人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム史上最も過激なタイトル!?『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』 ─ 続編発売前に前作を徹底チェック

ソニー PSP

『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』
  • 『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』
  • 人気投票2位のルカとの「愛好の儀」
  • 大人の魅力溢れるレオーネとも「愛好の儀」を行えます
  • もちろん、修道女であっても儀式からは逃れられません
  • 「愛好の儀」は色々な意味で大事です
  • 星の子誕生が攻略の鍵
  • 主人公イツキと幼なじみのマヒル
  • 世界の命運を託されます
プレイステーション・ポータブルソフトとしてリリースされたRPG『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』は、スパイク・チュンソフト発足後の初リリースタイトルでもありますが、その事実よりも、刺激的すぎる副題に多くの注目が集まりました。

しかしタイトル名だけでなく、個性的な数多くのヒロインたちとの交流や、彼女たちとの会話を楽しむ多くのイベントに、謎めいた物語の展開など、魅力が詰まった本作の楽しさは、プレイした人には充分伝わりました。8月22日に、続編となる『CONCEPTION II 七星の導きとマズルの悪夢』の発売が決定していることからも、前作がしっかりと支持を受けた証と言えるでしょう。

すでに本作を楽しんだ方は、続編を心待ちにしていることと思います。ですが、興味はあるものの、続編なので手を出すか躊躇している人も、少なくないでしょう。そんな方のために、今回改めて『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』を振り返り、紹介します。最新作を遊ぶための予習とするなり、発売まで約3週間残っている時間を活かしてクリアを目指すきっかけにするなり、今回の記事を活用してもらえれば何よりです。

やはり第一印象で目を引くのは、「俺の子供を産んでくれ!」という過激な一文でしょう。もちろん本作はCERO「C」の範囲に収まる内容となっているので、現実的な出産という意味ではなく、巫女となる各ヒロインと交わす「愛好の儀」と呼ばれる儀式を経て生み出される「星の子」と呼ばれる冒険の手助けをしてくれるキャラクターを創造するということです。

とはいえ、他人を交えず2人きりで、時にはヒロイン2人と主人公の3人(!)で行う「愛好の儀」は、各ヒロインの悩ましげな体勢がシルエットで浮かび上がり、携帯ゲーム機ながらも電車内などのプレイには多少の注意が必要となるほどです。それだけ力が入っている「愛好の儀」は、本当の出産ではないものの、決して見せかけだけのブラフではなく、想像する人の数だけ真実がある設定と言ってもいいでしょう。あくまで想像ですから!

その想像力をより刺激してくれるのは、総勢12名の可愛いヒロインたち。宮廷医師という重要な役職につく大人びた女性から、引っ込み思案で人と接するのも苦手な少女まで、個性も魅力も様々。親しみやすい子から一見攻撃的な彼女まで揃っており、多彩なプレイヤーたちの嗜好にも充分に応えられるヒロイン勢となっています。

そんな彼女たちと「愛好の儀」を行うには、ダンジョンに入り攻略する必要があります。物語的にも主人公の立場としても、ダンジョンへ入る必然性はあるのですが、ヒロインとのキズナを深める意味合いもあるので、攻略には自然と力が入ります。またダンジョンの形状は基本的に自動生成となるので、決まったルートなど存在しない冒険の緊張感と、ヒロインの待つ街へと帰還できた時の安堵は、格別のものです。

またRPG部分は、多彩なスキルなどを用意している反面、自動で戦闘をこなしてくれるAUTO PLAY設定や、Rボタンを押すことで戦闘を高速処理してくれるなど、ストレスを減らしてくれる要素も揃っており、手軽に遊べます。

かといって歯ごたえがないわけではありません。定期的に戦うボス敵は、一撃の破壊力も大きく、AUTO PLAYに頼っては全滅すること必至です。筆者は、囮役の星の子をボスの前に設置し、回復専門役をボスに隣接させず、火力担当の主人公がちくちく攻撃するチキンプレイでなんとか凌ぎましたが、正面切って戦うとなれば、かなりの歯ごたえが味わえること間違いありません。

主人公と星の子による総勢13名で展開される本作の戦闘「ポジショニングバトル」は、敵との相対配置を考慮しつつ行う戦略性に富み、チェインで最大まで溜めたゲージを使用する『オーバーチェイン』で一発逆転の爽快感も味わえる、本作独自のRPG要素となります。

巫女と呼ばれる魅力的なヒロインたちと、手軽ながらも手強い戦闘も楽しめるダンジョン攻略を柱にした『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』は、現在PSP the Best版も発売されており、価格の上でも手が出しやすいタイトルとなっています。パッケージおよびダウンロードの2種類があるので、ユーザーの好みに合わせて入手可能です。

『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』に注ぎ込まれた力は、ソフトにだけではありません。発売後に行われた人気投票で1位を獲得した魚座の巫女「ユズハ」のキャラクターソングを作成し、動画として無料で公開しています。こういったファンサービスを行う開発陣の姿勢も、ファンとしては嬉しいところでしょう。なお、ユズハのキャラソング動画はネタバレの要素を含む可能性がありますので、ゲームを遊ぶ予定の方はクリア後のご褒美としてください。

駆け足ながらも、『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』の魅力を紹介させていただきました。物語面などの魅力も語りたいところですが、これ以上踏み込むとネタバレにも繋がってしまうので、気になる方は1作目を遊んでみてはいかがでしょうか。

そして、1作目を遊んだ方も、最新作から遊ぶ方も、存分に楽しめる『CONCEPTION II 七星の導きとマズルの悪夢』の発売日を、どうかお忘れなく。「ヒロインの元に帰るRPG」から、「ヒロインと共に歩むRPG」へと移り変わります。その変化と面白さを、存分に味わってください。

『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ! PSP the Best』は好評発売中。価格はパッケージ版が1,890円(税込)、ダウンロード版が1,800円(税込)です。

『CONCEPTION II 七星の導きとマズルの悪夢』は2013年8月22日発売予定。価格はパッケージ版が6,279円(税込)、ダウンロード版が5,600円(税込)です。

(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ストリートファイターV』ゼニー廃止に伴う追加補填が発表、バトルコスチューム配布へ

    『ストリートファイターV』ゼニー廃止に伴う追加補填が発表、バトルコスチューム配布へ

  2. 『シェンムー3』クラウドファンディング始動から1年、鈴木裕が開発状況を報告

    『シェンムー3』クラウドファンディング始動から1年、鈴木裕が開発状況を報告

  3. 「PS4本体+ソフトを収納するスタンド」発売決定…レトロゲーム機向けアクセサリーなども

    「PS4本体+ソフトを収納するスタンド」発売決定…レトロゲーム機向けアクセサリーなども

  4. 【PS4 DL販売ランキング】『バトルフィールド 4』連続首位、『初音ミク Project DIVA Future Tone』初登場ランクイン(6/29)

  5. PS4/PS3『ブレイブルー セントラルフィクション』PV公開、初公開のイベントや「Es」のバトルをチェック

  6. 【PS Vita DL販売ランキング】8位『薄桜鬼 真改 華ノ章』、10位『√Letter ルートレター』などが初登場ランクイン(6/24)

  7. 『グランツーリスモSPORT』のフォトモードでは車内も撮影可能

  8. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  9. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  10. 『シェンムー3』最新スクリーンショット公開、モナコで発表会開催

アクセスランキングをもっと見る

page top