人生にゲームをプラスするメディア

『Jレジェンド列伝』11月7日に発売決定 ─ 新たな収録タイトルも判明

任天堂 3DS

『ドラゴンボールZ 強襲サイヤ人』
  • 『ドラゴンボールZ 強襲サイヤ人』
  • 『Jレジェンド列伝』公式サイトショット
バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『バンダイナムコゲームスPRESENTS Jレジェンド列伝』を11月7日に発売すると明かし、新たな収録タイトルも公開しました。

かつてファミコンなどで多数発売された、歴代のジャンプキャラクターゲームを収録し、3DSソフトとしてリリースする『Jレジェンド列伝』。伝説の名作たちをまとめた本作が、このたび11月7日に発売することが決定しました。

以前お伝えした段階で判明していた収録タイトルは、ファミコンソフト『ドラゴンボール 神龍の謎』『聖闘士星矢 黄金伝説』『聖闘士星矢 黄金伝説完結編』『魁!!男塾 疾風一号生』と、スーパーファミコンソフト『GO GO ACKMAN3』の5本でしたが、さらに2本のタイトルが追加されました。どちらも、ファミコンソフトからの参戦です。

1本目は、『ドラゴンボール 大魔王復活』。ピッコロを打倒するため、秘密の秘宝を捜し出すRPGで、TVアニメ「ドラゴンボール」を題材としつつも、ストーリーにはゲームオリジナルの要素も多く、また移動と戦闘にカードを使う本作のシステムは、後の『ドラゴンボール』シリーズのゲームに大きな影響を与えました。

2本目は、『ドラゴンボールZ 強襲サイヤ人』。TVアニメ「ドラゴンボールZ」をモチーフとした、記念すべき一作目となります。原作でもお馴染みのラディッツだけでなく、劇場版に登場したガーリックJrら魔族も、敵として登場します。また天下一モードでは、メインモードで育てたキャラクター同士で対戦が可能で、当時のRPGでは珍しく、2人でも遊べる斬新なシステムも搭載していました。

発売日が決定し、あとは続報と当日を待つばかりの『Jレジェンド列伝』 。新たなタイトルが加わることを期待しながら、ソフトが手元に訪れるその日を待ちましょう。

『バンダイナムコゲームスPRESENTS Jレジェンド列伝』は、11月7日発売予定。価格は、4,980円(税込)です。

(C)車田正美/集英社・東映アニメーション
(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)バードスタジオ/集英社
(C)宮下あきら/集英社・東映アニメーション
(C)2013 NBGI
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』には新たなギアパワーも登場か?ギアおよびギアパワーの情報が一部公開

    『スプラトゥーン2』には新たなギアパワーも登場か?ギアおよびギアパワーの情報が一部公開

  2. 『ミートピア』無料体験版の配信スタート! 序盤をまるごとプレイ可能

    『ミートピア』無料体験版の配信スタート! 序盤をまるごとプレイ可能

  3. 【インタビュー】 『イコールカードDS』林省吾・電遊社社長

    【インタビュー】 『イコールカードDS』林省吾・電遊社社長

  4. 『スプラトゥーン』のイカは、もともと“豆腐”や“ウサギ”だった!?インタビュー「社長が訊く」公開

  5. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  6. 【プレイレポ】『スプラトゥーン2 先行試射会』の6時間はあっという間だった…!イカした正統進化でより奥深く

  7. ニンテンドースイッチに『メタルスラッグ』登場! 3月30日より配信開始

  8. 3DS『FE エコーズ』映像で新要素を紹介─装備品を使い続けて「戦技」を取得、1手単位で巻き戻す「ミラの歯車」など

  9. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  10. ニンテンドースイッチの開発環境について「移植は1年以内で可能」とコメント…次世代の携帯型ゲーム機は「常に考え続けています」

アクセスランキングをもっと見る