最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
稲船氏の『Mighty No. 9』がイニシャルゴールの90万ドルを突破―家庭用ゲーム機も視野に?

稲船氏の『Mighty No. 9』がイニシャルゴールの90万ドルを突破―家庭用ゲーム機も視野に?

2013年9月3日(火) 15時40分
  • 主人公ロボットのベックの画像
    主人公ロボットのベック
  • 『Mighty No. 9』 ゲーム画面イメージの画像
    『Mighty No. 9』 ゲーム画面イメージ
  • 軍事基地コンセプトアートの画像
    軍事基地コンセプトアート
  • ストロングフォームの画像
    ストロングフォーム

完全新作アクションゲーム『Mighty No. 9』が、キックスターターでイニシャルゴールを突破しました。

『Mighty No. 9』は、稲船敬二氏率いるcomceptがキックスターターで資金を募っているアクションゲームです。

9月1日よりクラウドファンディングを開始したばかりですが、驚くことに最初のゴールとして目標されていた90万ドルをすでに突破しており、PC版の開発が決定となりました。

ストレッチゴールの最終目標は250万ドルで、クリアすることができれば家庭用ゲーム機への移植が可能となります。また、対応ハードとしては、Wii U、PS3、Xbox 360の名前があがっています。

それに加え、Renegade Kidの共同創立者兼ディレクターのJools Watsham氏が、ニンテンドー3DS版の開発をTwitterで申し出ており、もしかすると今後対応ハードが増えていくことも考えられます。

クラウドファンディングの期限は9月1日までですので、このままの勢いが衰えることがなければ、最終ゴールへの到達も夢ではなさそうです。

(Article written by 菜種)

その他アクセスランキング