人生にゲームをプラスするメディア

ほぼ徹夜の追い込みで完成を目指す!「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」2日目中間発表レポート

その他 全般

ほぼ徹夜の追い込みで完成を目指す!「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」2日目中間発表レポート
  • ほぼ徹夜の追い込みで完成を目指す!「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」2日目中間発表レポート
  • ほぼ徹夜の追い込みで完成を目指す!「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」2日目中間発表レポート
  • ほぼ徹夜の追い込みで完成を目指す!「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」2日目中間発表レポート
  • ほぼ徹夜の追い込みで完成を目指す!「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」2日目中間発表レポート
  • ほぼ徹夜の追い込みで完成を目指す!「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」2日目中間発表レポート
  • ほぼ徹夜の追い込みで完成を目指す!「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」2日目中間発表レポート
  • ほぼ徹夜の追い込みで完成を目指す!「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」2日目中間発表レポート
  • ほぼ徹夜の追い込みで完成を目指す!「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」2日目中間発表レポート
7月20日から21日にかけてデジタルハリウッド大学にて「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」が開催されました。先日レポートしたとおり、本イベントはPlayStation Mobile向けのゲームを2日間という短時間で制作するGameJamです。今回は2日目に行われた中間発表の模様をお届けします。

本イベントでは参加者はAからHまでの8チームに分けられ、「Warm App 心温まるゲーム」というテーマのもとに競い合います。優勝チームのメンバー全員に、PS Vita本体と共にPlayStation Mobileの技術書が賞品として贈られるという特典もあり、参加者たちのモチベーションも非常に高かいものです。

午前11時に行われた中間発表では、各チームの進展報告がなされました。限られた時間の中でゲームを完成させるため、ほぼ徹夜状態で続けられるGameJam。参加者には疲れが目立っており、プレゼンテーションのテンションも低めでした。しかしながら、実機のデモを交えた中間報告はライバルチームへの刺激となったようです。

中間発表はHチームから順番に行われました。Hチームは「My Darling」と題されたクマをタッチしてリアクションを楽しむゲームを制作。メンバーのお子さんの声を収録して効果音として利用するといったユニークな取り込みも行なっています。3Dグラフィックスのモデリングはほぼ完成状態。残りの時間をかけてモーションの数を増やしていくそうです。

Gチームはタイトル未定の和風なデザインのゲーム。企画段階で詰め過ぎたため、制作がかなり押しているそうです。さらに、プランナーのメンバーが風邪のため途中で棄権。そのようなハンデキャップを背負いながらもどうにか完成を目指します。

Fチームは「わたんぽの旅」というタイトルのタッチにこだわったアクションゲーム。文字を一切使わず、雰囲気の良いBGMと操作感はプレイデモの段階で他のチームから「すごい!」という歓声が漏れるほどでした。現段階でステージ1はほぼ完成、あとは当たり判定などの調整とステージを増やしていくそうです。

Eチームはロゴデザインがかっこ良い「TRANSWARMER」というゲームを制作。ただしこのタイトルはダジャレとギャップ萌え狙ったものであり、ロボットが登場するわけではありません。「Warm」と「Worm」の語呂合わせから作られた芋虫を操作するゲームです。最終的に芋虫が羽化して蝶になり、そのギャップから「心温まる」のがコンセプトであるそうです。芋虫の操作の部分までの実装が行われ、PS Vitaを縦持ちするという変わったスタイルでアナログスティックを操作します。発想は非常に斬新で完成版に期待が持てます。

Dチームのゲームはタイトル未定の協力型アクションパズル。心温まる共同作業を表現するため、十字キーと4つのボタンを使い一台のPS Vitaで二人が同時にプレイするという変わったゲームです。プレゼンテーション資料はまったく制作できませんでしたが、他のチームに比べてゲームとしての完成度は非常に高いものです。企画の段階で12個のアイデアを出し、そこから実際に2個のプロトタイプを作り、残ったゲームが本作だそうです。完成度もアイデアも現段階としては他のチームの先を行っているようです。

Cチームは「I am back!」というタイトルの猫が登場する2Dアクションゲーム。「心温まるゲーム」というテーマから猫というモチーフは各チームが検討していました。実際に、昨日の中間発表の段階でBチームとネタがかぶり、図らずしも「猫ゲー対決」が勃発しました。しかしながら、これもまたGameJamの面白さです。コーディングの段階でトラブルが多く出ており、基本となる動作は完成しているものの、制作は難航しているようです。

さて同じく猫がテーマのBチーム。「母猫を訪ねて300メートル」というタイトルからはゲームの内容がわかりやすく伝わってきます。子猫を操作して母猫までたどり着くアクションゲームですが、Cチームとネタが被ったため路線変更したそうです。子猫を1匹だけではなく、複数登場させることによって、よりクリア時の「心温まる」感覚を増大させることを狙っています。クリア画面などもすでに完成しており、ゲーム全体のシークエンスはまとまりつつあります。猫の数を増やすと共に、細かい操作の調整を残りの時間をかけてブラッシュアップしていくそうです。

Aチームは「席譲神(セキヲユズルノカミ)」と題されたゲームを制作。名前の通り、電車内で席を譲るゲームです。タッチ操作で行う簡単なリアルタイムストラテジーといった内容であり、コンセプトが非常にはっきりしています。ロゴデザインや演出面もかなり完成に近く、残りの時間をかけて、キャラクターの種類を増やしていくそうです。

特別参加のSCEチームは、「THE 指摘(仮)」と題された謎のゲームを制作。プランナー兼デザイナーであった浅野氏ですが、実際にはほとんどデザインを行わず、プランナーのみに降格。紙で書いた大雑把の仕様書をプログラマーの西野氏が実装しているということですが、他のチームのクオリティが予想以上に高く、SCE社内から「大丈夫なのか?」というコメントが集まっているそうです。窮地に立たされた浅野氏は、謎のマスコットの「ガー君」なるイラストを見せることでお茶を濁しております。完成像がまったく不明ですが、PlayStation MobileのSDKを開発しているSCEチームの参加ということで期待しないわけに行きません。

以上、中間発表のレポートです。どのチームもある程度までゲームの内容は固まりつつあり、残りの時間を活用してどこまで完成形まで持っていけるかが勝負の分かれ目です。
《今井晋》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

    「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  4. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  5. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  6. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  7. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

  8. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  9. 【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

  10. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

アクセスランキングをもっと見る