人生にゲームをプラスするメディア

『魔女と百騎兵』開発に、ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS 2」を採用していたと判明

ソニー PS3

ポストエフェクト(ブルーム)の例
  • ポストエフェクト(ブルーム)の例
  • 『魔女と百騎兵』開発に、ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS 2」を採用していたと判明
  • 「YEBIS 2」ロゴ
シリコンスタジオは、同社が開発したポストエフェクトミドルウェア「YEBIS 2」が、日本一ソフトウェアのPS3ソフト『魔女と百騎兵』に採用されていたことを明かしました。

「YEBIS 2」は、3D/2Dのグラフィックスに対し、グレア、被写界深度、モーションブラー、レンズエフェクト(光学シミュレーション)、フィルム/感光効果、カラーコレクション、アンチエイリアスなどを掛けることができ、現実感の溢れるレンズエフェクトをリアルタイムに作り出せるポストエフェクトミドルウェアです。

その「YEBIS 2」が、日本一ソフトウェアがリリースする『魔女と百騎兵』の開発に採用されていたことが、このたび明らかになりました。

光が怪しく溢れ出す幻想的な『魔女と百騎兵』の世界を表現するためのブルーム効果や、「ミスティカルダッジ」使用時のモノクロ表現、また裏世界マップにおける色の補正やコントラストの変更などのカラーコレクション、封印された結界の中を表現するフィードバックブラーなどが活用されています。

これまで「YEBIS 2」を採用したタイトルには、『3Dドットゲームヒーローズ』、『ヴァルハラナイツ3』、『モンスターモンピース』『真・三國無双6』などがあります。ジャンルや方向性も様々な各タイトルに採用された実績とその特徴が、『魔女と百騎兵』にも活かされていることでしょう。

『魔女と百騎兵』の発売は、目前に迫っている7月25日。ゲームの楽しさはもちろんのこと、「YEBIS 2」による効果的な演出を体感できるのも、もう間もなくです。発売日をより楽しみにしてお待ち下さい。

『魔女と百騎兵』は7月25日発売予定。価格は通常版が7,140円(税込)、初回限定版が10,290円(税込)です。

(C)SiliconStudio Corp., all rights reserved.
(C)2013 Nippon Ichi Software, Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

    『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  2. 細部がより細かく?『人喰いの大鷲トリコ』PS4 ProとPS4の動作比較映像!

    細部がより細かく?『人喰いの大鷲トリコ』PS4 ProとPS4の動作比較映像!

  3. 『FFXV』×「カップヌードル」の“コラCM”が公開…リヴァイアサンがスープの海から登場!?

    『FFXV』×「カップヌードル」の“コラCM”が公開…リヴァイアサンがスープの海から登場!?

  4. 国内における年間ベストPSゲームを表彰する「PlayStation Awards 2016」が12月13日に開催

  5. 『ニューダンガンロンパV3』井上喜久子や坂本真綾らが演じるキャラを映像で紹介… 山寺宏一の「モノファニー」も必聴!

  6. PS4『アケアカNEOGEO 餓狼伝説 ~宿命の闘い~』12月15日配信! 2ラインバトルを制する戦いが再び幕開け

  7. PS4『イース・オリジン』2017年2月21日発売! 独自の新機能を追加し多言語に対応

  8. 『Marvel vs Capcom: Infinite』に「キャプテン・アメリカ」「モリガン」参戦決定!ゲームプレイ映像をロング版で堪能

  9. 『閃乱カグラ』シリーズ5周年イベントで「爆乳ハイパー総選挙」開催!『PBS』新情報も

  10. リマスター版『クラッシュ・バンディクー』海外ゲームプレイ―アクアクも鮮やか!

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top