人生にゲームをプラスするメディア

2011年の段階で作ることは決まっていた!?『パズドラZ』緊急発表会、発売日が12月12日に決定 ― しょこたんが主題歌を歌うアニメーションOPも

任天堂 3DS

ガンホー・オンライン・エンターテイメント代表取締役社長CEOの森下一喜氏
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント代表取締役社長CEOの森下一喜氏
  • コロコロコミック編集長村上孝雄
  • 中川翔子さんによるライブも行われました
  • 左から作曲の伊藤賢治さん、中川翔子さん、プロデューサーの山本大介氏
  • 2011年の段階で作ることは決まっていた!?『パズドラZ』緊急発表会、発売日が12月12日に決定 ― しょこたんが主題歌を歌うアニメーションOPも
  • 2011年の段階で作ることは決まっていた!?『パズドラZ』緊急発表会、発売日が12月12日に決定 ― しょこたんが主題歌を歌うアニメーションOPも
  • 2011年の段階で作ることは決まっていた!?『パズドラZ』緊急発表会、発売日が12月12日に決定 ― しょこたんが主題歌を歌うアニメーションOPも
  • 2011年の段階で作ることは決まっていた!?『パズドラZ』緊急発表会、発売日が12月12日に決定 ― しょこたんが主題歌を歌うアニメーションOPも
ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、3DSソフト『パズドラZ』の緊急発表会を8月27日に開催し、発売日が2013年12月12日であることを発表しました。

まずは同社の代表取締役社長CEOである森下一喜氏から「2011年9月の『パズドラ』の元の企画の段階で、縦画面をスマートフォンで、横画面をゲーム機で開発することが決まっていた。」というそもそもの発端を明かしました。

続いて、本作のプロデューサーである山本大介氏が壇上。「ただの移植にしたくなかった。特にモンスターのアニメーションをあえて2Dにして力を入れ、スマートフォン版では導入できなかったストーリーを入れました。」と魅力を語り、世界観やシステム情報のプレゼンテーションを行いました。

■世界観
ドラゴンと人間が共存する世界、ドラクメシア大陸。大気中には、「ドロップ」と呼ばれる精霊の力が存在する。ドロップは、火・水・木・光・闇の5属性あり、同じ属性のドロップを揃えたとき大きなエネルギーが発生する。モンスターはこのドロップの力を生命の源としている。ドロップが豊富にあるパワースポットにはモンスターがたくさん巣くっておりそれらの場所は「ダンジョン」と呼ばれている。

■登場キャラクター
・主人公
プレイヤーは、ゼットシティに住む11歳の少年(少女)で、ドロップの力を自在に操ることでモンスターを操ることのできる特殊能力者“ドラゴンテイマー”としてドラゴンマスターを目指していきます。

・シロップ
主人公をサポートし、冒険をナビゲートしてくれる重要な仲間キャラクター。まだドラゴンの子どもだが、ひょんなことから主人公と行動を共にすることになります。

・悪の組織「パラドックス」
世界を崩壊させ、自分たちの理想郷を再構築しようと企む悪の組織「パラドックス」。悪のドラゴンテイマーがプレイヤーの行く手を阻止しようとします。

■3DS版の独自要素
3DSのローカル通信を使えば、近くの友だちと自分のモンスターのトレードができます。また、自分の段位などのプロフィールが記載された「テイマーカード」を交換すると、友だちとゲーム内でもフレンドになることもできます。

■モンスター進化の分岐
本作では、育て方によって、モンスターは複数の分岐で進化します。

■モンスターチーム編成
モンスター固有のスキルのほかに、「リーダースキル」があります。5体のモンスターでチーム編成をするとき、まずはどのモンスターをチームリーダーにするかを決定しましょう。バトル中はリーダースキルが常に発動しており、自分のチーム編成全体の攻撃を左右することになります。

■助っ人
「すれ違い通信」ですれ違ったユーザーのリーダーモンスターを助っ人として選ぶとバトルに参戦させることができます。よって、チームは5体のモンスター+助っ人となります。

■主題歌
主題歌「さかさま世界」
歌:中川翔子
作曲:伊藤賢治
作詞:岩里祐穂

■早期購入者特典
『パズドラZ』オリジナルタッチペン
獄炎龍・インフェルノとドロップがデザインされた「パズドラZ」オリジナルタッチペン。使いやすいノック式です。

■体験版
9月19日(木)から9月22日(日)の間に幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2013」内のガンホー・オンライン・エンターテイメントブースで本作を体験すると、体験版『パズドラZ 限定チャレンジ版』が貰えます。

■漫画展開
「月刊コロコロコミック」12月号より漫画連載予定



『パズドラZ』は12月12発売予定、価格はパッケージ版が4,400円(税込)、ダウンロード版が4,000円(税込)です。

(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』Ver.0.49.1ではポケモンをまとめてアメに変換可能!アプデ情報が公開

    『ポケモンGO』Ver.0.49.1ではポケモンをまとめてアメに変換可能!アプデ情報が公開

  2. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『マリオメーカー』でネコピーチが極悪コースを作成! 発売直前の『ミートピア』にも迫る

    「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『マリオメーカー』でネコピーチが極悪コースを作成! 発売直前の『ミートピア』にも迫る

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. Wii U向けBASICプログラミングソフト『プチコンBIG』配信日決定!周辺機器を活用したプログラムも作成可能

  5. 3DS『さよなら! ハコボーイ!』来年2月に配信決定! 3作セット版に付属するキュービィamiiboも可愛さ満点

  6. AC『ポッ拳』「エンペルト」紹介映像が公開、威厳漂う水と氷のバトルをチェック

  7. 『Fate/Grand Order』が「一番くじONLINE」に登場! ラインナップは12月12日にお披露目

  8. 【プレイレポ】『めがみめぐり』 スタミナ制などはなくサイコロは振り放題! 課金要素や交通系ICカード連動に迫る

  9. 【特集】『ポケモン』20年の進化を“今と昔”でチェック!(前編)今やポケモンの種類は???体ほどに!?

  10. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top