人生にゲームをプラスするメディア

任天堂岩田氏、任天堂タイトルのマルチプラットフォーム化について言及

任天堂 その他

岩田聡社長
  • 岩田聡社長
  • 任天堂岩田氏、任天堂タイトルのマルチプラットフォーム化について言及
任天堂の岩田聡氏は海外サイトのインタビューにおいて、任天堂タイトルを他のプラットフォームで提供することは短期的な利益にしかならないとするコメントを残しています。

これは海外サイト「CVG」がおこなったインタビュー記事によるものです。たびたび浮上する任天堂主要シリーズ作品を他のプラットフォームへ提供するという戦略案について、岩田氏は、もし自分が任天堂という会社を気に留めていなければ採用する戦略だが、自らの仕事は短期的な利益を得ることではなく、任天堂の長期的な成長を確保することだと結論づけています。そして、こうした任天堂の貴重な資産を提供することは考えられないと明言しました。

加えて、任天堂はとてもユニークな会社であるとも述べています。その理由として氏は、ソフトウェアとハードウェアのどちらも同じ社内で開発している点などを挙げ、このような条件が、任天堂が他の会社にはできないものを作りあげることを可能にしていると付け加えました。


特にモバイル端末など、たびたび話題にのぼる任天堂タイトルのマルチプラットフォーム化案ですが、やはり岩田氏の思い描くビジョンとは異なる道筋であるようです。任天堂タイトルは任天堂ハードでこそ真価を発揮する―このポリシーを土台として、これからもさらによりよいタイトルが生み出されていくことに期待をもちたいところです。
《Ami》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  3. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  4. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  5. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  6. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  7. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  8. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  9. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る