人生にゲームをプラスするメディア

ゲームフリーク、ソリティアと競馬が融合した3DS新作『ソリティ馬』発表 ― 初の自社発売に挑戦

任天堂 3DS

ゲームフリーク、ソリティアと競馬が融合した3DS新作『ソリティ馬』発表 ― 初の自社発売に挑戦
  • ゲームフリーク、ソリティアと競馬が融合した3DS新作『ソリティ馬』発表 ― 初の自社発売に挑戦
ゲームフリークは、ニンテンドー3DSダウンロードソフト『ソリティ馬』を7月31日に配信すると発表しました。

先日「あの定番ゲームが驚きのコラボで生まれ変わる!」と謎のティザーサイトをオープンしたゲームフリーク。本日サイトが更新され、その正体が『ソリティ馬』であることが判明しました。つまり「あの定番ゲーム」というのがソリティア、「生まれ変わる」要素が競馬ということになります。

『ソリティ馬』は「ソリティア」をプレイすると馬がパワーを溜め、そのパワーでおウマさんを走らせる競馬ゲーム。沢山の馬や馬主、調教師なども登場し、普通の競馬ゲームとは異なるゲームフリークならではのゲームデザインに。しかしゲーム自体は基本「ソリティア」なのでシンプルで、プレイヤーは全て(20種類)のG1レースを制覇することが目標になります。

また、どうしてもレースが勝てない人への救済として「おたすけQR機能」が搭載されています。これは他のプレイヤーが育てた強いウマのデータをQRコードで受け取って、その子ウマを作ることができるというもの。これでレースに勝ちやすくなるというわけです。さらに、このQRコード機能を利用して友達のウマと自分のウマでレースさせることも可能です。

詳細は不明ですが、スペックをみるとすれちがい通信にも対応。ウマのデータ交換などに使われるのでしょうか、こちらの情報も気になるところです。また本作はニンテンドー3DSダウンロードソフトですが、3D表示非対応のゲームとなっています。

なお、『ソリティ馬』はゲームフリークが会社設立以来初めて自社からゲームを発売。『ポケットモンスター』シリーズ以外にも『スクリューブレイカー 轟振どりるれろ』や『リズムハンター ハーモナイト』、遡れば『クインティ』『ジェリーボーイ』『パルスマン』『クリック メディック』など数多くのゲームソフトを制作してきましたが、それらは任天堂やセガなど様々なゲームメーカーからの発売でした。今回、初めてパブリッシャーに挑戦することになります。




ゲームフリークの杉森氏は「競馬に1ミリも興味がない方でも楽しく遊べるゲームですのでぜひお試しください」と、Twitterで本作に対するコメントをツイートしています。

『ソリティ馬』は、7月31日配信開始で価格は500円(税込)です。

(C)2013 GAME FREAK inc. All Rights Reserved.
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  3. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  4. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  5. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  6. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  7. 『ゼルダ』ライクな洋RPG『Oceanhorn』がニンテンドースイッチに!

  8. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  9. 『スプラトゥーン2』にボイスチャット機能が搭載!―スマートデバイスを使用する形式に

  10. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

アクセスランキングをもっと見る