人生にゲームをプラスするメディア

『シーマン』新作? 任天堂が「伝説の人面魚」なる2つの商標を出願

任天堂 3DS

『シーマン』新作? 任天堂が「伝説の人面魚」なる2つの商標を出願
  • 『シーマン』新作? 任天堂が「伝説の人面魚」なる2つの商標を出願
  • 『シーマン』新作? 任天堂が「伝説の人面魚」なる2つの商標を出願
任天堂が「伝説の人面魚」に関する商標の出願を行っています。

これは特許庁が発行した公開商標公報に記載されているもので、7月4日に公開された中に含まれています。
任天堂は「不思議なペット 伝説の人面魚」および「不思議なパートナー 伝説の人面魚」という二つの商標をゲームソフト関連の区分で出願しており、「人面魚」に関するゲームを準備中であることを示唆しています。

「人面魚」のゲームと聞いて多くのゲーマーが思い出すのは、かつてドリームキャストやPS2から発売されたビバリウムの『シーマン』ではないでしょうか。
あるユーザーがTwitterで呟いた「初代シーマンファンとしては、3DSで立体のシーマンを見たい」というコメントに対し、ビバリウム社長の斎藤由多加氏が「期待して」というリプライを返していることから、3DS版『シーマン』の発売が噂されたこともあります。
※3DSで『シーマン』登場? 斎藤由多加氏が「期待して」( http://www.inside-games.jp/article/2010/06/25/42846.html

この斎藤氏のリプライは2010年のもので、それ以後とくに開発が開始したという話もなく、忘れ去られた噂となってしまいましたが、今回の出願で、噂が現実のものになる可能性が出てきました。
3DSで『シーマン』を毎日持ち歩けるかと思うとわくわくしてきますが、もちろん蓋をあけてみれば全く違う内容のゲームな可能性もありえます。しかし、それはそれで未知の新作への期待が高まるかもしれません。

はたしてこの「人面魚」とは『シーマン』のことなのか?今後の公式情報を期待して待っていようと思います。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

    【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  2. 『スーパードンキーコング』水中ステージBGMのメタル風カバー曲!これは良い…

    『スーパードンキーコング』水中ステージBGMのメタル風カバー曲!これは良い…

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  5. 『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』発表! 3DSにシリーズ初登場…「まったく新しいパワプロ」

  6. 任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

  7. 『ポケモン』「イーブイ」のぬいぐるみ型PCクッションが登場、ぎゅっと抱きしめながら快適な作業が可能

  8. ゲーム作成&配信可能な3DS『RPGツクール フェス』発表! 配信されたゲームは『ツクールプレイヤー』でプレイ可能

  9. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  10. 『ポケモン サン・ムーン』またもや恐怖のポケモンが登場…怨念が砂に宿り人の生気を吸う「スナバァ」とは

アクセスランキングをもっと見る

page top