人生にゲームをプラスするメディア

Google Glassをかければ日常の景色の片隅でゲームがプレイ可能に

その他 全般



Googleが現在開発中のメガネ型ウェアラブルコンピュータ「Google Glass」ですが、発表から時が経つにつれてその機能と活用法が少しずつ理解されるようになり、発売を待ち望む声は徐々に高まってきているようです。

既に開発者向けのプロトタイプは提供されていることから、現在様々なGoogle Glass用ソフトウェアが鋭意開発中です。

そんな中、海外メディアの[a]listdailyが伝えるところによれば現在、Google Glass用のゲームが開発中であるといわれています。その名も『Escape』というタイトルで、さらに驚きなのは、日常生活の中でGoogle Glassかけた視点からのゲームプレイ動画がYouTubeに投稿されていることです。

動画では、Google Glassをかけたプレイヤー本人が自転車を漕いだり、電車に乗っていたりする日常の景色の中、グラスをかけた視界の片隅でシンプルなゲームを楽しんでいる模様が描かれています。

もちろん、今後徐々に明らかになるネットや通話、メール、ナビゲーションシステムなどの使い勝手にも注目が集まりますが、一方でこれをきっかけに様々なゲームが開発されることを、ゲーマーとしては期待せずにはいられませんね。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

    「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

  3. 【昨日のまとめ】『ニーア オートマタ』“違和感”と“爽快感”から読み解くプレイレポ、「すーぱーそに子」指輪付き約52万円フィギュア、SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験…など(2/23)

    【昨日のまとめ】『ニーア オートマタ』“違和感”と“爽快感”から読み解くプレイレポ、「すーぱーそに子」指輪付き約52万円フィギュア、SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験…など(2/23)

  4. 【日々気まぐレポ】第187回 王の名を冠した鉄華団の悪魔「HG ガンダム・バルバトスルプスレクス」キットレビュー

  5. 【hideのゲーム音楽伝道記】第53回:『いけにえと雪のセツナ』 ― 雪の世界の旅を彩る、繊細で切ないピアノの音色

  6. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

  7. 海外Netflixのアニメ版『悪魔城ドラキュラ』ポスターイメージが初披露!

  8. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  9. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  10. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』、国内向けの無料配信も明らかに

アクセスランキングをもっと見る