最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【Nintendo Direct】タイトル決定『大合奏!バンドブラザーズP』 ― 新機能「シンガー」にYAMAHA「VOCALOID」技術を採用

【Nintendo Direct】タイトル決定『大合奏!バンドブラザーズP』 ― 新機能「シンガー」にYAMAHA「VOCALOID」技術を採用

2013年8月8日(木) 00時53分
  • 3DS『バンブラ』新作タイトルは『大合奏!バンドブラザーズP』に決定の画像
    3DS『バンブラ』新作タイトルは『大合奏!バンドブラザーズP』に決定
  • 楽器や最大パート数も増え、セッションも充実の画像
    楽器や最大パート数も増え、セッションも充実
  • 写真を撮って・・・の画像
    写真を撮って・・・
  • 歌声を録音して・・・の画像
    歌声を録音して・・・
  • なんと歌を唄う「シンガー」を作ることが可能の画像
    なんと歌を唄う「シンガー」を作ることが可能
  • シンガーにはYAMAHA「VOCALOID」の技術を採用の画像
    シンガーにはYAMAHA「VOCALOID」の技術を採用
  • 発売は2013年冬の画像
    発売は2013年冬
  • 公式サイトもオープンの画像
    公式サイトもオープン

任天堂は、ニンテンドー3DSソフト『大合奏!バンドブラザーズ新作』のタイトルを『大合奏!バンドブラザーズP』に決定し、最新情報を公開しました。

『大合奏!バンドブラザーズP』は、自分で自由にスコア作成もできる音楽ゲーム『大合奏!バンドブラザーズ』シリーズ最新作です。好きな曲をダウンロードしたり、演奏・合奏することができ「音楽をあらゆる形でとことん楽しむ」をコンセプトとしたソフトです。今回のNintendo Directで正式タイトルの決定が発表されました。

友達同士などで同じ楽曲を演奏するときでも、ギターとベースとドラムといったパートごとに譜面や演奏方法が異なります。本体を持ち寄って気軽にセッションできることも本作の魅力のひとつです。3DSの本作では音質向上のほか、同時演奏数は2パート増えた10パートとなっており、楽器の種類も72種類に増えています。

■新機能「シンガー」にはYAMAHA「VOCALOID」の技術を採用
写真や音声を取り込んで、自分の分身「シンガー」を作ることができます。この歌声の技術にはYAMAHAの音声合成ソフト「ボーカロイド」の技術が採用されており、下画面タッチで画面に流れる音符をキャッチ。人気の既存楽曲はもちろん、自分で作った楽曲も自由に唄わせることが可能です。

「シンガー」においては自分がProducer(プロデューサー)になれること、本作がよりProfessional(プロフェッショナル)な仕様になったことから、それぞれの頭文字「P」を取って本作のタイトルが『大合奏!バンドブラザーズP』に決定したとのことです。

■『バンブラDX』楽曲投稿は9月26日に終了へ
新作となる3DSソフト『大合奏!バンドブラザーズP』への移行準備を整えるため、DSソフト『大合奏!バンドブラザーズDX』の楽曲投稿が2013年9月26日をもって終了することも発表されました。これまでの投稿者に「何かご褒美」もあるようなので、『バンブラDX』職人のみなさんはどうぞご期待ください。詳細は後日『大合奏!バンドブラザーズDX』公式サイト(http://www.nintendo.co.jp/ds/axbj/)にて発表されるそうです。

まさかの新機能「シンガー」にYAMAHA「VOCALOID」の音声合成ソフト技術を採用した本作。「シンガー」や新しい楽器による楽曲制作などがどのようなものになるか、オープンしたばかり公式サイトをチェックして今後の情報に注目しましょう。

『大合奏!バンドブラザーズP』は、2013年冬発売予定で価格はパッケージ版・ダウンロード版ともに未定です。

(C)2013 Nintendo Developed by INTELLIGENT SYSTEMS
Powered by VOCALOID
VOCALOIDはヤマハ株式会社の登録商標です。
VOCALOID is registered trademark of Yamaha Corporation.

(Article written by 津久井箇人 a.k.a. そそそ)

任天堂アクセスランキング


パッケージ画像
機種 3DS
ジャンル MUS
発売元 任天堂
開発元 インテリジェントシステムズ
発売日 2013年11月14日
プレイ人数 1〜10人プレイ対応