人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール9月11日配信タイトル ― 『悪魔城ドラキュラ(SFC版)』『リンクの冒険』の2本

任天堂 Wii U

悪魔城ドラキュラ
  • 悪魔城ドラキュラ
  • 美しいドット絵表現の中、ムチによるアクションで悪魔城を攻略
  • リンクの冒険
  • 『ゼルダ』シリーズ最高とも言われる難易度。横スクロールなリンクに注目
任天堂は、9月11日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

9月11日より配信されるタイトルは、スーパーファミコンソフト『悪魔城ドラキュラ』と、ファミコンのディスクシステム向けソフト『リンクの冒険』の2作品です。

『悪魔城ドラキュラ』は、KONAMIより1986年にファミコンのディスクシステム向けソフトとして登場し、1991年にスーパーファミコン向けソフトとしてシステムやステージを一新して発売されたアクションゲームです。現在も世界中で新作が発売される人気シリーズ作品のひとつで、本作ではドラキュラ伝説が残る中世ヨーロッパ・トランシルヴァニア地方を舞台に、主人公「シモン」が蘇った「ドラキュラ伯爵」を倒すため悪魔城に潜入します。ムチを使った独特のアクション性と、描き込まれたドットによるグラフィックが特長。隠し部屋や隠しアイテムなどがステージ中に存在し、それらを見つけるやり込みもゲームの魅力となっています。

『リンクの冒険』は、任天堂より1987年にファミコンのディスクシステム向けソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲームです。『ゼルダの伝説』シリーズの第2作にあたり、前作から数年後の世界を舞台に、主人公「リンク」が活躍。見下ろし式のフィールド画面から、横スクロール式のアクション画面に切り替わることが特徴で、「リンク」が横スクロール式アクションで活躍するのはシリーズでは唯一となっています。アクションや魔法を駆使して神殿などを攻略し「魔王ガノン」復活の阻止を目指します。


■スーパーファミコン
悪魔城ドラキュラ 800円(税込)

■ファミコン
リンクの冒険 500円(税込)

(C)Konami Digital Entertainment
(C)1987 Nintendo
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  5. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 【Wii U DL販売ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』、『マリオテニス64』などのVCが初登場ランクイン(7/25)

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  10. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

アクセスランキングをもっと見る

page top