人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール9月11日配信タイトル ― 『悪魔城ドラキュラ(SFC版)』『リンクの冒険』の2本

任天堂 Wii U

悪魔城ドラキュラ
  • 悪魔城ドラキュラ
  • 美しいドット絵表現の中、ムチによるアクションで悪魔城を攻略
  • リンクの冒険
  • 『ゼルダ』シリーズ最高とも言われる難易度。横スクロールなリンクに注目
任天堂は、9月11日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

9月11日より配信されるタイトルは、スーパーファミコンソフト『悪魔城ドラキュラ』と、ファミコンのディスクシステム向けソフト『リンクの冒険』の2作品です。

『悪魔城ドラキュラ』は、KONAMIより1986年にファミコンのディスクシステム向けソフトとして登場し、1991年にスーパーファミコン向けソフトとしてシステムやステージを一新して発売されたアクションゲームです。現在も世界中で新作が発売される人気シリーズ作品のひとつで、本作ではドラキュラ伝説が残る中世ヨーロッパ・トランシルヴァニア地方を舞台に、主人公「シモン」が蘇った「ドラキュラ伯爵」を倒すため悪魔城に潜入します。ムチを使った独特のアクション性と、描き込まれたドットによるグラフィックが特長。隠し部屋や隠しアイテムなどがステージ中に存在し、それらを見つけるやり込みもゲームの魅力となっています。

『リンクの冒険』は、任天堂より1987年にファミコンのディスクシステム向けソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲームです。『ゼルダの伝説』シリーズの第2作にあたり、前作から数年後の世界を舞台に、主人公「リンク」が活躍。見下ろし式のフィールド画面から、横スクロール式のアクション画面に切り替わることが特徴で、「リンク」が横スクロール式アクションで活躍するのはシリーズでは唯一となっています。アクションや魔法を駆使して神殿などを攻略し「魔王ガノン」復活の阻止を目指します。


■スーパーファミコン
悪魔城ドラキュラ 800円(税込)

■ファミコン
リンクの冒険 500円(税込)

(C)Konami Digital Entertainment
(C)1987 Nintendo
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』発表! 3DSにシリーズ初登場…「まったく新しいパワプロ」

    『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』発表! 3DSにシリーズ初登場…「まったく新しいパワプロ」

  2. 任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

    任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

  3. 『ポケモン』「イーブイ」のぬいぐるみ型PCクッションが登場、ぎゅっと抱きしめながら快適な作業が可能

    『ポケモン』「イーブイ」のぬいぐるみ型PCクッションが登場、ぎゅっと抱きしめながら快適な作業が可能

  4. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

  7. フィギュア「ねんどろいど メタナイト」予約開始!カービィと同じく磁石で自由なポージングが可能

  8. 『蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪』サントラ発売決定! 創立20周年イベントも開催…『ぎゃる☆がん』に新展開!?

  9. 松野泰己氏すら覚えていなかったSFC版『タクティクスオウガ』裏コマンドが19年越しで発見される

  10. Wii U版『シャンティ -リスキィ・ブーツの逆襲-』8月31日配信決定、ドット絵にもこだわりを感じる2Dアクション

アクセスランキングをもっと見る

page top