~11:40)
日本のインディーズゲーム開発の最前線、ストイックに情熱を燃やし、ものづくりを続けるクリエイターがお出まし!今の日本で自由にゲームをつくるとはこういうことだ!
【ゲーム作品(演出開発者)】『LA MULANA』(NIGORO) / 『モンケン』(チーム・モンケン) / 『CaveStory+』(開発室Pixel)

◆東方ProjectスペシャルライブステージTRACK.05 : "ZYTOKINE"(13:05~13:20)
シシンセサイザーの奏でるデジタル・サウンドがオープニングを盛り上げる!ZYTOKINEのアレンジャー「隣人」氏がNana Takahashiを擁して颯爽登場!

◆インディーズゲーム・エキシビジョンマッチ feat.東方心綺楼(13:20~13:55)
「東方Project」第13.5作目、黄昏フロンティアによる対戦弾幕アクションゲームを黄昏フロンティアスタッフ、ゲーム実況プレイヤー、プロゲーマー、そして博麗神主ZUNが(?)エキシビジョンマッチ!幻想郷で繰り広げられる果てなき宗教戦争をキミは目撃する!
【ゲーム作品(出演開発者)】『東方心綺楼 ~ Hopeless Masquerade.』(黄昏フロンティア)

◆東方ProjectスペシャルライブステージTRACK.06 : "EastNewSound"(14:05~14:20)
EastNewSoundがトランス・アレンジで魅せる!彼らが追求しつづける音の波動がステージと観客を包み込む!

◆東方ProjectスペシャルライブステージTRACK.07 : Riverside(15:00~15:15)
駆け抜けるサウンド、響くヴォーカルが胸の内奥まで突き刺さる!Riversideのきらめく旋律を耳に刻め!

◆東方ProjectスペシャルライブステージTRACK.08 : "SOUND HOLIC"(16:40~16:50)
ライブのラストを飾るは東方ヴォーカルアレンジ界の最大手サークルのひとつ、SOUND HOLIC!ヴォーカルはもちろんこの方、Nana Takahashi!

■主なインディーズゲームのご紹介
◆『東方輝針城 ~ Double Dealing Character.』 (上海アリス幻樂団)
弾に当たるとミスとなる、オーソドックスな弾幕シューティングです。

◆『アスタブリード』 (えーでるわいす)
サイドビュー、トップビューと次々に視点が変化していく2.5Dメカシューティングゲーム。グラフィックス、サウンド、そしてゲームプレイ、全てを高いクォリティで。インディーでもこのくらいやれるということに挑戦したかったタイトルです。

◆『ヤタガラス4.3』 (ヤタガラス開発チーム)
『ヤタガラス』とは、オリジナルの2D対戦格闘ゲームです。多くの人に格闘ゲームの面白さを感じてもらえるような、わかりやすいゲーム性を目指してます。不要なシステムを沢山いれずにシンプルな構成にすることで、格闘ゲームの基礎部分をしっかり作りあげたい、格闘ゲームの面白さの根幹部分を楽しんでもらいたい、といったことを意識しています。

◆『ダウンタウン熱血どっじぼーる』 (ミラクルキッズ)
『ダウンタウン熱血どっじぼーる』は、ダウンタウンシリーズの開発スタッフがお届けする、力の限りボールをぶつけ合うひと味違った「格闘式ドッジボール」です。ダウンタウンシリーズでお馴染みの個性豊かなキャラクターたちには専用のAIを搭載。仲間や試合の状況に合わせて細かい行動をとりゲームを盛り上げます。メンバーをあつめてチームをカスタマイズ。作戦変更でAIをチューニングしてCOM観戦、おまかせ操作、マイキャラなりきりモードなど。ルール、アクション、ステータスのバランスも一新されて、初心者から上級者まで楽しめます。操作はシンプルで感覚的。必殺シュートや連携プレーを繰り出そう!

◆『CaveStory+』(開発室Pixel)
カリフォルニアにあるゲームメーカー Nicalis によってより作り込まれた洞窟物語、『CaveStory+』は、原作の倍の解像度で描き込まれたグラフィック、プロの方に作り直していただいたBGM等、ディテール面でのグレードアップの他、ボスラッシュやタイムアタック用に追加されたステージもあるバージョン。ちなみにオリジナルの『洞窟物語』は現在もフリーソフトとして配信中。

◆『東方心綺楼 ~ Hopeless Masquerade.』(黄昏フロンティア)
飛び交う射撃と地に足の付かない100%空中戦で展開される、対戦弾幕アクションの新境地。幻想郷を救う希望となるため名乗りのあげた宗教家達が、人気を掛けて激しい戦いを繰り広げます。キャラクターは装備をカスタマイズする事で性能が千差万別に変化。各々が信じる最強を存分に披露し、勝利を掴みましょう!

■実況プレイヤー&豪華出演者(敬称略)
◆ドグマ風見
ニコニコ動画内で活躍するネットタレントであると同時に、映像制作グループ「siteqube」の代表も務めている。ニコニコ生放送でゲーム実況を行い累計来場者数800万人以上。公式番組に数多く出演し、音楽番組、情報番組など幅広いジャンルの番組でMCを務めている。さらに2013年4月からテレビ東京「ドリーム2クリエイター」(MCロンドンブーツ1号2号田村淳ほか)でレギュラーアシスタントとして出演中。

◆安治美穂
みなさん、こんにちは!!MCの安治美穂です。今年もついに・・・TGSの開幕ですね!TGS常連の方も、初参戦の方も、ブースで一緒に盛り上がろう!インディーズゲームの魅力満載!ステキなゲストの皆さんも登場!インディーズゲーム初めての方も、きっと好きになちゃいます☆さあ!ゲーム好きなみんな!集まれ?!みなさんに会えるのを楽しみにしています!!

◆M.S.S Project
M.S.S Projectとは「中二病プロジェクト」を意味するMiddle Second Sickness Projectの略。その名の通り中二病全開のテンションの高いパフォーマンスが人気。テレビ番組、雑誌などでも彼らの特集が組まれるほど注目されており、ニコニコ動画のゲームカテゴリーでいま一番勢いのある4人組。2013年7月には1stアルバム「M.S.S.Planet」をリリースし、音楽活動でも支持を集めている。

◆最終兵器俺達
こーすけ・キヨ・ヒラ・フジの4人から成る、ゲーム実況を代表するチーム「最終兵器俺達」。ゲームファン以外の幅広い層からも支持を得ており、これまでに投稿した動画の総再生数は1億6000万回以上と全ニコニコ動画内でNo.1の数字を誇る。またニコニコミュニティへの登録数によって決まるコミュレベルが、ゲーム実況カテゴリ内最速で上限256に達するなど人気実力共に認められたチームである。

◆しゃけとりくまごろう
ゲーム実況生主としてニコニコ生放送内で幅広いジャンルのゲーム番組に多数出演。またゲーム番組に限らず、公式番組でMCとしても活躍している。さらに人気ゲーム実況者が夢の共演を果たすリアルイベント「ゲーム実況ナイト」をプロデュース。ゲーム実況者を取り扱ったブロマガ「ゲーム実況ブロマガ」の編集長も務めるなど、多方面に渡って活動を広げている。

◆桃知みなみ
世界初のアニメちっくアイドル桃知みなみ。テレビ東京「ドリーム2クリエイター」レギュラー。アニソンDJとして国内外のイベント出演する他、テレビ、ニコ生、イベント等でMCとしても活動中。

◆ハンゲ太郎
NHN Playart所属。ハンゲームのオフラインイベント、ハンゲーム公式生放送を担当。好きなゲームジャンル:スポーツ、アクション。苦手なゲームジャンル:ホラー

◆ZUN
Windows用シューティングゲーム『東方輝針城』を始め、東方Projectの原作者。

◆木村祥朗
旅人でゲームデザイナー。家庭用ゲーム機やスマートフォンなどのゲーム制作者として鋭意活動中。代表作に『moon』『チュウリップ』『Rule of Rose』『王様物語』などがある。現在は(株)Onion Games代表としてインディーゲームの開発に取り組んでおり、毎月1度のUST生放送ポリポリ☆クラブにて自らのゲーム開発裏話、よもやま話を披露している。最近では連歌とマンガを組み合わせた“れんまん”の考案者としてNHKの番組「れんまん!」にも出演中。

◆大前広樹
株式会社フロム・ソフトウェアにてゲーム機向けマルチプラットフォーム開発環境の設計・開発やミドルウェアの導入などを担当し、2009年に独立。 2010年よりUnity Technologiesの日本担当ディレクターとして、Unityの普及や、ゲーム開発がもっと楽しくなるための活動に注力している。BBT大学ITソリューション学科助教。

また、東方Projectスペシャルライブステージではステージを華やかに盛り上げるスペシャルライブとして、インディーズゲームの東方ProjectのゲームBGMをアレンジして歌い上げる「東方ヴォーカル」のアーティスト達が人気の名曲を熱唱します。こちらも是非チェックしてみてください。
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

    【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  2. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

    【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

  5. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. 【TGS2016】『バイオハザード』と「L'Arc-en-Ciel」夢の融合!S.T.A.R.S.隊員hydeをVRで堪能

  8. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

  9. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  10. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

アクセスランキングをもっと見る

page top