人生にゲームをプラスするメディア

【徒然ゲーム音楽語り】もう「ゲーソン(笑)」なんて馬鹿にさせない―主題歌スペシャル

その他 全般

『テイルズオブジアビス』
  • 『テイルズオブジアビス』
  • 『ルミナスアーク』
  • 『キャサリン』
  • 『Chaos;HEAD NOAH』『STEINS;GATE』『Are you Alice?』
日々領海を拡大するゲーム音楽。突然ですがイルカが超音波で会話するというのは有名な話です。海にも「言葉」は存在する、ということでゲーム音楽もBGMばかりと思われませぬよう、「徒然ゲーム音楽語り」第3回は主題歌スペシャルをお届けします。

■ゲームの主題歌の良し悪し
主題歌の評価基準とは、そもそも何でしょう? 曲そのものの良さ、歌詞がゲームの内容と合っているか、OPアニメーションの完成度、はたまたボーカルの声質と、「良曲」のジャッジは人によって様々かと思われます。いいシーンで主題歌が入り心を掴まれたということがままあるのも、ゲーム主題歌ならではの効果です。

結局評価基準とは・・・曖昧なものです。泣ける曲・燃える曲、王道なりマイナーなり、今回紹介する楽曲の中に、読者のみなさまがお気に入りを見つけられることを願います。


■王道名曲
ゲームの主題歌といえばこれ!という面々を改めてピックアップ。

「カルマ」(BUMP OF CHICKEN『テイルズオブジアビス』)
【ガラス玉ひとつ 落とされた 落ちた時 何か弾き出した 奪い取った場所で 光を浴びた】

テイルズオブシリーズ10周年記念タイトルとして制作された『テイルズオブジアビス』は、「生まれた意味を知るRPG」。主人公ルークが「自分はレプリカである」という危ういアイデンティティーの中、旅路で出会う人々や出来事によって己を見つめ直し成長していくことがメインテーマのひとつとなっています。

とっつきやすいかっこよさで走る曲調ながら、ゲーム製作サイドと綿密な会議を繰り返して作詞・作曲が進められたというだけに、歌詞にはストーリーの核心を比喩するような言葉も多々発見できます。オープニングサイズでは2番が入っていないものの、ゲームをプレイしてから聴くと、改めて歌詞とシナリオのシンクロ具合に驚かされる一曲です。

ほかにも「夢であるように」(DEEN『テイルズオブデスティニー』)、「Song 4 U」(浜崎あゆみ『テイルズオブエクシリア2』)など、テイルズオブシリーズはメジャーアーティストとのタイアップ曲がダントツに多い作品。ゲーム主題歌の入門編としておすすめできるのはもちろん、ゲーマーがカラオケでゲーソンと気づかれずに歌えるレパートリーとしても重宝するかもしれません。

ファイナルファンタジーシリーズの主題歌も各所でランキング上位の常連となっています。中でも「Eyes On Me」(フェイ・ウォン『FINAL FANTASY VIII』)、「Kiss Me Good Bye」アンジェラ・アキ『FINAL FANTASY XII』)、「素敵だね」(RIKKI『FINAL FANTASY X』)は特に人気が高いようです。

【その他のおすすめ】
「光」(宇多田ヒカル『キングダムハーツ』)
「ゼロ」(BUMP OF CHICKEN『FINAL FANTASY 零式』


■隠れ名曲
ミリオン出荷じゃなくてもメジャーアーティストじゃなくても、良いものは良いし好きなものは好きなんです!というマイナー道を貫きし者のために。

「Brilliant world」(織田かおり『ルミナス・アーク』)(試聴)
【なにを信じたら すべては一つに輝くだろう?】

「騎士とは守るもののため、絶対に退かぬもの」。『ルミナス・アーク』の世界では、魔女が邪悪な存在とされています。主人公・アルフは魔女討伐のために育成される見習い騎士で、師匠・ヒースの教えのもと、「聖なるルミナス教とそれに敵対する魔女」という図式を信じていました。魔女・ルーシャと一緒に戦うこととなった彼は、旅路で出会う魔女たちの様々な表情を見てその構図を疑い始め、やがて世界の真の姿と対峙することになります。

「正義と悪」「まさかの黒幕」「ボーイ・ミーツ・ガール」等々、正統派ファンタジーRPGの要素を盛り込んだ『ルミナス・アーク』。まっすぐな歌詞は正義感の強いアルフの台詞のようでもあり、純粋さが微笑ましい歌です。

織田かおりさんはアニソン界の巨匠・梶浦由記さんがプロデュースする「FICTION JUNCTION」、主宰”Revo”の幻想楽団「Sound Horizon」のボーカリストとしても活躍しています。ハリと安定感のある声で幅広い音域を朗々と歌い上げる歌姫です。PSPソフト「AMNESIA CROWD」のOP、EDを担当したり、バンド「アナザーユニオン」としても活動したりと精力的にフィールドを広げる注目のアーティスト。


【その他のおすすめ】
「Alice?」(森久保祥太郎『Are you Alice?』)
「Fetishism Ark」(いとうかなこ『Chaos;HEAD NOAH』)
「Private Wing」(石田耀子『ストライク・ウィッチーズ -白銀の翼-』)
「deep forest」(矢住夏菜『アヴァロン・コード』)
「キミがボクなら」(KOKOMI『DUNAMIS15』)


■ちょっと大人のゲーソン
「ゲーソンってやっぱりオタクくさい」? それを決めるにはまずこれを視聴してから。

「YO」(L-VOKAL『キャサリン』)(試聴)
【繋がる仕組みはHENとHEN 人との関係は縁(円)と縁(円)】
「アダルト&ホラー」というジャンルの通り、ジャジーな雰囲気で歌・ムービーともにスタイリッシュなOPです。ゲーム中の「ナイトメア・パート」の箱積みパズルアクションを巧みに描写したライム(押韻:散文やラップの歌詞でフレーズの最後を同じ言語音にすること)は必聴。淡々と流れていくラップの無情感が、妙にリアルな設定ゆえにシビアなシナリオとぴったり合っています。

【その他のおすすめ】
「Save This World」(Kelli Sae『ファンタシースターユニバース』)
「Burn My Dread」(川村ゆみ『ペルソナ3』)


■編集部のおすすめごった煮
「I can fly」(長谷川明子『クリミナルガールズ』)
「SIGNAL」(B’s『ときめきメモリアル Girl’s Side』)
「Wing Wanderer」(高橋洋子『PROJECT X ZONE』)
「きみのためなら死ねる」(スーパーラバーズ『きみのためなら死ねる』)
「どんなときでも、ひとりじゃない」(麻生かほ里『WILD ARMS 2nd IGNITION』)
「スカイクラッドの観測者」(いとうかなこ『STEINS;GATE』)
「花」(樹原涼子『俺の屍を超えて行け』)
「戦え!半熟英雄」(ささきいさお『半熟英雄』)
「蒼穹の光」(飛蘭『ブレイブルー』)
「優しい両手」 (三谷朋世『.hack//G.U.』)
「檄!帝国華撃団」(真宮寺さくら(横山智佐)&帝国歌劇団『サクラ大戦』)


気になる楽曲はありましたか?たかがゲーソン、されどゲーソン、この機に歌詞やゲームのストーリーを見直してみると何か発見があるかもしれません。次回はCDのレビューに戻り、『BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY オリジナル・サウンドトラック』をお届けします。更新は8月5日を予定していますので、お楽しみに。

■筆者プロフィール
井口宏菜
インサイド編集部にて修行中の身。好きなものは音楽と女の子と女性、ゆえにiPodのバッテリーがなくなると活動を一時停止する。近頃はボカロガールズに現を抜かしている。

(C)藤島康介 (C)2005 NBGI
(C)2007 Marvelous Entertainment Inc.
(C)ATLUS CO.,LTD. 2010
(C)2008-09 5pb./Nitroplus/RED FLAGSHIP
(C)2009-2013 MAGES./5pb./Nitroplus (C)角川書店
(C)IM/Re;no,Inc. (C)2011 IDEA FACTORY
《井口 宏菜》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

    【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

  2. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

    【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

  3. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

    ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  4. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到、「PlayStation VR」二次予約受付…各店舗の状況は?、『Project Sonic』海外発表…など(7/23)

  5. 弓矢でサバゲー! レジャー施設「CROSPO」に導入された“セーフアーチェリー”、矢がスポンジ製の安心設計

  6. 「ディズィー」実戦的基本コンボをムービーで紹介 / ゲームをするしないは、小学生の学力に殆ど影響しない / 35年ぶりのアニメ化「タイガーマスクW」・・・編集部員も見るべきまとめ(7/22)

  7. 劇場版「遊戯王」が4DX/MX4Dに!今秋上映決定

  8. 初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

  9. 『艦これ』デザインのハイレゾオーディオセットが登場、クラシックコンサートの楽曲も同梱

  10. 【昨日のまとめ】待望の国内配信がスタートした『ポケモンGO』、お役立ち情報からサーバーダウンまで話題一色…(7/22)

アクセスランキングをもっと見る

page top