最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
任天堂がおこなうWii U開発ツールの無償提供、日本からの申請は不可であることが明らかに

任天堂がおこなうWii U開発ツールの無償提供、日本からの申請は不可であることが明らかに

2013年7月23日(火) 18時51分

日本国内の開発会社は、任天堂がおこなっているWii U向けゲーム開発ツール「Nintendo Web Framework」の無償提供の申し込みを申請できないことが明らかになりました。

任天堂は現在、ディベロッパーに対してHTML5やJavaScriptベースで開発が行える開発ツール「Nintendo Web Framework」の無償提供を行っていることがわかっていますが、そのツール提供を申請するページに、日本国内の開発会社からの申請は受け付けていないとの文面が記載されており、話題となっています。

海外における任天堂のツール無償提供に関しては、インサイドでも何度かお伝えしていますが、日本国内でNintendo Web Frameworkを使用してゲーム開発を行なう場合は、任天堂と開発者契約を結ぶことが必要で、現在のところは法人のみに限定されており、個人の開発者がサポートを受けることは残念ながらできなくなっているようです。

インディーズタイトルは大手開発会社にはないアプローチの斬新な作品が多く、今年開催される「東京ゲームショウ2013」でも「インディーゲームコーナー」の新設が決定するなど、大きな盛り上がりをみせている分野です。

なぜ日本からの申請が出来ないのか、その理由については明らかになっていません。
Wii U開発の門戸を広げる動きとして開発者からの大いに注目を集めていた試みであるだけに、日本在住の開発者にとっては非常に悔しい対応と言えるかもしれません。

(Article written by Ami)

その他アクセスランキング