人生にゲームをプラスするメディア

MG「RX-78-2 ガンダム」がVer.3.0となって発売、現在の集大成として完成した「RX-78-2」とは

その他 玩具

MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0
  • MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0
  • MG「RX-78-2 ガンダム」がVer.3.0となって発売、現在の集大成として完成した「RX-78-2」とは
バンダイは、ガンプラ「MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0」を発売しました。

1995年、バンダイが進化させてきた「プラモデルを可動させる技術」と、ユーザーやクリエイターがアップデートしてきた「メカニックとしてのモビルスーツのリアリティ」の融合によって立体化された「RX-78-2 ガンダム」を第1弾としてMG(マスターグレード)シリーズはスタートしました。以降、Ver.1.5、Ver.Ka、Ver.ONE YEAR WAR 0079、Ver.2.0と、RX-78-2 ガンダムはその時々の技術の集大成としてMGの進化を支えてきた存在として、これまで地位を確立して来ました。

そして2013年、MGの新たなる未来に向けて、最新のガンダムのデザインを完全再現しただけではなく、新たな可動解釈を加えた「可動表現まで作り込まれたスケールモデル」として、想像を超えたレベルでリアリティを感じられるキットを目指し、MG RX-78-2 ガンダムVer.3.0が始動しました。

フレームとして、前モデルVer.2.0を越える基本可動性能を実現する「ムーバブルアーマーシステム」を搭載。同システムでは装甲パーツにも内部と連動した可動性を付加。従来、可動の妨げになりがちだった肩アーマーなどにアクセント可動を追加することで、可動の自由度が大幅に向上させています。肩アーマーやバックパックカバーも可動することで、腕部可動の自由度も向上。関節可動に連動し、二次装甲がフレームをカバーしています。脛裏アーマーの開閉機構により、足首の可動域も向上しています。内部構造には塗装可能な素材が使用されています。

■MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0
付属品:
・ビーム・サーベル×2
・ビーム・ライフル
・シールド
・ハイパー・バズーカ
商品内容:
・成形品×22
・ホイルシール
・リアリスティックデカール
・組立説明書

「MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0」は好評発売中。価格は4,725円(税込)です。

(C)創通・サンライズ
《ひびき》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  2. 【e-Sportsの裏側】「Eスポーツは意識してない」日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来とは

    【e-Sportsの裏側】「Eスポーツは意識してない」日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来とは

  3. 劇場アニメ「聲の形」字幕付上映が決定…全劇場が対象、“こえ”を文字でも届ける

    劇場アニメ「聲の形」字幕付上映が決定…全劇場が対象、“こえ”を文字でも届ける

  4. 「甘々と稲妻」農林水産省とタイアップ!共食を応援するコラボポスター公開

  5. 【週刊インサイド】『イナズマイレブン』最新情報に話題集中…羊を増やすカードゲームや『スパロボV』などの注目作にも注視

  6. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  7. 【昨日のまとめ】『イナズマイレブン』『レイトン教授』新作を7月発表、『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイル判明、VR版『RO』を台湾ユーザーが開発…など(6/24)

  8. 新刊「大塚明夫の声優塾」6月23日発売 ― いやぁ、上手だね…。こういう人が深夜のアニメに出て、そしてどんどん消えていくんだ

  9. ポケモン社長インタビュー「ゲームと現実の双方豊かに」、「THE PLAYROOM VR」プレイレビュー、半ば強引なWind10へのアップグレードをどう見るか・・・編集部員も見るべきまとめ(6/16)

  10. 【昨日のまとめ】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に、「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破、「PSVR」予約取扱店舗まとめ…など(6/17)

アクセスランキングをもっと見る

page top