人生にゲームをプラスするメディア

新たに3人のヒーローが見参!『The Wonderful 101』 ─ 多彩なユナイト・モーフを使いこなそう

任天堂 Wii U

ディベロッパーズブログショット
  • ディベロッパーズブログショット
  • 『The Wonderful 101』パッケージ
任天堂は、Wii Uソフト『The Wonderful 101』のディベロッパーズブログを更新し、様々な情報を公開しました。

「ゲスジャーク星団連合無敵艦隊」による地球侵略に敢然と立ち向かうため、100人のヒーローが集結する特務戦闘兵団「ワンダフル・ワンダブルオー」。ルーキーの「ワンダ・レッド」をリーダーとし、団結の力「ユナイト・モーフ」を駆使して戦いへとその身を投じます。

これまで、ユナイト・モーフによるコンボや同時使用といったシステムの公開や、戦闘の楽しさを実感できる体験版の配信などを行ってきた『The Wonderful 101』。発売まで1週間を切り、更なる詳しい情報が判明したので、紹介したいと思います。

ワンダ・レッドをはじめ、ブルー、グリーン、ピンクと、頼もしいヒーローたちが明かされてきましたが、その面々に名を連ねる新たな仲間の存在が発表されました。「激震の鉄槌 ワンダ・イエロー」「無双の神爪 ワンダ・ホワイト」「8bitの魔術師 ワンダ・ブラック」の3名です。

ワンダ・イエローは、陸軍に所属し、その並み外れた腕力を武器に数々の過酷な任務を遂行してきたロシアの英雄。しかし大柄な体格とは裏腹に非常に温和な性格で、暴力や争いごとを好まない、優しき巨人です。

潜在能力は高い反面、行動力にはやや欠けますが、その人柄と優れた肉体能力が、ワンダフル.・ワンダブルオーの屋台骨を支えてくれます。使用するユナイト・モーフは、その怪力を遺憾なく発揮できる「ユナイト・ハンマー」。強固な装甲も正面から打ち砕き、装甲ごと叩き割ってダメージを与えることが可能です。

和雲汰風流(わんだふりゅう)忍道の若き師範であるワンダ・ホワイトは、規律、調和を重んじる性格をしており、冷静な視点と分析で経験の浅いレッドを補佐。陰ながらチームを支えています。

ゲスジャークとの戦闘では「ユナイト・クロー」を駆使し、磨き抜かれた体術によって恐るべき速度で縦横無尽に走り敵を八つ裂きにします。一撃あたりの威力は低めですが、手数でその差を埋めれば、コンボポイントも稼げて一石二鳥。しかも攻撃と共に衝撃波を放つため、レンジの広さも侮れません。

ワンダ・ブラックは、11歳にして知能指数300を超える超天才児。アメリカの工科大学に籍を置き機械工学の研究に勤しむ彼は、数多くの先進科学技術を考案、実用化してきました。喜怒哀楽の感情をあまり表さず、作戦中は黙って携帯ゲームに興じていることが多いのですが、グリーンと二人で下らない雑談で盛り上がる子供らしい一面も。

あらゆるメカニクスの扱いに得意とする彼の武器「タイム・ボム」も自身の設計によるもの。隊員の力を合わせて「ユナイト・ボム」を繰り出せば、一定範囲の物体の動きをまとめてスローモーションにすることが可能という優れものです。使い方次第で、戦局を大きく左右してくれることでしょう。

もちろん、頼りになる仲間たちは、ヒーローだけではありません。ワンダフル・ワンダブルオーを率いるセンチネルズの司令官「ローレンス・ネルソン」を始め、メインオペレーターの「アリス・マクレガー」、センチネルズ中央科学研究所所長「ジェームズ・シロガネ」など、世界を守る同士たちの頼もしいバックアップも完璧です。

万全を期して侵攻するゲスジャーク星団連合無敵艦隊に対して、ヒーローたちも鉄壁の体勢で応じます。ワンダ・レッドをはじめ、100人のヒーローが揃う『The Wonderful 101』。最後のひとりである「あなた」が参戦できる日は、もう間近です。

『The Wonderful 101』はWii Uを対象に8月24日発売予定。価格は6,930円(税込)です。

(C)2013 Nintendo / PlatinumGames Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  2. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  6. 【レポート】レベルファイブ新作発表会「LEVEL5 VISION 2016」発表内容まとめ

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  9. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  10. 『ポケモン ORAS』12年での進歩がよくわかる旧作との比較動画が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top