人生にゲームをプラスするメディア

マルチタレント作家、ニール・ゲイマン氏が初のビデオゲームをこの秋リリース

その他 全般

イギリス出身のSF作家で脚本家のニール・ゲイマン(Neil Richard Gaiman)氏が、自身初のビデオゲーム『Wayward Manor』を、今年の秋にリリースすることを報告しています。

『Wayward Manor』は、パズルとアドベンチャーの要素を掛け合わせたハイブリッドなゲームで、『The Misadventures of P.B. Winterbottom』などのヒット作を手がけたインディーズデベロッパー、The Odd Gentlemenとのコラボレーションで実現しました。プラットホームはPC、Mac、タブレット端末を予定しています。

同タイトルの公式サイトでは、この『Wayward Manor』の詳細が述べられ、動画ではゲイマン氏自身がこのゲームの着想と制作の動機、ゲームの仕様と魅力などを語っています。

「私が子供の頃に影響を受けた映画、例えば『Arsenic and Old Lace(毒薬と老嬢)』、『Blithe Spirit(陽気な幽霊)』、『The Man Who Came to Dinner(晩餐に来た男)』など、ずっと前から伝えたいと思っている物語がありますが、小説にするのは相応しくない気がしていて、受け手自身が(ゲームを通じて)体験してもらうべき物語であると感じていたのです」と、ゲイマン氏は表現手段としてビデオゲームを選んだ経緯を述べています。

小説をはじめ映画やテレビの脚本、児童書などこれまでも多彩な才能を発揮してきたゲイマン氏の初のビデオゲーム『Wayward Manor』に注目が集まっています。ちなみに、公式サイトではすでに予約受付がはじまっているとのことです。

ニール・ゲイマン氏が語る『Wayward Manor』
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】手のひらサイズの「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表、モリガンのナースVer.フィギュア発売、『ぺルソナ5』出荷数が55万本突破…など(9/30)

    【昨日のまとめ】手のひらサイズの「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表、モリガンのナースVer.フィギュア発売、『ぺルソナ5』出荷数が55万本突破…など(9/30)

  2. 初代『ドラクエ』の「竜王」「ラダトームの城周辺マップ」がナノブロックに登場―ドット絵みたいだ!

    初代『ドラクエ』の「竜王」「ラダトームの城周辺マップ」がナノブロックに登場―ドット絵みたいだ!

  3. 【昨日のまとめ】映画「君の名は。」がLINEスタンプに、「PS Plus」10月フリープレイに『バイオハザード HD』登場、CGアニメ「RWBY」の魅力とは…など(9/29)

    【昨日のまとめ】映画「君の名は。」がLINEスタンプに、「PS Plus」10月フリープレイに『バイオハザード HD』登場、CGアニメ「RWBY」の魅力とは…など(9/29)

  4. なんでもあり!「多様性」で世界と戦う東京ゲームショウ【オールゲームニッポン】

  5. 赤青メガネを用意せよ!TGS美人コンパニオンの魅力を懐かしの3Dでお届け

  6. モリガンのナースVer.フィギュア発売開始―やばい、妖艶すぎる…!

  7. 【特集】CGアニメ「RWBY」の魅力とは ― 凛々しく可愛い少女の成長を爽快アクションで

  8. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  9. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  10. 『テイルズ オブ ベルセリア』主人公ベルベット・クラウが1/8フィギュア化!

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top