人生にゲームをプラスするメディア

マルチタレント作家、ニール・ゲイマン氏が初のビデオゲームをこの秋リリース

その他 全般

イギリス出身のSF作家で脚本家のニール・ゲイマン(Neil Richard Gaiman)氏が、自身初のビデオゲーム『Wayward Manor』を、今年の秋にリリースすることを報告しています。

『Wayward Manor』は、パズルとアドベンチャーの要素を掛け合わせたハイブリッドなゲームで、『The Misadventures of P.B. Winterbottom』などのヒット作を手がけたインディーズデベロッパー、The Odd Gentlemenとのコラボレーションで実現しました。プラットホームはPC、Mac、タブレット端末を予定しています。

同タイトルの公式サイトでは、この『Wayward Manor』の詳細が述べられ、動画ではゲイマン氏自身がこのゲームの着想と制作の動機、ゲームの仕様と魅力などを語っています。

「私が子供の頃に影響を受けた映画、例えば『Arsenic and Old Lace(毒薬と老嬢)』、『Blithe Spirit(陽気な幽霊)』、『The Man Who Came to Dinner(晩餐に来た男)』など、ずっと前から伝えたいと思っている物語がありますが、小説にするのは相応しくない気がしていて、受け手自身が(ゲームを通じて)体験してもらうべき物語であると感じていたのです」と、ゲイマン氏は表現手段としてビデオゲームを選んだ経緯を述べています。

小説をはじめ映画やテレビの脚本、児童書などこれまでも多彩な才能を発揮してきたゲイマン氏の初のビデオゲーム『Wayward Manor』に注目が集まっています。ちなみに、公式サイトではすでに予約受付がはじまっているとのことです。

ニール・ゲイマン氏が語る『Wayward Manor』
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

    「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

  3. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』新ステージ公開、絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AI、『FGO』新章「亜種特異点I」は2月24日19時から…など(2/22)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』新ステージ公開、絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AI、『FGO』新章「亜種特異点I」は2月24日19時から…など(2/22)

  4. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』、国内向けの無料配信も明らかに

  5. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  6. 「光のお父さん」がTVドラマに! 『FFXIV』上で綴られた親孝行計画が映像化

  7. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  8. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

アクセスランキングをもっと見る