人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uが100万台突破 ― 発売から33週で達成、普及ペースは緩やか

任天堂 Wii U

Wii Uが100万台突破 ― 発売から33週で達成、普及ペースは緩やか
  • Wii Uが100万台突破 ― 発売から33週で達成、普及ペースは緩やか
  • Wii Uが100万台突破 ― 発売から33週で達成、普及ペースは緩やか
任天堂が2012年12月8日に発売したWii U、発売から33週目で国内販売数が100万台を突破しました。

滑り出し自体は好調だったものの、続いて発売するゲームソフトの開発が遅れ、年明けから新作が途絶えたことで、本体の売上は落ち込んでいました。2013年3月時点で国内販売台数は92万台。

その後、夏先までハードの売上は鈍化していましたが、有力ソフトとして『ピクミン3』と『New スーパールイージU』、Wiiリモコンプラスをセットにしたお買い得パック『Nintendo Land Wiiリモコンプラス セット』、そして「Wii U プレミアムセット(シロ)」を7月13日に発売。Wii U発売から33週目で国内販売台数が100万台を突破しました。

ちなみにWiiは6週、ゲームキューブは15週で100万台を達成しており、Wii Uは過去に発売した据置ハードに比べて普及ペースが非常に緩やかな傾向。Wii Uも新作ソフトが徐々に増えてきましたが、ソフトメーカーから発売されるゲームソフトはマルチプラットフォームでリリースされることが多く、やはりオンリーワンな新作ソフトをどれだけ用意できるかが今後のWii Uで重要。8月以降は完全新作の『The Wonderful 101』、ゲームキューブの名作を美しく蘇らせた『ゼルダの伝説 風のタクトHD』、世界で最も売れた体重計としてギネス記録にもなった『Wii Fit』の続編『Wii Fit U』、そして『Wii Party U』『スーパーマリオ3Dワールド』『マリオカート8』と言った任天堂が得意とする多人数プレイが楽しめるゲームソフトが来年春までに発売される予定となっています。

年末にはPS4やXbox Oneなど、ライバルメーカーが揃って次世代機を投入。1年早く発売したWii Uがどんな展開を見せるか、今後の展開に期待したいですね。

(C)Nintendo
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」3月24日号公開―今回も『ゼルダの伝説 BotW』が売上トップに

    「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」3月24日号公開―今回も『ゼルダの伝説 BotW』が売上トップに

  2. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

    「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  3. 『マリオカート8 デラックス』一新されたバトル5種類の映像公開! 最多キャラ&最多コースで新たな戦いに臨め

    『マリオカート8 デラックス』一新されたバトル5種類の映像公開! 最多キャラ&最多コースで新たな戦いに臨め

  4. 『スプラトゥーン2』ではジャイロ感度も設定可能に、オプション画面の画像が公開

  5. 4月からも『星のカービィ』25周年イベントが盛りだくさん!東急ハンズ・東京駅・ヤマシロヤで3イベントが開催

  6. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  7. ニンテンドースイッチがゲームキューブ風に!海外クリエイターが懐かしのカスタマイズに挑戦

  8. ニンテンドースイッチ左ジョイコン認識問題、今後改善へ―任天堂が海外声明

  9. 【3DS DL販売ランキング】『モンハン ダブルクロス』初登場首位、『@SIMPLE DL』シリーズも続々ランクイン(3/23)

  10. 『星のカービィ』25周年記念コンサートの追加公演が開催決定!Web先行予約受付も実施中

アクセスランキングをもっと見る