人生にゲームをプラスするメディア

過去の誰かと、今のあなたがすれ違う「すれちがい通信中継所」─ 本日8月6日よりサービス開始

任天堂 3DS

「すれちがい」通信が、いっそう便利になりました
  • 「すれちがい」通信が、いっそう便利になりました
  • 「すれちがい通信中継所」 紹介ページショット
任天堂は、ニンテンドー3DSの「すれちがい通信」機能をより活用しやすくする「すれちがい通信中継所」のサービスを開始しました。

3DSの独自機能のひとつとして内蔵されている「すれちがい通信」。3DSを持った人同士がある程度の距離内ですれ違うと、自動的に相手の本体を探し出し、情報のやりとりを行います。

「すれちがい通信」を行うことで、こちらも本体に内蔵されている「すれちがい伝説」などのミニゲームを楽しめたり、対応しているソフトでちょっとした特典やサービスを受けることができるようになります。また、お互いのMiiが相手の3DSへもお邪魔するので、ささやかなコミュニケーションが生まれるといった楽しみもあります。

しかしこれまでの「すれちがい通信」は、お互いが直接すれ違う必要がありました。人口の多い都市部では頻繁にすれ違うことも多く、不便に感じる人は少ないでしょうが、地方や人口密度の低い町などでは、どうしてもすれ違う頻度が下がってしまいます。

そういった状況を改善するために、任天堂は本日8月6日から「すれちがい通信中継所」のサービスを開始しました。これは、全国に設置されているニンテンドーゾーンやニンテンドー3DSステーションなどに立ち寄った人の「すれちがい通信データ」を無線通信により一時的に保管し、次に同じ中継所を通りがかった人の3DSにそのデータを自動で送信するサービスです。

この「すれちがい通信中継所」の運用により、これまで同じ時間・同じ場所にいる必要があった「すれちがい通信」が、中継所に立ち寄るだけで行えるようになります。そのため、今まで「すれちがい通信」の機会が少なかった方も、より多く楽しめるチャンスが増えます。また、さまざまなソフトの「すれちがい通信」データも保管されるので、今まですれ違いにくかったソフトも、今後すれ違いやすくなります。

「すれちがい通信中継所」の利用は、無線通信機能をONにしたまま中継所に立ち寄るだけなので、特別な操作は必要ありません。なお、自宅の無線アクセスポイントは、「すれちがい通信中継所」にはなりません。また、「すれちがい通信」をした中継所とは、その後8時間「すれちがい通信」ができません。この他にもいくつか注意点があるので、公式サイトの発表をご覧ください。

また、「すれちがい通信中継所」の開始に伴い、3DS本体の更新が実施されました。本サービスへの対応が主となる更新なので、中継所で「すれちがい通信」を楽しみたい方は、早めの更新をお勧めします。本サービスを利用される予定のない方も、システムの安定性や利便性の向上などが図られているので、時間のある時に更新をお願いします。

「すれちがい通信中継所」のサービスにより、更に利便性が増した「すれちがい通信」。より多くの人と楽しむために、この夏のお供に3DSを携帯してはいかがですか。

(C)2013 Nintendo
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  3. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  4. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 【レポート】レベルファイブ新作発表会「LEVEL5 VISION 2016」発表内容まとめ

  7. キデイランドにて「カービィのプププなサマーキャンペーン」8月27日開催、キュートすぎる新グッズが登場

  8. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  9. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  10. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

アクセスランキングをもっと見る

page top